無料ブログはココログ

« 中身が分からないのに一旦参加したら抜けられないと言われる馬鹿げた国際協定 | トップページ | 言葉の動態保存 »

首相官邸前の抗議行動で出来たばかりの電気代一時不払いプロジェクトの旗を閃かせながら以下喋りました。自動振込をやめよう!

歌人の大津留公彦です。
暇人じゃなくて短歌を作る歌人です。
子を連れて西へ西へと逃げてゆく愚かな母と言うならば言え

これは「俵万智3・11短歌集あれから」という本に出ている短歌です。今日の東京新聞に出ていました。
東電のおかげで俵さんは西へ西へと逃げ現在は石垣島に暮らしています。
静かな東電への抗議の歌だと思います。
さてみなさんは、電気代をどのように支払っていますか。
もしかして、自動引き落としではありませんか。

電気代の自動引き落としは、原発再稼働への白紙委任状だと思います。
どれだけ多くの人がデモをしても、電力会社の取締役が、ここにきて私たちの意見に耳を傾けるわけではありません。

私たちは東京電力の「顧客」です。
そして、東京電力の利益の9割は、私たち一般家庭からの電気代によって確保されており、実は企業向けの電気代というのは、原価ギリギリの「投げ売り」です。

まず、みなさんに、電気代の自動引き落としの解約をされることを、よびかけます。これは、電気の領収書に書いてある東電の窓口に、電話一本で解約することができます。

そうすると、電気の請求書と一緒に、振替用紙がついてきますので、電気が切られるギリギリに入金してください。
また、郵便局のATMを使えば、金額を変更して振り込むことができますから、1円少なく入金して、一部を不払いすることもできます。

最終的には、電気代を全額払わなければ電気は止められてしまいます。
ですから、電気を止められないように、そのつど東電の社員に抗議を伝えつつ、すこしづつ支払うというやりかたになると思います。

くわしいことは、3・21には飯田橋の東京ボタンティアセンターで講演会と報告を予定していますのでご参加下さい。
PRのついでにもう一つ集会のPRです。
4・6に宇都宮健児さんと井戸川元双葉町長の対談をやりますのでご参加下さい。

最後にもう一度お伝えしたいと思います。
私たちが素直に電気代を払っている間は、東京電力は柏崎刈羽原発などのの再稼働を断念しないでしょう。
ぜひ、まず、自動引き落としをやめてください。
さまざまな方向から活動し、原発をなくしましょう!」

「私がやる」それが大事と学ばされしキンカンデモや電気代キョヒに

有難うございました

« 中身が分からないのに一旦参加したら抜けられないと言われる馬鹿げた国際協定 | トップページ | 言葉の動態保存 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/56914161

この記事へのトラックバック一覧です: 首相官邸前の抗議行動で出来たばかりの電気代一時不払いプロジェクトの旗を閃かせながら以下喋りました。:

« 中身が分からないのに一旦参加したら抜けられないと言われる馬鹿げた国際協定 | トップページ | 言葉の動態保存 »

カテゴリー