無料ブログはココログ

« 川柳がらみ三題 | トップページ | 短歌と俳句と川柳について »

おは!Twitter俳句(十薬)

梅雨入り宣言と共に雨が降り始め長雨となっている。今日で四日目の雨となる。まだ数日は雨模様のようだ。新しい仕事場となって二ヶ月経ち、やや慣れて来たところです。変則的な勤務の為予定表を寝室の壁にも貼っていつも勤務予定を確かめている新入社員です。

ーーーーーーーーー
この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★
twryossyさんのツイート:おは! RT @twryossy

2014年06月09日(月)

@twryossy 長雨や十薬かまうこともせず 公彦

★雨が続いて庭に出ることが出来ず庭は荒れ放題である。いつもはドクダミを取りまくるのだが今年は伸び放題であろう。

おは!@twryossy: 【今日の季語1624】十薬(じゅうやく):「蕺(どくだみ)」の異名。この時季に四枚の白い苞片を開きそれが花弁のように見える。漢方では主に解毒剤として重用される。
◆十薬や雨に重さのありて降る(菊池登紀子)

おは!@twryossy: 【今日の季語1624:別記01】「十薬」の名は十種の薬効があることに由来するとされるがこれは宛字に基づく俗解で、実際はドクダミの漢名「蕺(しゅう)」に「薬」を添えたシュウヤクの字音読みから出たと見るのが妥当であろう。

おは! @twryossy: 【今日の季語1624:別記02】平安期の薬種辞書『本草和名』には漢名「蕺」に「之布岐(しふき/しぶき)」の和訓があり古くはこの名で呼ばれたことを示している。ドクダミの呼び名は《毒を抑える》意の「毒矯(た)み」から出たもので、近世以降の定着と見られる。

2014年06月08日(日)

@twryossy 百足打つ百足に罪は無いけれど 公彦

★百足は嫌われる。先日も会社で女子社員の足下に登場し私に叩かれてつままれてしまった。百足さんの冥福を!

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1623】蜈蚣(むかで):数多い節足を有するところから一般には「百足(虫)」の熟字表記が用いられる。他の昆虫を補食するために出す毒液は人間にも激痛を与える。
◆百足虫出て罪ある如く打たれけり(吉田春江)

2014年06月07日(土)

@twryossy 梅雨に入り結露対策あちこちで 公彦

★会社でも家でも結露対策をやっている。会社では吸排風機を回したり止めたり、家では扇風機を無人の部屋も回したりしている。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1622】梅雨(つゆ)めく:「入梅」の傍題の一つで「梅雨に入る」「梅雨始まる」などとも。入梅の時期は沖縄の五月半ばに始まり、ほぼ一月かけて青森まで北上する。
◆二夜三夜傘さげ会へば梅雨めきぬ(石田波郷)

2014年06月06日(金)

@twryossy 孫植えし種既に吹き芒種かな 公彦

★「芒」は《のぎ》、「種」は《うえる》の意味と始めて知った。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1621】芒種(ぼうしゅ):二十四節気の一つ。「芒」は稲や麦などの穀の先にある《のぎ》、「種」は《うえる》の意でそれらの種蒔きをする仲夏前半の時節をいう。
◆芒種はや人の肌さす山の草(鷹羽狩行)

2014年06月05日(木)

@twryossy 麦の穂や連なる先に住処かな 公彦

★ある写真にあった情景である。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1620】麦の穂(むぎのほ):数多い「麦」の傍題の一つ。「穂麦」「熟れ麦」などとも。同季別題の「麦の秋」を迎えた畑では黄色に成熟した麦の穂が収穫を待つ。
◆麦の穂を便りにつかむ別れかな(芭蕉)

2014年06月04日(水)

@twryossy 野茨の中走り行く六十代 公彦

★時間のある天気のいい日はランニングをしている。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1619】野茨(のいばら):「茨の花」の傍題の一つで単に「茨(いばら・うばら)」とも。日本全国に自生する低木で西洋種のバラには漢語の「薔薇」の表記を当てる。
◆野茨の実に日月の凝りしかな(山本悠水)

2014年06月03日(火)

@twryossy 泥鰌汁不意に父が笑うなり 公彦

★父と大分川で泥鰌を採った。

おは! @twryossy: 【今日の季語1618】泥鰌汁(どじょうじる):「柳川鍋」と並ぶ「泥鰌鍋」の傍題。真水に数日放って泥を吐かせた泥鰌を丸煮にし卵や野菜などの具を入れて仕立てた夏の滋養食。
◆わざをぎと背中合せや泥鰌汁(山田節子)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1618:別記】例句の「わざをぎ」は《業(わざ)・招(をき)》が原義で《役者・俳優》の意を表す和語。後部要素「をぎ」は動詞ヲク(招)の名詞形で語源が示すように古くは清音だったのが後世に濁音化した。

以上です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ CoRichブログランキング

« 川柳がらみ三題 | トップページ | 短歌と俳句と川柳について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/59785165

この記事へのトラックバック一覧です: おは!Twitter俳句(十薬):

« 川柳がらみ三題 | トップページ | 短歌と俳句と川柳について »

カテゴリー