無料ブログはココログ

« 「ノー」を「イエス」に変える技術 3つのステップ | トップページ | [水野昌雄さんと語ろう会]の電子チケットサービス開始のご案内 »

今日は朝から日比谷の脱原発の集会に参加した。

朝の集会が終わり昼の集会とデモにも参加する予定だったが4・6の宇都宮・井戸川対談のビラを仲間と配っていたのでデモには出れずpeace on earthという日比谷公園一帯で行われていたいろんな行事に参加した。

城南信用金庫吉原毅理事長vs久米信行久米繊維会長が面白かった。
他にもパルシステムが運営した被災者のトークセッションや「未来の村〜森とつながる〜」や映画監督の鎌中ひとみさんのトークや難波章浩のコンサートが良かった。明日は平日で行けないが坂本龍一さんや湯浅誠さんの出番もあるようだ。
せめて2時46分に黙祷をしたいと思う。

18時からは国会正門前のスピーチエリアに行った。
今夜はスピーチ予定が一杯で自分では出来なかったがスピーチや音楽が充実した内容で盛り上がった。
被災二周年に当たり原発についていろんな人に再度考える機会となれば各主催者の苦労も報われるでしょう。
しかし今日の天気は珍しかった。
放射線とpm2.5入りの黄砂も降っていたことだろう。
昼間はブルージーンズとジーンズジャケットでは汗をかくほど暑かったが夕方からは凍えるような暑さだった。
反原連のチバレイさんなどは反原連の旗をまとっていた。
以下
城南信用金庫吉原毅理事長vs久米信行久米繊維会長の吉原さんのお話の概要です。

「銀行に成り下がらない」と言ったロックな企業人と紹介されて語り始めました。

3・11以後文化放送で闊達に喋った由。

原発なくてもやって行ける。
Nttドコモも35%節電した。
日本の原発はほとんど活断層に引っかかっている。
原発を不要とする明るい未来が日本には開かれている
太陽光発電など日本には高い環境技術がある。
風力エネルギーが一番コストが安くなる可能性あると言われている。
石炭(渇炭)の利用も出来る
オフグリッドで電気の自給が出来る。
原発10基分の発電設備がこの一年でできた。
スマートグリッドで大型発電所は不要になる。
エネルギーの地産地消起こる。
エネルギーと服は自給率4%
日本は世界一の投資大国で世界からリターンが帰ってきている。
原発が止まって石油を買うとコストがかかるというがそんなことはない。
為替レートで調整したがいい
アベノミックスで円安誘導して賃金も上がれば私はいいと思う。
東南アジアは「クールジャパン」と人気で日本のものは何でも買ってくれる。
日本人のエネルギー消費量は少ないので海外に売れる。
GE責任者 原発は儲からないと全てやめた。
エクセロンなどは純粋に経済的観点から原発ビジネスはコストが合わないのでやめた。
日本に原発維持要求したというアメリカは自国ではやめる方向なのにダブルスタンダードだ。
城南信金の顧客である中小企業経営者の9割は原発反対
大企業はサラリーマン社長なので責任を散らないので脱原発言わない。
最後に一言
1.原発再稼働は絶対諦めない
2.加藤寛さんの遺言でもある日本再生のための脱原発を

企業人の頑張りが原発を無くすには大事です。
特に大企業の良識ある経営者の勇気ある奮起を期待します。
あなたの企業の為にもなることですから、、、

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「ノー」を「イエス」に変える技術 3つのステップ | トップページ | [水野昌雄さんと語ろう会]の電子チケットサービス開始のご案内 »

コメント

hiroshiさん

>日本の銀行業界では、本来の銀行にあるまじき悪行が横行しており、それは変革せねばならない、ということなんだと思いますよ。解釈と批判だけじゃなく、変革!

だす!

>「銀行に成り下がらない」と言ったのは城南信用金庫吉原毅理事長です。
銀行にはない信用金庫の矜持を言っているのだと思います。

信金というシステムは、たしかに銀行一般とは若干異なる社会的性格や進歩性をもっており、また、バブル期に地上げヤクザともツルんで暴利を貪っていたような日本の銀行と信金を同一視されたくないと吉原氏が思うことにも理解出来るが、特殊日本的な特長から銀行の一般的性格や本質を歪めてしまっても拙いんですよね。

日本の銀行業界では、本来の銀行にあるまじき悪行が横行しており、それは変革せねばならない、ということなんだと思いますよ。解釈と批判だけじゃなく、変革!

hiroshiさん
コメントありがとうございます。

「銀行に成り下がらない」と言ったのは城南信用金庫吉原毅理事長です。
銀行にはない信用金庫の矜持を言っているのだと思います。

バフェットとソロスが違うように、銀行と投機ファンドは違います。
不破氏あたりでも社会主義に向けての「出来合いの形態」と見る銀行一般を「我亡き後に洪水よ来たれ!」という資本の魂と同一視してしまうのはいかがなものか?
原発屋こそが「我亡き後に・・・」の典型なのですから、それは「社会的所有の収奪者」である投機屋に例えることこそが相応しいと思いますよ。

エントリーの題名が間違っている!
「銀行」ではなく、厳密には「投機屋」と言うべき、書くべきだったでしょう。

うなぎさん
コメントありがとうございます。
ただし再生可能エネルギーの全量買い取り制度に対する認識が私と違いますね。
これは旧自民党政権時代から計画されていたものでドイツなどで太陽光が普及した方法論です。
国民の多くは再生可能エネルギー普及の為に受け入れており反対の運動は起こっていません。

>この制度はメガソーラーで一儲けしたいソフトバンクの孫正義社長が当時の菅直人首相と結託して制定したもの。

これは事実ではありません。
孫さんが私財を投げ打って被災者の支援をしている事を貴方はご存知ですか?
メガソーラーへの投資も太陽光の普及が原発の廃炉につながるという思いからです。

貴方は原発即時ゼロに賛成ですか?反対ですか?
結局この議論はここにいくと思います。

太陽光発電をした電力を電力会社の電気料金よりも高い価格で電力会社に売電することができる。
その差額は電力会社が電気料金に上乗せする。
従って、太陽光発電をしていない人々が負担しなければならない。
その結果、普及すればするほど貧しい人々はますます貧しくなる。
その上、国や自治体が税金を使って太陽光発電設備の設置に補助金を出している。
太陽光発電をしない人々はその税負担もしなければならない。
このような、貧乏人にしわ寄せがいくような制度は速やかに廃止してもらいたい。
この制度はメガソーラーで一儲けしたいソフトバンクの孫正義社長が当時の菅直人首相と結託して制定したもの。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/56928883

この記事へのトラックバック一覧です: 「銀行に成り下がらない」(企業人の脱原発):

« 「ノー」を「イエス」に変える技術 3つのステップ | トップページ | [水野昌雄さんと語ろう会]の電子チケットサービス開始のご案内 »

カテゴリー