無料ブログはココログ

« 今夜のstop tpp 官邸前アクションで以下発言しました。 | トップページ | 有望株にアセスの壁 »

漂流する核のごみ

東京新聞が 「シリーズ日米同盟と原発」の連載をやっている。
今年の1月23日に第五回目についての記事を評価してこう書いた。
「なかなか意欲的な特集でありこれはいずれ本になり話題を呼ぶだろう。」

今日は第九回で題は「漂流する核のごみ」このシリーズは今回で終わりで第十回は12日に関係者の証言を集めた「証言者たち」を掲載するそうです。

この中で一番びっくりしたのはフランスからプルトニウムを密かに日本に運ぶときに最悪の場合は船ごと沈める予定だったということ。


1984年当時動燃の企画部調査役だった菊池三郎氏などの証言だ。

一ヶ月余りにわたって行われた「晴新丸」プルトニウム輸送。
極秘作戦名は「カミュ」。
菊池の好きなフランスのブランデーの名前だ。
晴新丸が運ぶのはフランスのラ・アーグ再処理施設で関電高浜原発の使用済み核燃料から取り出されたプルトニウム189kgの高速増殖実験炉「常陽」までの初めて輸送だ。
船は無寄港でフランス領海はフランス軍、パナマ運河を通り日本領内に入るまでは米海軍が護衛していた。
武装した海上保安庁の職員4人を密かに乗船させていた。
(これ自体が憲法違反違反だが、米軍の要求は武装自衛隊員の乗船だったがそれは憲法違反なので無理として海上保安庁職員の乗船となった由)

問題はその晴新丸の輸送マニュアルには核ジャックを防ぐ究極の策として、プルトニウムを船ごと沈めることも盛り込まれていたということ。
海保職員か米兵が船底の弁を開け、浸水させる方法だったという。
最終的な判断は動燃の菊池がすることになっていたが「船長にも伝えなかった」という。
その船長の妻が語る所によれば船長は「船が沈んだら、海がすべて放射能に汚染される、と心配だった」と振り返っていたという。

核に関わる人が如何に無知で自分勝手かという事を思わせぞっとした。


さらに今日の記事にはチェリノブイリ事故から二年後の1988年のRCサクセションの「covers」発売中止の裏事情も書いていた。

エルビス・プレスリーの「ラブミー・テンダー」に「核などいらねえ」と付けた曲だ。
(今でも金曜日の首相官邸前行動ではこの曲を流しているグループがある。)

「covers」を発売中止にしたのは東芝EMIの東芝から来た社長だという。
アルバムは二ヶ月後に別のレーベルから発売された。

そのあと広告代理店を通じて東電からCMソングの依頼が忌野清志郎さんにあったそうだ。
知人の相沢自由理さんが「原発を推進しているところのCMはやりません」と断ったそうだが東電の真意はわからないという。

当時電気事業連合会はは「原子力PA企画本部」という組織を作っていたという。
PAとはパブリック・アクセプタンスで「社会受容」という意味だという。

日本原子力文化振興財団には教科書検定に反映させるとかドラマの中に原子力を織り込んで行くと百項目に及ぶマニュアルがあった言う。
この財団は朝日新聞から論説主幹だった岸田純之助を監事に迎えているという。

(私はこの頃会社に送られてきた大きなグラビアポスターを家に持って帰って貼った事があるがかみさんに叱られて剥がされた事がある。よくみると下の方に小さく「電気事業連合会」と書いていた。)

この記事は1983年のロッキード事件後の「政治とカネ」が問題となった総選挙で当時の自民党総裁だった中曽根康弘は青森で「政治とカネ」ではなく地元振興を訴えたというところから始まっていた。

六カ所村の再処理施設は20年たった今でも動かず、17000トンの使用済み核燃料は貯蔵プールや全国の原発に眠っている。


この特集を担当されたという寺本政司、垣見洋樹、両氏に敬意を表します。

忌野清志郎 love me tender
http://youtu.be/kLyEg-eXf1g

東京新聞記事全文
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/arrandnuc/list/201306/CK2013060502000217.html

以上です。

ーーーーーーー
三郷TPPを学ぼう会
事前購入はこちらから
電子チケットサービス

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


« 今夜のstop tpp 官邸前アクションで以下発言しました。 | トップページ | 有望株にアセスの壁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/57530602

この記事へのトラックバック一覧です: 漂流する核のごみ:

« 今夜のstop tpp 官邸前アクションで以下発言しました。 | トップページ | 有望株にアセスの壁 »

カテゴリー