無料ブログはココログ

« おは!Twitter俳句(浜昼顔) | トップページ | 集団的自衛権(他衛権)の7・1閣議決定を許さない! »

今国会中の集団的自衛権容認の閣議決定は無くなったようだがまだまだ緊張した状況が続く。

集団的自衛権めぐり与党党首会談 今国会中の閣議決定断念で一致フジテレビ系(FNN)

安倍首相は19日午後、公明党の山口代表と会談し、集団的自衛権の行使容認問題について、今の国会中の閣議決定を断念することで一致した。 公明党の山口代表は「安全保障に関する与党協議が続いているので、閉会後も、与党で議論していただくことを確認した」と述べた。 会談では、集団的自衛権の行使容認問題について、今の国会中の閣議決定を見送り、22日の閉会後も、引き続き、与党協議を継続することを確認した。 安倍首相からは、閣議決定の期日について、具体的な発言はなかったということだが、政府・自民党は、7月初旬の閣議決定を目指し、与党協議を急ぎたい考え。.最終更新:6月19日(木)14時59分

創価学会員の知念 沙織さんの感動的なfacebook記事をご了解を得て全文掲載します。
こういう方の声が信濃町に届きつつあるのだろうと思います。

今日の新聞(H26/6/14 沖縄タイムス)を見て心が沈む。 公明党を支持しているみんなはこの記事をどう捉えているのかな?

私は創価学会員だ。両親も祖父母も、親戚の多くも学会員だ。
これまで私たち家族には色々なことがあったが、みんなで励ましあい、難を乗り越えてきた。「一人の人間における偉大なる人間革命はやがて一国の宿命転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」という思想を信じ、それぞれが持つ課題に真剣に取り組み、祈り、宿業を使命に変え、今自分がいる社会でこの...法の実証を示そうと頑張ってきた人たちだ。
創価学会に対して色々な批判や考えがあることは知っているが、私にとって彼らはかけがえの無い大切な人たちだ。

だからこそ言いたい事がある。

私は戦争や暴力が大嫌いだ。あたりまえだ。好きな人なんかいるもんか。
でも、間接的に戦争や暴力に加担してしまうことがある。

私は二十歳で選挙権を持った時からずっと公明党を応援してきた。
私と同じ思想を持ち、民衆のためにと立ち上がった公明党議員を全力で応援した。
児童手当や出産一時金、妊婦検診の費用補助の拡充などの子育て支援は、二人目を出産した当時、夫婦二人して無職状態で収入無く過ごしていた私たちにとってすごくありがたかった。そんな公明党の実績がとても誇らしく、私たちの選んだ代表がちゃんと国民のために、庶民のために働いてくれていると思っていた。
その思いは今も(一部では)変わらないが、当時のように万感の信頼ではない。

公明党はなぜ特別秘密保護法安を可決させてしまったのか?なぜ海外に日本の原子力技術を輸出する原子力協定に賛成したのか?そして今日の新聞、集団的自衛権行使容認に傾いたのか?私は納得できない。

3・11あとの国政選挙で創価学会員の人たちは「選挙協力」で大量の自民党議員を誕生させてしまった。それは選挙のたびに言ってきた「公明党は自民党のブレーキ役」の機能を弱めてしまった。それでこの結果。みんな自分たちのしてしまったことを分かっているだろうか。

「池田大作 名言100選」の54pに「正義」というのがある。
以下その文章を載せる。

正義
「真の正義とは、民衆の幸福であり、平和でなければならないはずである。いかなる大義があろうとも、そこに不幸な人々がいるかぎり、正義は存在しない。」
正義といい、人権といっても、人が人を犠牲にしないことである。他人の不幸の上に自己の幸福を築かない、ということだ。
正義など、どうでもいいというのは気楽かもしれないが、その代わり、人生の本当の深さも、喜びも、充実も、向上も、価値も、幸福も、何ひとつ味わえない。ただ欲望に流されていくだけのつまらない人生である。
正義感を決して失ってはならない。世間ではよく「清濁併せ呑む」ということが度量のようにいわれるが、不正、不純を容認し、それに慣れてしまえば、自分自身が濁っていく。そうなってしまえば、本末転倒である。
悪と戦わずして、正義はない。悪と戦わずに見て見ぬ振りをしていれば、自身が悪に通じてしまう。ゆえに、正義は断じて強くあらねばならない。正義とは勇気である。(ここまで)

選挙の時は「是々非々」だとといっていたのに、結局自民党の差し出す毒を飲んでしまったのか。その結果を、選挙でお願いして、自分を信じて一票を投じてくれた人たちに何て説明をしたらいいのだろう。顔向けできるのか?

分からなければ、「勇気」を持って周りの学会員の同志に聞いてみよう。

創価学会員は当然「公明党支持者」だという雰囲気がある。その空気はとてつもなく厚く重い。異を唱えるなら「なぜ?」と自分の信仰心を疑われる。
実際、私は2013年夏の参議院選挙のとき、どうしても納得できず、眠ることも出来ないくらい悩み、結局公明党に投票しなかった。それを「沙織ちゃん投票行った?大丈夫だよね?」と確認してきた婦人部長さんに「ゴメン、今回は別の人に入れた」と言ったら「ええっ?!!どうして?!他の人に入れるくらいなら白票で出せばよかったのに!」と言われてしまった。「白票」と言う言葉にとてもショックを受けた。私が今まで選挙権を無駄にしたことなど一度だって無い。選挙がどれだけ大切なものか、自分たちの生活と政治がどれだけ密接か分かっているから「白票」なんて絶対に入れない。それを今まで信頼してきた人に言われたのがとてもショックだった。
集まりの時、選挙に関して意見を言うとき、のどの奥が引きつる。手が震える。それでも私は言いたい。大切な人が、知らずに、または知ろうとせずに「悪」に加担していくのを見たくない。

「池田先生が作った党だから私は信じている」とほとんどの学会員さんは言うかもしれない。でも、その言葉に自分の頭で考えることを止めてはいないだろうか?「政治は監視せよ」だ。公明党に全ておんぶに抱っこではだめだ。学会員の中でもっともっと議論をしてほしい。
信仰を持ちながら、政治に対して客観的に見て考え、みんなで意見を言い合えるような空気を作ってみてはどうか。

これからの日本はどうなるのか。万が一戦争になったなら、私の住む沖縄は確実に戦場になる。「人間革命」執筆開始の地が再び悲しみの地になってしまう。
そうならないために、日々世界の平和を願い行動してきた私たちだからこそできることがあるんじゃないかと思う。

まずは勇気を持って意見を言う!それからしか始まらない。


https://www.facebook.com/permalink.php?id=100002540958084&story_fbid=665016606926365
以上 引用

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=72831

社説[集団的自衛権]岐路に立つ「平和の党」
2014年6月14日 05:30

 「限定的」が付こうが付くまいが、集団的自衛権の行使を容認することは、国是の「専守防衛」の一線を越える安全保障政策の大転換につながる。公明党にとっても、結党時からの精神を揺るがす危機である。自らの存在意義を否定されてもなお連立政権にとどまるのか、決然と連立を解消する道を選ぶのか、重大な岐路に立たされている。

 自民党の高村正彦副総裁は13日に開かれた与党協議会で、自衛権発動を認める新たな3要件の「たたき台」を公明党に提示した。

 これまでの政府見解は、自衛権発動の3要件として(1)わが国への急迫不正の侵害がある(2)排除するため他の手段がない(3)必要最小限の実力行使にとどまる-ことをすべて満たしたときに個別的自衛権の発動を認めてきた。

 高村氏が提示したたたき台は(1)を「わが国または他国への武力攻撃が発生し、わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される恐れがある」を新たな要件とした。「他国への武力攻撃」が集団的自衛権の行使容認に当たり、憲法解釈に向けた閣議決定の「核心部分」である。「わが国の存立が脅かされ…」は1972年の政府見解で、結論は「集団的自衛権の行使は、憲法上許されない」だった。同じ見解から正反対の結論を導き出すのは理解できない。憲法改正手続きの要件を緩めようとした「96条改憲」は「裏口入学」といわれた。今回のたたき台はこれよりもっとひどいというほかない。

    ■    ■

 公明党は1964年に結党。当初は日米安保条約、自衛隊の存在も認めていなかったが、81年の党大会で安保条約、自衛隊容認に転じた。

 90年代は安全保障政策で後退を続け、99年に自民党と連立政権を組んでからはその傾向が鮮明になった。

 公明党は綱領で「生命・生活・生存」を最大限に尊重する「人間主義」を掲げ、いかなる時代、いかなる社会にあっても、常に民衆の側に立つことをうたっている。

 最近の世論調査では、集団的自衛権の行使容認は反対が賛成を上回り、容認する人でも6割以上が期限をつけずに慎重な議論を求めている。安倍政権の進め方は世論との乖離(かいり)が大きいのである。

 公明党は「連立離脱は考えていない」と明言する。政府・自民党に足元をみすかされているのだ。与党協議の論議も生煮えのまま、結論を迫られる。これで民衆の側に立っているといえるのだろうか。

    ■    ■

 自公路線は全国に先駆けて98年の県知事選で始まった。公明党県本部は昨年12月、仲井真弘多知事に、米軍普天間飛行場の県外移設を求めた。沖縄の目指すべき将来像「沖縄21世紀ビジョン」に基づき、「軍事拠点から平和交流拠点へ」と提言し、存在感を示したことは記憶に新しい。

 くしくも公明党は11月に結党50周年の節目を迎える。連立政権から離れられないことを揶揄(やゆ)して「げたの雪」と呼ばれることがある。集団的自衛権を認めるなら、「平和」を党是とする党への支持・信頼を根本から失いかねない。

以上です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ CoRichブログランキング

« おは!Twitter俳句(浜昼顔) | トップページ | 集団的自衛権(他衛権)の7・1閣議決定を許さない! »

コメント

元京都市民さん
コメントありがとうございます。
この沖縄の人のような意見が信濃町には続々と届けられているだろうと思います。
信濃町駅頭での演説もtwicasで流しましたが公明党に届けばいいと思います。
決戦は7月1日です。

究極の日和見でコウモリで下駄の雪の政党に一体何を期待するのか。
でも世論が「公明党はどうした」なんて、批判の声が大きくなると、
見せかけで取り繕うことはあるかもしれない・・だが期待は禁物です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/59842433

この記事へのトラックバック一覧です: 今国会中の集団的自衛権容認の閣議決定は無くなったようだがまだまだ緊張した状況が続く:

« おは!Twitter俳句(浜昼顔) | トップページ | 集団的自衛権(他衛権)の7・1閣議決定を許さない! »

カテゴリー