無料ブログはココログ

« 車椅子から反省込めて(今夜のキンカン) | トップページ | 短歌結社・同人誌などの状況(1980年と2012年の比較) »

おは!Twitter俳句(夏蜜柑)(5月14日から5月20日)

BSプレミアムで「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観た。
人生が逆さに流れる不思議な映画だった。
ブラッド・ピットとケイト・ブランシェット演技力に圧倒された。

人生というものを考えさせてくれる3時間だった。

ーーーー

以下この一週間の俳句です。

おは!Twitter俳句(夏蜜柑)(5月14日から5月20日)

私の俳句:   @twryossy
私のコメント:★
twryossyさんのコメント: RT @twryossy:

2013年05月20日(月)

@twryossy 夏蜜柑と妻と娘と過ごしけり 公彦

★娘の休みの度の我が家への宿泊は続いている。
昨夜はイオンレイクタウンで三人で中華料理を食った。
この三人の会食は久しぶりのような気もする。
妻が今朝私の「行ってきます」に反応した。

RT @twryossy: 【今日の季語1239】夏蜜柑(なつみかん):「サマーオレンジ」の傍題も。初夏に白い花をつけ秋に結実したものを翌年の夏に収穫する。品種改良により酸味が薄れて甘味が増した。
◆眉に力あつめて剥けり夏蜜柑(八木林之介)

2013年05月19日(日)

@twryossy 甘藍を刻めばアベロ走り来る 公彦

★週に三回サラダを作り弁当として会社に持って行っている。
朝キャベツをトントンやりだすと台所の私のそばでアベロの舞が始まる。
「キャベツが貰える。嬉しい!」という意思表示だ。
レタスはあまり好きでなくキャベツがお好みのようだ。
レタスを手で千切っている時は舞が起こらない。

おは! @twryossy: 【今日の季語1238】キャベツ:漢名「甘藍(かんらん)」の傍題で「玉菜(たまな)」とも。欧州原産のものが明治期に渡来し、現在では季節を問わない食材として普及している。
◆甘藍の剥がるゝいのち光りけり(林原耒井)

2013年05月18日(土)

卯の花と卯月はどちらが親か子か 公彦

★卯の花は卯月の花から付いたという説と卯月は卯の花の月から来たという説とあるようだ。
どちらもありそうな話だ。

空木(ウツギ) http://tobby70.blog83.fc2.com/blog-entry-141.html…


@twryossy 虹鱒の虹から頂き申し上げ 公彦

★虹鱒は腹の方だけ虹色になっているのが不思議だ。
なかなか頂き申し上げる機会がないが。

おは! @twryossy: 【今日の季語1237】虹鱒(にじます):魚体の両脇に虹色の模様があるところからこの名が出た。アメリカから輸入されて各地で養殖放流が行われ渓流釣り場の主役となった。
◆虹鱒の焼かれて虹を失へる(松倉ゆずる)

2013年05月17日(金)

@twryossy 日傘さす母と怯えし記憶かな 公彦


★小学校に上がるか上がらない頃に妹と母と三人で西大分の坂を夕方通っていて男のグループに絡まれた事がある。
凄く恐怖に感じた。半世紀以上経っても強く覚えている原体験だ。

おは! @twryossy: 【今日の季語1236】日傘(ひがさ):「絵日傘」「パラソル」などの傍題でも。春秋の語を冠した「春日傘」「秋日傘」もあるが、単独で用いたものは三夏の季語として扱われる。
◆たゝまれて日傘も草に憩ふかな(阿倍みどり女)

@twryossy 羽ばたきに命を賭けし鵜に涙 公彦

★私は鵜飼を見たことはない。
従ってこれは創作だが鵜に心寄せたい。

おは! @twryossy: 【今日の季語1235】鵜(う):「海鵜」「川鵜」などの種別名でも。四季を問わずにいる鳥なので古くは無季の扱いであったが別題「鵜飼」が三夏の季語であることにちなんで当季に。
◆鵜の嘴(はし)に魚とりなほす早瀬かな(白雄)

2013年05月15日(水)

@twryossy 卯月曇この頃のわが想いかな 公彦

★少し格好付けてみましたq。


おは! @twryossy: 【今日の季語1234】卯月曇(うづきぐもり):陰暦四月の頃には曇りがちの空模様が続くところから月の異名を冠したこの季語が生まれた。時季の花にちなんで「卯の花曇」とも。
◆牛蒡たく匂ひに卯月曇かな(青木月斗)

2013年05月14日(火)
@twryossy 走り茶を遺影に供え対話せり 公彦

★おやじの三回忌を終えたので作りました。
やはりお茶は新茶がいいですね。

おは! @twryossy: 【今日の季語1233】走り茶(はしりちゃ):「新茶」の傍題の一つ。晩春の八十八夜の頃に摘んだ茶葉を製したものをこの名で呼び初夏の季語とする。前年の「古茶」も傍題に。
◆走り茶の音を一壺に収めけり(石井那由太)
ーーーーーーー
三郷TPPを学ぼう会
事前購入はこちらから
電子チケットサービス

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 車椅子から反省込めて(今夜のキンカン) | トップページ | 短歌結社・同人誌などの状況(1980年と2012年の比較) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/57424678

この記事へのトラックバック一覧です: おは!Twitter俳句(夏蜜柑)(5月14日から5月20日):

« 車椅子から反省込めて(今夜のキンカン) | トップページ | 短歌結社・同人誌などの状況(1980年と2012年の比較) »

カテゴリー