無料ブログはココログ

« おは!Twitter俳句(餅の花)(1月8日から1月14日) | トップページ | 阪神忌と小出裕章さんの講演 »

川島雄三監督の「とんかつ大将」を観た。
なかなか楽しめた。
1952年作というから私が生まれた年に効果された映画だ。
映画黄金時代と言ってもいいのだろう。

長屋の人情と地上げ屋の構図
戦争の悲劇
女の闘い
父と子の物語

いろんな要素があるが当時の景色が見れるのが楽しい。
この時期の映画を観る楽しみはそこが今のどこなのかを探すことだ
この映画は浅草が舞台のようだが詳しい場所まではわからなかった。

私が生まれた年の日本がそこにあった。

以下あらすじです。

あらすじ - とんかつ大将

長屋に住む青年医師荒木勇作は俗称「とんかつ大将」と呼ばれみんなに親しまれていた。純情の艶歌師町田吟月と兄弟のようにして同居していたが、吟月は、浅草裏の飲み屋「一直」の女主人菊江に惚れて、一夜勇作を誘って飲みに行った。折も折、菊江の弟の周二が喧嘩で怪我をしてもどって来たので、勇作はその手当をして近くの病院へかつぎ込んだ。ところがその病院の女医が、昼間勇作が自動車にぶつけられた太平老人に代わって、さんざん油をしぼってやった自動車の主真弓であった。てきばきと手術をする勇作の姿に、菊江も真弓もひきつけられて行った。やがて傷の直った周二も勇作に諄々と意見され、不良から足を洗うべく、自主して行った。勇作には学徒出陣の時未来を約束した多美という恋人があったが、終戦で復員して帰って見ると、その多美は彼の親友丹羽と結婚して利春という子供さえもうけていた。しかも生活の苦しさから、つい多美が百貨店で万引きをして捕らえられたのを勇作が救ってやったことを、丹羽はかえってうらみのこもった眼でみるのだった。一方真弓の病院では、悪徳弁護士大岩のすすめで、勇作たちの住む長屋を取り壊す計画をすすめていたが、勇作は長屋の人々の困窮を想って反対運動を起こした。大岩方でも、丹羽たちを使って勇作が元大臣の父の選挙運動のために長屋の連中を利用しているのだと中傷したため、長屋の人々の心は勇作から離れて行くのだった。がある日急病の利春を勇作が長屋の火事をよそに、手術の手を尽くして救ってやったことから、まず丹羽の心がとけ、やがて長屋の跡にキャバレーを建てようとする大岩の悪計も真弓父娘に知られた。長屋には再びのどかな春がおとずれたが、父の急病ときいて、勇作はなじみ深い長屋を去って行かなければならなかった。

Goo映画より

« おは!Twitter俳句(餅の花)(1月8日から1月14日) | トップページ | 阪神忌と小出裕章さんの講演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/56550782

この記事へのトラックバック一覧です: 「とんかつ大将」を観た:

« おは!Twitter俳句(餅の花)(1月8日から1月14日) | トップページ | 阪神忌と小出裕章さんの講演 »

カテゴリー