無料ブログはココログ

« 生活保護の削減が引き起こす他の制度への影響について | トップページ | 「平塚らいてうと市川房枝」(NHK,1/27) »

生活保護バッシングはここまでやるのか!

生活保護バッシングはここまでやるのか!

自民党のあるチームから始まった仕掛けは芸能人バッシングで目的を達したのかと思ったら更に大きな仕掛けを仕掛けて居るようだ。
この事件はおそらく突破口だろう。
このやり方があまり批判を受けなければ全国で逮捕者を出そうとするだろう。
特に共産党をねらい打ちにするだろう。
生活保護バッシングと共産党たたきの一石二鳥だ。

この問題を軽視していると大変な事になると思う。
憲法で政府に保証義務を課した「健康で文化的な最低限度の生活」を崩す生活保護制度そのものの見直しにまで行くかもしれない。

不正は不正として裁けばいい。
しかし「パソコン6台や約2000人分の生活相談の資料」まで押収するということは政治弾圧としか思えない。

お昼のニュースはこれが流れている。

誰もこのキャンペーンは異常だとは思わないのか!

今日はまずい昼飯となった。

コンビニ弁当だけど、、、


twitterからです。

RT @keikitano: 共産党の元徳島県議を逮捕 生活保護の不正受給関与容疑 - 朝日 http://t.co/aLPBDT3e:この時期、またも生活保護バッシング。推測するに、家賃補助額を多少上回る物件に入居した受給者に便宜を図っただけだろう。悪いことだが、不正受給と騒ぎ立て逮捕し報道し叩くことか?

posted at 12:14:28

RT @sorafune55: 【朝日新聞】生活保護費の不正受給に関与したとして、徳島県警は26日、共産党の元県議扶川敦(ふかわあつし)容疑者(56)を詐欺容疑で逮捕した→ http://t.co/mNRU0pPX 始まったね!さぁ、これだけで済むかな?(・∀・)

posted at 12:13:53

RT @muneta1983: ▷共産党の元徳島県議を逮捕 生活保護の不正受給関与容疑 : http://t.co/aOLQb0To 敷金補助が適用されるよう、実際より安い家賃を書いた書類を県に提出し、入居者に敷金補助分などを不正に受給させた疑い。法を犯してでも弱者を救うその姿勢、流石というべきか。

posted at 12:13:28

RT @kanatyin: 自立を前提とはするものの、持ち家、土地、車売れるものはすべて売ってからでないと受給できない。生命保険も「財産」とされる。→生活保護の受給条件http://t.co/GI6HoX20

posted at 12:12:21

RT @tetsu_molotov: 【御参考】『生活保護』とは?※→http://t.co/NzBBVSU2 同じ国境線の内側で「生存権」を保障されているはずの我々。「権利」はお偉い誰かからの下され物でも有難い御褒美でも無い。「当然」「誰の下にも」「あるべき」物なのだ。

posted at 12:12:04

RT @Naolow_bot: 【鬱を治そう!!】生活保護についてです→(http://t.co/loKSyrQB)生活保護は最後の手段とお考えください。楽をするための制度ではないです。#utsu

posted at 12:11:42

RT @yada_yumino: "tetsu_molotov: 【御参考】『生活保護』とは?※→http://t.co/zsGD9UzG 同じ国境線の内側で「生存権」を保障されているはずの我々。「権利」はお偉い誰かからの下され物でも有難い御褒美でも無い。「当然」「誰の下にも」「あるべき」物なのだ。"

posted at 12:11:37

RT @muratoshi75: 退職金減額・駆け込み退職に追い込んだんだのは自公民・・・<せんせ、どうしてやめたん?>。壺井栄の「二十四の瞳」で、突然退職した大石先生に教え子が涙を浮かべて聞く。学年末を待たず去る先生へ「なぜ?」の問いさえなかったら…。教室は寂しすぎる。 http://t.co/jnCSIhHF

posted at 12:11:08


生活保護費の不正受給に絡み、県警の捜索を受けたとして、記者会見で頭を下げる扶川県議(県庁で) 共産党の扶川敦・徳島県議(55)は14日、生活保護費の不正受給とされる事件を巡り、自宅や事務所が県警の捜索を受けたとして、県議会議長宛てに辞職願を提出した。

 受給者数十人が、生活保護費を受けやすくするため、不動産業者が書類を不正に作成するのを黙認していたといい、「コンプライアンス意識が不足していた」と釈明。辞職願は15日にも許可される見通しで、現職県議が、捜索を受けて辞職する異例の事態となる。

 扶川県議が県庁で記者会見を開いて説明。扶川県議によると、2009年1月頃~10年7月頃、徳島市と北島町の不動産業者に生活保護受給者の入居先を仲介した際、業者が役所に提出する虚偽の書類を作成しているのを黙認していたという。書類は本来なら生活保護の対象にならない費用も含むようにしていた。扶川県議は受給者の連帯保証人として書類にサインしており、業者の「違法行為」を知っていたという。

 扶川県議によると、この問題で、板野町の自宅と事務所計3か所が「詐欺事件に関係あると思料される」などとして、県警の捜索を受け、パソコン6台や約2000人分の生活相談の資料などが押収された。すでに北島町の業者は詐欺容疑で逮捕されているという。

 扶川県議は03年に板野選挙区で初当選し、現在3期目。辞職を勧告した共産党県委員会は「不動産業者の被疑事件との関わりが疑われるだけでも党の議員として到底許されるものではない」などとするコメントを発表した。

 板野署の田中忠雄署長は、扶川県議の自宅など数か所を捜索したとしたが、不動産業者や受給者への捜査などについては「詳細はノーコメント」とした。

(2013年1月15日07時32分 読売新聞

--------------------------------------------------------------------------------
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月3日のみさとシティーハーフマラソンで10km60分で完走する
あれから1年−私たちの震災歌集
どちらもクリックして陸前高田と大津留公彦にご支援を!

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

更にこんなのも

« 生活保護の削減が引き起こす他の制度への影響について | トップページ | 「平塚らいてうと市川房枝」(NHK,1/27) »

コメント

今日(2/2)の徳島新聞記事では、扶川元県議会議員事務所所長も自身が生活扶助資金を詐取、この方も当然共産党員それも当然地域では高位の党員、どうするの?こんなの党員ならみんな知っていること、ずっと昔からやってきたことって! イナオッテどうするの?

元市会議員でなくすこに前に共産党を離党した現市会議員。

参考記事です。
元市会議員さんです。
http://juntuusinn.sakura.ne.jp/hukawa-seikatuhogo.html

昨日(1月30日)緊急臨時地区委員会がありまして、支持者に説明するには、この後どう事件が展開するのか見守らなければ判断できないとのこと...要するに余罪がまだまだありそう。地区委員会も、扶川容疑者の成果(生活保護受給者に対する党員・赤旗勧誘)を大いに利用していたのは党員をはじめ県民みんなの知るところとなってしまっている。1月29日の徳島新聞に”生活困窮者を党員に勧誘”と社会面トップでその手口を報道されてしまった。人の弱みに付け込んで!!
これもうあきまへん、親分みんなばれてまっせ!

徳島からさん

これは明確に狙いを持った弾圧です。明日あなたが逮捕されるかもしれませんよ。

詐欺師が共産党員に成ったのか、共産党員に成ったから詐欺師に成ったのかは知らないけど県民総どっちらけ―党関係以外―共産党は首を切りいつものように知らん顔。でもこのままいくと、県・地区委員会に司直の手が入っても県民(党関係以外)は当然だと思うだろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/56629723

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護バッシングはここまでやるのか!:

« 生活保護の削減が引き起こす他の制度への影響について | トップページ | 「平塚らいてうと市川房枝」(NHK,1/27) »

カテゴリー