« 「農耕民族」の教えは「郷に入っては郷に従え」だ | トップページ | 都議選の結果をどうみるか »

2013年6月22日 (土)

米日のTPP市場アクセス交渉は8月末まで始まらない

磯田@福岡さん訳のIUT記事です。
重大ニュースです。

日本のTPP交渉への参加は,公式には来月(7月)に始まるが,2つの重要な理由
から実際の開始は遅くなりそうである。理由の一つは,アメリカが少なくとも8月下旬
まで市場アクセス交渉を行なえないということである。

1974年通商法にの定めによって,アメリカ政府は,国際通商委員会(ITC)が関税
削減の影響に関する秘密の評価を完了するまでは,いかなる関税譲許のオファーもする
ことができない。USTRに対するこの評価報告書の締め切りが8月21日となっている
のだ。USTRスポークスマンによれば,この報告書が受理され,USTRが省庁間お
よび連邦議会との協議を終えるまで,アメリカは譲許オファーをしない。

第二の要因は,日本が7月15~25日に予定されているマレーシア全体交渉にほぼ2日半
しか参加できないという事実である。日本政府は,オバマ政権と議会の90日協議期間が
終了する7月23日の午後から交渉に参加するつもりだとされる。日本の懇願によって既
存交渉国は当初の予定を1日延長して7月25日までとしたが,この25日は,各交渉部会担
当者は公式に会合せず,交渉官達は日本の交渉官が交渉テキストを理解できるように,
この1日を充てるということである。

日本政府と自民党は,(※ただ)7月21日参議院選挙の投票者向けに自分達はTPP
交渉に本格的に前進していると見せるために(※見せかけるためだけに),7月マレー
シア全体交渉への参加に固執してきたのである。

日本政府が事前協議で数多くの譲歩に合意してしまった後だけに,もし日本がTPP
交渉にできるだけ早く参加するということにならなければ,選挙において政府(※自民
党)への評価が下がることになるだろうという指摘もある。アメリカとの事前協議合意
において,日本政府は,重要書品目についていかなる事前の除外もしなこと,およびア
メリカの自動車輸入関税の漸次的撤廃について最大限可能な長期間をかけることについ
て,合意してしまったのである。

以下詳細です。


>【重要・拡散希望】米日のTPP市場アクセス交渉は8月末まで始まらない
> Date: Fri, 21 Jun 2013 23:12:28 -0400
>
>
> 皆様
>
> 磯田@福岡です。既に一部のML等で流してもらっているようですが,重大ニュース
です。IUT記事ですが,tpp-alliesがばらまいているので,拡散等ご自由に(ってい
うか,最大限拡散希望)。ただし抄訳はテキト-。
>
> 「意見交換会全国実行委員会」および「人々の運動」の方,ブログへのアップも検討
願えませんか(抄訳の「テキトー」さは,修正してもらっても結構ですので)。
>
> 重大ポイントはメールと記事の標題どおり。7月マレーシアの後の全体交渉は9月です
(詳細未定)。いよいよもって「日本がルールメイキングに参加」などできないことが
,明確化してきました。また最後の一文も,あらためてですが,重要事項です(「日米
事前協議合意」で,「日本政府は重要農産物であれ何であれ,あらかじめ関税撤廃例外
になどしないことに合意」)。
>
> Inside U.S. Trade - 06/21/2013
> U.S.-Japan Market Access Talks In TPP Not To Begin Until Late August
> Posted: June 20, 2013
> 米日のTPP市場アクセス交渉は8月末まで始まらない
>
> Japan's participation in the Trans-Pacific Partnership (TPP), which will
> formally begin next month, will likely get off to a slow start for two key
> reasons, one of which is the inability of the United States to engage in
> market access talks until at least late August.
>
> 日本のTPP交渉への参加は,公式には来月(7月)に始まるが,2つの重要な理由
から実際の開始は遅くなりそうである。理由の一つは,アメリカが少なくとも8月下旬
まで市場アクセス交渉を行なえないということである。
>
> Under the Trade Act of 1974, the U.S. will be prevented from making any
> tariff offers until the International Trade Commission (ITC) has completed a

> confidential assessment on the economic impact of tariff cuts. The report is

> due to the Office of the U.S. Trade Representative on Aug. 21. The U.S. will

> not table any tariff offers until the report is received and USTR has
> performed interagency and congressional consultations, according to a USTR
> spokeswoman.
>
> The second factor stems from the fact that Japan will only participate in
> TPP for roughly two and half days in the round scheduled to be held from
> July 15-25 in Malaysia. Informed sources said Tokyo will get to participate
> starting the afternoon of July 23, when a 90-day consultation period between

> the Obama administration and Congress concludes.
> Sources said the round was initially scheduled to end on July 24, but
> current TPP countries agreed to extend it by one day to July 25, as a
> courtesy to Japan. On July 25, TPP negotiating groups will not formally
> meet, and negotiators will devote the day to familiarizing Japanese
> officials with the text, they said
>
> 1974年通商法にの定めによって,アメリカ政府は,国際通商委員会(ITC)が関税
削減の影響に関する秘密の評価を完了するまでは,いかなる関税譲許のオファーもする
ことができない。USTRに対するこの評価報告書の締め切りが8月21日となっている
のだ。USTRスポークスマンによれば,この報告書が受理され,USTRが省庁間お
よび連邦議会との協議を終えるまで,アメリカは譲許オファーをしない。
>
> 第二の要因は,日本が7月15~25日に予定されているマレーシア全体交渉にほぼ2日半
しか参加できないという事実である。日本政府は,オバマ政権と議会の90日協議期間が
終了する7月23日の午後から交渉に参加するつもりだとされる。日本の懇願によって既
存交渉国は当初の予定を1日延長して7月25日までとしたが,この25日は,各交渉部会担
当者は公式に会合せず,交渉官達は日本の交渉官が交渉テキストを理解できるように,
この1日を充てるということである。
>
> Once Japan starts participating in the Malaysia round, it will gather
> information on the progress of each negotiating group and possibly explain
> its basic positions in each negotiating area, a Japanese official said. "We
> will not be in a position to comment on the text; at best what we can do is
> explain our basic position in each area," the official said.
> Japan will not make any textual proposals during the July meeting, he said.
> The real work of developing a negotiating strategy will occur after Japanese

> officials return to Tokyo, where intense discussions will take place on what

> positions to stake out in the talks, the official said.
>
> そこで日本がマレーシア全体交渉で参加開始すると,日本はそれぞれの交渉部会の進
行状況についての情報を収集し,おそらくは各交渉分野についての日本の基本的立場を
説明するであろう,と日本担当官は述べている。「我々は交渉テキストにコメントでき
る立場にはたちえないだろう。我々にできることは,せいぜい各分野での基本的立場を
説明することだけだ。」日本はこの7月全体交渉でいかなるテキスト状の提案もしない
(※できるわけがない。テキスト本文も関連文書もほとんど読解できもしないまま,限
りなく「座っているだけ」である)。日本が実際に交渉戦略を構築する作業は,マレー
シアから帰国して後に,いかなる交渉ポジションを取るかを集中的に議論しなければ始
まらない。
>
> An observer in Tokyo said there is an expectation that Japan's initial
> market access offer to TPP members will not define tariff reductions on
> sensitive agricultural items including rice, dairy and beef. But according
> to the terms of Japan's entry into the talks, these sensitive items cannot
> be excluded from being subject to requests from other TPP participants.
> Japan will likely make offers on market access for goods, services and
> government procurement to TPP members shortly after the July round, a
> Japanese official said.
>
> 東京での消息筋によれば,日本の最初の市場アクセスオファーは,米,乳製品,およ
び牛肉といった重要農産物に対する関税削減について明確化するということにはならな
いだろう。逆に,日本が交渉に参加する条件(※各国との事前協議合意)によればmこ
れら重要品目も他のTPP交渉国からの(※関税撤廃)要求から除外することは出来な
いのである。
>
> Parallel to TPP, the U.S. and Japan have committed to holding negotiations
> on automobiles and non-tariff measures. These will begin after Japan
> formally joins the TPP negotiations, according to Japanese officials.
> However, the two sides have not yet finalized a schedule for those parallel
> talks, which on the Japanese side will be coordinated by the Ministry of
> Foreign Affairs, an official said. A U.S. private-sector source suggested
> that USTR is still defining its position for these talks as it has been
> reaching out to stakeholders for input.
> Observers this week said any delay in market access negotiations with Japan,

> which is expected to be the most contentious element of Japan's
> participation in TPP, makes the prospects more and more dim for concluding a

> deal in the near term.
>
> TPP交渉と並行して,米日両国は自動車(※自動車貿易)と非関税諸措置について
の(※2つの2国間)交渉を行なうことを約束している。これらは日本がTPP交渉に
公式に参加した後から開始されるということである。しかし両国はこれらの並行交渉に
ついて,まだスケジュールを確定していない。アメリカのある民間消息筋によれば,U
STRは利害関係者からの意見を集めるために協議してきており,それよってこの2つ
の2国間並行交渉でのUSTR側ポジションを定める作業を今も行なっている。
>
> Japan had pushed to participate in the July round, even if only for a few
> days, to show voters in an upcoming July 21 upper house election that it is
> moving forward with substantial engagement in TPP. Sources in Tokyo said the

> Liberal Democratic Party wants to show the government will be substantively
> engaged in the talks, especially ahead of the elections where the party
> hopes to cement its control over the Japanese Diet.
>
> 日本政府と自民党は,(※ただ)7月21日参議院選挙の投票者向けに自分達はTPP
交渉に本格的に前進していると見せるために(※見せかけるためだけに),7月マレー
シア全体交渉への参加に固執してきたのである。
>
> One observer said it would reflect poorly on the government in the elections

> if it was known that Japan would not be participating in the talks as soon
> as it could, especially after it agreed to a number of concessions in order
> to join the talks. In an agreement with the U.S., Japan agreed that it would

> not make any upfront exclusions for sensitive items and also agreed to a
> potentially lengthy phaseout period on U.S. automobile tariffs. -- Adam
> Behsudi
>
> 日本政府が事前協議で数多くの譲歩に合意してしまった後だけに,もし日本がTPP
交渉にできるだけ早く参加するということにならなければ,選挙において政府(※自民
党)への評価が下がることになるだろうという指摘もある。アメリカとの事前協議合意
において,日本政府は,重要書品目についていかなる事前の除外もしなこと,およびア
メリカの自動車輸入関税の漸次的撤廃について最大限可能な長期間をかけることについ
て,合意してしまったのである。
>
> Inside U.S. Trade - 06/21/2013, Vol. 31, No. 25

« 「農耕民族」の教えは「郷に入っては郷に従え」だ | トップページ | 都議選の結果をどうみるか »

「TPP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/57642212

この記事へのトラックバック一覧です: 米日のTPP市場アクセス交渉は8月末まで始まらない:

« 「農耕民族」の教えは「郷に入っては郷に従え」だ | トップページ | 都議選の結果をどうみるか »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 717短歌・俳句勉強会
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ