« おは!Twitter俳句(河豚供養)(4月23日から4月29日) | トップページ | TPPを学ぼう会 »

2013年5月 1日 (水)

TPP is tremendous poor policy !


2013年4月12日、日米両政府はTPPに関する「事前協議」に関する合意文書をそれぞれ発表しました。
 しかし日本政府の「概要」では、「知的財産権」「政府調達」「急送便」が抜け落ちています。
これは意図的に問題となりそうなそれぞれを隠したと言われても仕方がないと思います。
日本政府は米国政府の言いなりになり、国民を欺こうとする、ここまで愚かな政府を我々は持ったことに、怒りを通り越してあきれ果てます。
しかし、私たちは徹底的にこの「嘘とまやかし」を糾弾していかなければならないと思います。

240人以上もの自民党国会議員が日本の国益を守れない場合は批准を認めないとしています。

その議員達にその公約の実施を迫りましょう。

【日本がTPPを止める!】米国議員に自民党の決議文を送ろう!

という運動があります。

アメリカの議員に自民党の決議文を送るという大変自民党に親切な運動です。

賛同いただける方はホームページのメールフオームからお送り下さい。

TPP is tremendous poor policy !

(TPPはとっても貧しい政策です。)

というメッセージを私は送りました。

以下紹介します。

【日本がTPPを止める!】米国議員に自民党の決議文を送ろう!

日本の交渉参加阻止のために、まだできることがあります!

米国議員に自民党の決議文を英訳して送り、日本が現行のTPP交渉を丸のみするつもりはないことを伝えましょう。
その送り状の署名欄に名前を連ねる人を募集します。

現在米国議会は、日本をTPP交渉に参加させるかどうかを議論するとともに、政府に通商条約を結ぶための権限を与えるかどうかを検討中です。2007年に失効している大統領貿易促進権限(Trade Promotion Authority)、略してTPAを米国議会が政府に認めるかどうか、注目が集まっています。TPAを取れない場合、アメリカはTPP協定締結を諦めなければならないからです。

年内に締結を目指すというTPPですが、ここに至っても、米国の議員たちは、ごく一部の推進派を除き、TPPについてはあまり意識が高くはなく、ただ日本がTPPに参加したいがために、ついに農産物を全面的に開放してくれて良かったね、などと考えているようです。

報道ではまるで政府が議会に通告したら、90日後には自動的に日本がTPP協定交渉に参加が決まるような書き方をしていますが、実際は90日以上かけて議論すること、となっていますので、審議に90日以上かかることもあれば、日本の交渉参加を否決されることもあり得ます。

ですから、日本の主張をしっかり伝え、米国議員に日本がTPP協定交渉に参加する意味を考えてもらい、ひいては現在USTRが行っている背信行為を認識し、TPP協定が、一部多国籍企業を除いては米国国民自身にとってもメリットの少ないものだということを理解してもらうきっかけになることを期待します。

TPPに反対する日本の国会議員の皆さまを後ろから応援することにもつながることでしょう。

賛同してくださる方は、メールまたは下記フォームよりお申し込みください。
上手くフォームで送れない、インターネットができないご家族・ご友人の分も代理で送りたい、グループでまとめて送りたいという方は、お名前(お住まいの都道府県)という形でメールにてお申し込みください。
メールのあて先はsignature@notpp.jpです。
一次締め切りは5月15日(第一目標1,000人)とします。
このプロジェクトに関するお問い合わせはinfo@notpp.jpまでメールでお願いします。

2013年5月1日

呼びかけ人:
鈴木 宣弘(東京大学教授)
まつだ よしこ(東京都)
佐久間 広仲(茨城県)
内田 透(北海道)
鈴木 伸和(埼玉県)
湊 洋一(東京都)

Facebook グループTPPって何?

(参考)
外務省HP:「大統領貿易促進権限(Trade Promotion Authority)」について

メールフォーム:
お名前:
 例:Taro Yamada または 山田太郎
お住まいの都道府県:
 例:Tokyo または 東京都
※手紙の署名欄には、Taro Yamada (Tokyo) または 山田太郎(東京都)と表示され、他の賛同者の皆さまと共に列挙されます。
ご意見・メッセージ:
     
※いただいたご意見・メッセージは事前に確認の上、サイト上などで紹介させていただくこともあります。


手紙の内容はこちら

May 2013


To whom it may concern,

We are a group of people in Japan concerned about Japan’s participation in the negotiation of Trans-Pacific Partnership (TPP) Agreement. More than 240 members of the Japanese national Congress, the Diet, from the Liberal Democratic Party are determined to refuse ratification of any resulting TPP agreement unless Japan’s national interests are protected.
The LDP’s campaign policy platform from the recent election specifies the six conditions for an acceptable TPP, many of which are opposite of what is contained in the current agreement text that has resulted from three years of negotiations. This includes no liberalization of key agricultural sectors, such as rice, wheat and barley, beef, dairy products and sugar as well as standards on food safety and labeling the origine countries, and keeping the functions of financial service, such as Japan Post's insurance (Kanpo), Japan Post's banking(Yucho), fraternal insurance (Kyosai), as suited to Japanese society.
Please refer to LDP’s official website for details.

http://www.jimin.jp/english/news/120422.html
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/120315.html

In addition to the LDP, parliamentarians from most of the Japanese Opposition Parties are clearly against TPP.
If the Obama Administration insists that the Abe administration join TPP on terms that contradict his promises to the Japanese people, it would not only put the agreement’s eventual ratification in Japan into question, but also will cause anti-U.S. sentiment, including to lead us to avoid American products.

Indeed, as Abe’s recent announcements have focused on attention in Japan on TPP, we can already see some signs of Japanese consumers avoiding American food, namely beef or fruits for safety reasons, as this controversial discussion has escalated during past couple of years. As you likely know, it is not the way of the Japanese people to “speak” too loud. We would not organize a boycott campaign or movement, however, we will simply quit buying things from the producers that we do not trust or whose government is pushing against our national interests.

We would strongly recommend you to read the attached translation and consider LDP’s promise to the Japanese people before approving Japan’s participation in TPP.

Thank you.

Faithfully yours,

※ここにあなたの名前と、他の賛同者の名前が入ります。第一目標は1,000人です!


日本語訳:

関係者各位

私たちは日本のTPP協定交渉参加を心配する日本のグループです。240人以上もの自民党国会議員が日本の国益を守れない場合は批准を認めないとしています。先の衆院選で自民党が掲げた選挙公約には、TPP協定参加の条件として6項目が挙げられていますが、それらは3年間に及ぶ交渉の結果まとめられてきた現在ある条文の内容と反するものです。
これらの項目には、米、麦、牛肉、乳製品、砂糖等の農林水産物の重要品目の除外、食品安全規制、原産地表示規制、さらにはかんぽ・ゆうちょ・共済などの日本社会に適した金融サービスの維持含まれます。
詳しくは自民党のオフィシャルウェブサイトをご参照ください。

http://www.jimin.jp/english/news/120422.html
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/120315.html

また、自民党に加えてほとんどの野党も明確にTPP交渉に反対しています。

もしオバマ政権が安倍政権に対し、日本国民との約束に矛盾する形でのTPP交渉参加を強要するなら、最終的に日本の批准ができなくなるばかりでなく、反米感情が起こり、結果として日本人がアメリカ製品を避ける原因となるでしょう。

実際、安倍首相が交渉参加を宣言したことにより、日本国内でTPPに対する関心が強まり、既にここ数年に渡る国論を二分する議論を経て、安全上の理由により特に牛肉やフルーツなどの米国産食品を避ける兆候が見られます。ご存知のように日本人はあまり大きな声を上げることはしません。不買運動などもしませんが、相手の国益を尊重しない、信頼できない国のものを単純に買わなくなるだけです。
日本のTP交渉参加を承認する前に、ぜひとも添付した自民党の日本国民に対する約束の翻訳をお読みになることを強く推奨いたします。

敬具

※ここに賛同者の名前を列挙します。


添付資料:自民党の決議文および守り抜くべき国益


Translation provided by Nobuhiro Suzuki
Professor of International Environmental Economics
Department of Global Agricultural Sciences
The University of Tokyo

Resolution on Japan's participation in the negotiations of Trans-Pacific Partnership (TPP)

LDP's Policy Research Council
外交・経済連携調査会

February 27, 2013

The Liberal Democratic Party Policy Research Council and Research Commission on Foreign Affairs and Economic Partnership have made the following resolution.

After the Japan-U.S. summit meeting, many members of the Liberal Democratic Party are still calling for more careful approach toward Japan's participation in the TPP negotiations.

Before deciding whether or not to join the negotiations, the Government should give serious consideration to views expressed in the party's discussions.

Upon the decision, the government should identify national interests to be protected, and should present a clear strategy of how it ensures the national interests in the TPP negotiations if it makes decision on the participation in the negotiations.

We confirm, in the paper attached, what are national interests to be protected with respect to the TPP.

National interests to be protected with respect to the TPP

Six issues identified in LDP's election campaign promise.

Tariffs on products of agriculture, forestry and fisheries: Sensitive products of agriculture, forestry and fisheries, such as rice, wheat and barley, beef, dairy products, and sugar, must be excluded from negotiation or subject to renegotiation for the purpose of maintaining their sustainable domestic production.
Standards on safety and environment and numerical targets on automobiles andotherindustrial products: Japan's own safety and environment standards of automobiles, including regulation on emissions, conformity assessment of safety standards, tax code, preferences to “Kei” (small size) vehicles, must not be weakened. Any numerical targets on automobiles, which are against the principle of free trade, are unacceptable.
Universal health-care insurance and its public program on drug price reimbursement: The current coverage of public health-care insurance must be maintained. Commercial company's entry into medical service must not be permitted, and the ban on mixed medical services must not be lifted. Public program on drug price reimbursement must not be jeopardized.
Standards on food safety: Compromise must not be made on food safety regulations, especially for limits for pesticide residues and food additives, mandatory labeling for genetically modified foods, country of origin labeling for imported materials and regulations for BSE.
ISD provision: ISD provision, which could undermine national sovereignty, is not acceptable.
Government procurement and financial service: The government procurement and financial service, such as Japan Post's insurance (Kanpo), Japan Post's banking (Yucho), fraternal insurance (Kyosai), must maintain their functions as suited to Japanese society.
-The following points were raised with particular emphasis in the party's discussion-

Patent on pharmaceuticals and copyright

Protection of patent on pharmaceuticals must not be strengthened in such a way as to hamper medical policies. Protection of copyright must not be enhanced in such a way as to worsen international balance of payments.
Regulation on opening office and mutual recognition of licentiates

Regulation on opening office for lawyers, as well as licensing system of doctor, nurse, care worker, engineer, architect, chartered accountant, tax accountant must maintain their functions as suited to Japanese society.
Fishery subsidies

Each government must retain discretion in policy making with regard to fishery subsidies.
Media

Restrictions on foreign investment in broadcasting industry, as well as resale price maintenance system of newspapers, magazines and books and their home delivery, must maintain their functions as suited to Japanese society.
Level playing field between state-owned enterprises and private entities

Japan Tobacco, Inc. (JT), Nippon Telegraph and Telephone Corporation (NTT), Japan Broadcasting Corporation (Nippon Hoso Kyokai; NHK) and Japan Railways (JR) must maintain their functions as suited to Japanese society.

TPP交渉参加に関する決議

平成25年2月27日
自由民主党政務調査会
外交・経済連携調査会

先の日米首脳会談を受けて、依然としてTPP交渉参加に対して慎重な意見が党内に多く上がっている。
政府は、交渉参加をするかどうか判断するにあたり、自由民主党における議論をしっかり受けとめるべきである。
その際、守り抜くべき国益を認知し、その上で仮に交渉参加の判断を行う場合は、それらの国益をどう守っていくのか、明確な方針を示すべきである。
守り抜くべき国益については別紙のとおり、確認する。
以上決議する。

(別紙)

TPPに関して守り抜くべき国益

PDFファイル
公約に記された6項目関連

①農林水産品における関税 米、麦、牛肉、乳製品、砂糖等の農林水産物の重要品目が、引き続き再生産可能となるよう除外又は再協議の対象となること。 ②自動車等の安全基準、環境基準、数値目標等 自動車における排ガス規制、安全基準認証、税制、軽自動車優遇等の我が国固有の安全基準、環境基準等を損なわないこと及び自由貿易の理念に反する工業製品の数値目標は受け入れないこと。 ③国民皆保険、公的薬価制度 公的な医療給付範囲を維持すること。医療機関経営への営利企業参入、混合診療の全面解禁を許さないこと。公的薬価算定の仕組みを改悪しないこと。 ④食の安全安心の基準 残留農薬・食品添加物の基準、遺伝子組換え食品の表示義務、輸入原材料の原産地表示、BSE基準等において、食の安全安心が損なわれないこと。 ⑤ISD条項 国の主権を損なうようなISD条項は合意しないこと。 ⑥政府調達・金融サービス業 政府調達及び、かんぽ、郵貯、共済等の金融サービス等のあり方については我が国の特性を踏まえること。 ―党内議論において下記事項についても強い指摘があった―
医薬品の特許権、著作権等

薬事政策の阻害につながる医薬品の特許権の保護強化や国際収支の悪化につながる著作権の保護強化等については合意しないこと。
事務所開設規制、資格相互承認等

弁護士の事務所開設規制、医師・看護師・介護福祉士・エンジニア・建築家・公認会計士・税理士等の資格制度について我が国の特性を踏まえること。
漁業補助金等

漁業補助金等における国の政策決定権を維持すること。
メディア

放送事業における外資規制、新聞・雑誌・書籍の再販制度や宅配については我が国の特性を踏まえること。
公営企業等と民間企業との競争条件

公営企業等と民間企業との競争条件については、JT・NTT・NHK・JRをはじめ、我が国の特性を踏まえること。
自民党によるTPP対策に関する決議

PDFファイル
平成25 年3 月13 日 ※英文は2月27日付のものです。
自由民主党外交・経済連携本部
TPP 対策委員会
本年2 月22 日の日米首脳会談の結果、安倍総理とオバマ大統領は、「環太平洋パートナーシップ」(TPP)交渉に関する共同声明を発表し、「聖域なき関税撤廃」が前提でないことが文書で確認された。これは、安倍新政権による日本外交の成果と考えられる。
これを受けて、自由民主党外交・経済連携本部に置かれたTPP 対策委員会は、政府並びに関係諸団体等から意見聴取を行うとともに、分野毎の検証作業などを通じ、全党挙げての集中的な議論を行った。これらの結果として、以下の通り決議し、安倍総理に対し、申し入れを行うものである。

先の総選挙において、自由民主党は、TPP 交渉参加に関し6 項目の約束を国民に対して行って選挙戦に臨み、政権復帰を果たした。これらの公約は、国民との直接の約束であり、党として必ず守らなければならない。
このため、政府は、国民生活に対する影響を明らかにし、守るべき国益を如何にして守るかについて明確な方針と十分な情報を国民に速やかに提示しなければならない。また、本年2 月27 日に自由民主党外交・経済連携調査会で採択した「TPP 交渉参加に関する決議」を遵守し、その実現に向けた戦略的方針を確立するべきである。
TPP 交渉参加については、国民の間に様々な不安の声が存在している。
(1) もし、聖域の確保が達成できなければ、食料自給率の低下、農地の荒廃、担い手の減少などにより、国民に安定的に食糧を供給する食料安全保障が確保できなくなるのではないか、離島や農山漁村地域などにおける社会基盤が維持できなくなるのではないか、また、美しい故郷と国土を維持する多面的機能が維持できなくなるのではないか、との声が大きい。
(2) 国民の生活に欠かせない医療分野でも、これまで営々と築き上げてきた国民皆保険制度が損なわれるのではないか、また食の分野においては、食品添加物や遺伝子組換え食品などに関する規制緩和によって食の安全・安心が脅かされるのではないか、との強い懸念が示されている。
(3) さらに、我が国の主権を損なうようなISD 条項(投資家対国家間の紛争解決条項)が導入されるのではないか、政府調達、金融サービス等について、我が国の特性を踏まえることなく、国際調和の名の下に変節を余儀なくされるのではないか、といった様々な懸念が示されている。
一方、今TPP 交渉に参加しなければ、今後、我が国の人口減少・高齢化が一層進む中、アジア太平洋地域の成長を十分に取り込むことができず、我が国がこれまで築き上げてきた国民生活の水準、国際社会における地位を保つことはできなくなるのではないか、との懸念する声も大きい。
また、世界第3 位の経済大国である我が国が、アジア太平洋地域における貿易や投資等の経済ルール作りに参加しないことは、この地域における政治的・経済的リーダーシップの低下につながるとの声もある。
さらに、我が国にとって日米関係が外交の基軸であることにかんがみ、今後のアジア太平洋地域における経済連携を進めるに当たっては、TPP 交渉に参加して、米国との一層の経済的連携を深めるとともに、守るべき国益の議論のみでなく、交渉において攻めるべき点を攻めていくべき、との大きな声もある。
このように、国民の意見が大きく分かれる中で、我が国がTPP 交渉参加の是非を判断することは、容易ではない。安倍総理におかれては、岐路に立つ日本の経済・社会が今後進むべき方向を選択するという高い見地から判断願いたい。なかんずく、上記のような様々な意見を十分に尊重され、我が国の自然的・地理的あるいは歴史的・社会的条件、我が国を取り巻く国際環境、経済再生の重要性等を踏まえ、国家百年の計に基づく大きな決断をしていただきたい。
なお、仮に交渉参加を決断する場合において、TPP が国民生活に大きな影響を及ぼし得ることから、以下の諸点を確実に実行すべきである。 この場合において、特に、自然的・地理的条件に制約される農林水産分野の重要5 品目等やこれまで営々と築き上げてきた国民皆保険制度などの聖域(死活的利益)の確保を最優先し、それが確保できないと判断した場合は、脱退も辞さないものとする。
(1) 政府は、別紙の党内5 グループ並びに21 作業分野に対する検討チームの取りまとめの内容を踏まえ、2 国間交渉等にも留意しつつ、その主張が交渉結果にしっかりと反映されるよう全力 を挙げ、交渉の進展に応じ、適時に十分な情報提供を行うこと。
(2) これまで、国内の各産業や各制度については、省庁ごとに個別に交渉することが多かったが、TPP 交渉においては、強力な交渉チームを作り、また閣内の連携を強く保つことにより、政府一丸となって国益を十分に実現していくこと。
[結び]

仮にTPP 交渉に参加する場合は、国益がしっかり守られ、結果として日本の繁栄につながるよう、政府と与党が一体となって交渉を進めるべく、自由民主党外交・経済連携本部内のTPP 対策委員会と政府は緊密に連携すべきである。
また、各国の主張を冷静に見極め、我が国としての主張を効果的に展開していくために、党としても国会議員による議員外交を、戦略的、かつ、積極的に展開してまいる所存である。
以上


以上です。

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« おは!Twitter俳句(河豚供養)(4月23日から4月29日) | トップページ | TPPを学ぼう会 »

「TPP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/57288795

この記事へのトラックバック一覧です: TPP is tremendous poor policy !:

« おは!Twitter俳句(河豚供養)(4月23日から4月29日) | トップページ | TPPを学ぼう会 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ