無料ブログはココログ

« 集団的自衛権を阻止する575/57577 がついに500に達しました。 | トップページ | 電気代不払い革命!不払いの 意義を考える »

井口さんのイベントカレンダーです。
行きたいイベントが目白押しなので紹介します。
iPhoneなどのアプリに対応しています。

ical
https://www.google.com/calendar/ical/817suginamid5f%40gmail.com/public/basic.ics
xml
https://www.google.com/calendar/feeds/817suginamid5f%40gmail.com/public/basic


井口です。

杉並・中野を中心としてこれまで私のところに届いた8月のシンポジウムや上映 会をまとめました。
抜けがたくさんあるかもしれませんがご了承ください。
後からの分はカレンダーに追加していきます。
会によっては、置きチラシ、配布を受け付けているところもあるかもしれません。
各自でご確認ください。


内容等詳細につきましては各主催団体へお問い合わせください。
カレンダー形式で掲載・適宜更新しております。
https://www.google.com/calendar/embed?src=817suginamid5f%40gmail.com&ctz=Asia/Tokyo

-----

ネット選挙フォーラム 2014

日時:2014年7月22日(ネット選挙解禁から1年)
場所:JA共済ビルカンファレンスホール(永田町駅徒歩1分)

概要
ネット選挙の健全化と業界の発展 をテーマとした業界イベント
(有識者らによるセミナーや勉強会、協賛企業によるブース出展)

10:00~11:10 無料
ネット選挙解禁から1年を総括!~何が良かった悪かった?政治家のホンネ~
登壇者:福田峰之議員(自由民主党)、蓮舫議員(民主党)、行田邦子議員(み んなの党)、中田宏議員(日本維新の会)、今井雅人議員(日本維新の 会)、 佐々木憲昭議員(日本共産党)、国重徹議員(公明党)
高橋茂(ザ選挙編集長)

11:20~11:50 無料
若者の投票率は低い?~政治家と若者のギャップと18歳選挙権の行方~
登壇者:原田謙介氏(NPO法人YouthCreate代表)、青木大和氏(僕らの一歩が日 本を変える。創設者兼代表)、増沢諒氏(食べる政治 代表)、斎木陽平氏(一 般社団法人リビジョン代表理事)
高橋茂(ザ選挙編集長)

12:00~13:30
120名・有料:2,000円
ネット選挙メディア対談~政治家はニュースメディアをどう使うべきか?~
登壇者:ヤフー株式会社 取締役副社長 COO川邊健太郎氏、杉本 誠司氏(株式会 社ニワンゴ 代表取締役社長)、大谷 広太氏(BLOGOS編集長)、松浦 茂樹氏 (ハフィントンポスト日本版編集長)
松浦 茂樹(ハフィントンポスト編集長)

13:40~14:40 無料
ネット選挙の未来~ビッグデータから振り返る、ネット選挙解禁からの1年間~
登壇者:株式会社ホットリンク 代表取締役CEO 内山幸樹氏
高畑卓(株式会社ジェイコス)

14:50~15:30 無料
アメリカ大統領選に見るネット選挙とNIPPONの可能性
登壇者:海野素央氏(明治大学教授)、ハリス鈴木絵美さん(Change.org日本代表)
松田馨(選挙プランナー)

15:40~16:50 無料
有権者を引き込むネット選挙とは?~ネットでバズるコンテンツと空気感~
登壇者:連続企業家 家入一真氏、音喜多駿 東京都議会議員、他登壇者交渉中
松田馨(選挙プランナー)

17:00~18:30
120名・有料:2,000円
ソーシャルメディアで支持を拡大するには?~マーケティングの観点から考える これからの後援会と政党~
登壇者:津田大介氏(有限会社ネオローグ代表取締役)、荻上チキ氏(評論家 / シノドス編集長)
佐藤哲也(株式会社デザインルール)

18:40~19:30 無料
ネット選挙でSNSは役立ったのか?~1年間の総括とこれから~
登壇者:西田亮介氏(立命館大学 特別招聘准教授)、田中良基氏(NTTコム オ ンライン・マーケティング・ソリューション株式会社)
河瀬 航大(株式会社ガイアックス)

19:40~20:10 無料
次世代の候補者へ、政治版クラウドファンディングと戦い方
登壇者:佐藤大吾氏(株式会社JGマーケティング)、金野索一氏(一般財団法人 日本政策学校・代表理事)
細川 甚孝(有限責任事業組合 政策支援)

運営
ネット選挙フォーラム委員会
株式会社VoiceJapan(ザ選挙)、株式会社ダイアログ(松田馨氏)、株式会社マ テリア(選挙用品ドットコム)、
株式会社ジェイコス(勝つ!政治家.com)

代表
実行委員長 株式会社ジェイコス 代表取締役 高畑 卓

協賛
株式会社VoiceJapan(ザ選挙)、株式会社ダイアログ(松田馨氏)、株式会社マ テリア(選挙用品ドットコム)
株式会社ジェイコス(勝つ!政治家.com)、イー・ガーディアン株式会社、日本 政策学校、
有限責任事業組合 政策支援、株式会社世論社、株式会社ガイアックス、株式会 社ホットリンク、
GMOグローバルサイン株式会社、株式会社ハンマーバード、株式会社グリーンシップ

協力
ヤフー株式会社(Yahoo!みんなの政治)、株式会社パイプドビッツ(政治山)、 株式会社VoiceJapan(ザ選挙)、
株式会社ドワンゴ、Google、Twitter、ハフィントンポスト、BLOGOS

事務局
株式会社ジェイコス(勝つ!政治家.com) TEL:03-5212-4377

http://netsenkyoforum.jp/

-----

*******************************************************************
        イラク 緊急報告会
    〜イラクでは何が起きているのか?〜
    日時:2014年7月22日(火)18時半~
    於:ピースボートとうきょう(高田馬場)
********************************************************************

イラク戦争開戦から11年。
今まさに崩壊の危機にあるイラク。
再び国内避難民は世界最大規模の120万人超。
この半年間で少なくとも死者7, 000人が暴力の犠牲になっている。
IS(=イラクイスラム国)とは何か?
※ISISからISに名称変更を発表
スンニ派市民のデモはシーア派政権に何を求めていたのか?
報道だけでは見えてこない市民の声を集め、
イラク戦争がもたらしたもの、
国際社会が今すべきことを考えます。

***************************************************************
■「イラク緊急報告会」概要
***************************************************************

日時/2014年7月22日(火)18:30~ (開場18:00)
会場/ピースボートセンターとうきょう
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1
TEL: 03-3362-6307
JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分

資料代/500円(事前申込不要)

共催/ピースボート www.peaceboat.org/
イラク戦争の検証を求めるネットワーク iraqwar-inquiry.net/
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ hrn.or.jp/
日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
www.jim-net.net/
イラクホープネットワーク www.iraq-hope.net


<現地取材報告> ジャーナリスト 安田純平
2014年4月から5月にかけてイラクを取材。 部族の軍事評議会、ナジャフのイラ ク軍兵士の遺族、ファルージャ病院の医師へのインタビューや、 サマワ市民の 声など、メディアが伝えない現地の様子を最新映像を交えて報告します。

<緊急支援報告> エイドワーカー 高遠菜穂子
昨年末にアンバールの情勢が一気に悪化し、 短期間に40万人の避難民を出し たファルージャとラマディ。 イラク支援を支えてくださっている皆さまからの ご寄付とピースボートの協力で、 900家族以上に食料などの緊急支援物資を 配付できました。今後の人道支援継続は可能なのかを考えます。

<イラク情勢に関する声明> ヒューマンライツ・ナウ事務局長・弁護士 伊藤和子
国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、 昨年末からのイラク西部アンバールに おける戦闘激化と、 イラク政府軍の病院攻撃や無差別攻撃を非難する声明を、 今年1月と3月に発表しました。 国際社会にできることは何かを問いかけます。


2014年1月20日発表(英文)
hrn.or.jp/eng/news/ 2014/01/22/iraq-call-for-an- immediate-stop-to- indiscriminate-attacks-in- anbar-province-that-have- resulted-in-civilian- casualties-and-thousands-of- idps/
2014年3月5日発表(英文)
hrn.or.jp/eng/news/ 2014/03/05/iraq-hrn-calls-for- all-parties-in-the-conflict- to-refrain-from-attacks- against-civilians-and-urges- an-international-inquiry-to- investigate-grave-human- rights-violation-in-anbar- province/


≪ 問合せ先 ≫
ピースボート ( z112.secure.ne.jp/~ z112116/contact/ )
イラク戦争の検証を求めるネットワーク ( office@iraqwar-inquiry.net )
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ ( info@hrn.or.jp )
日本イラク医療支援ネットワーク ( info-jim@jim-net.net )
イラクホープネットワーク ( info08@iraq-hope.net )

http://iraqwar-inquiry.net/?p=678841335

-----

映画「ファルージャ」上映会
「平和のための戦争展@国分寺・2014」について

2014年7月24日(木)
午後の部:13:30~
夜間の部:18:30~

場所:本多公民館
国分寺市本多1-7-1
JR・西武鉄道国分寺駅北口から徒歩8分

問い合わせ
042-571-3365(FAX)
ami.massy@gmail.com

展示:アフガニスタン・イラク戦争の実態を伝える展示
報道写真家・広河隆一氏撮影の写真を展示します。

映画「ファルージャ」上映午後・夜の2回
監督の伊藤めぐみさんは10年前のイラク戦争当時の高校生。
「社会に対して何かしたい」とはじめて参加したデモから
つづく思いで「いまの私たちにとって戦争は遠いものなのか」と
問いかけています。

「ファルージャ」オフィシャルサイト

2回の上映後、伊藤監督のスピーチがあります。
時間が許す限り対話と懇談も。
http://kokubunji-9zyo.cocolog-nifty.com/katsudou01/
http://www.fallujah-movie.com/theatre.html

-----

レイバー映画祭2014

7月26日(土)10.00~17.15
東京・田町交通ビル6Fホール
港区芝浦3-2-22
・JR田町駅より徒歩3分
・都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩5分

ついに、消費税が8%に上がった! 社会福祉を充実させるためらしい。でも、 暮らしが良くなった実感が1ミリもないよー。実感ある人、います? もしいた ら、ご飯おごってください! 街では隣国を憎むヘイトスピーチ。うるさい ぞー! ダダ漏れ放射性物質、見えないわ臭わないわで怖いぞー! 正規・非正規 関係なく、いとも簡単にクビ切る会社。なんで!? 残業代ゼロ法案が幽霊のよう に現れ、ゾクッと寒気が…。この世は資本家だけのものじゃないッス! 今年も、 レイバー映画祭で、心も体も解放しませんか? チャプチェやカレーライス、 コーヒー等をご用意して皆さまのお越しをお待ちしております。

〔2014プログラム〕
9.30 開場
<一部・差別をこえて>
10.00~12.00
●「60万回のトライ」(朝鮮学校の人々・106分)
  トーク=朝鮮学校生(予定)
12.00~12.30 休憩30分

<二部・いまフクシマは>
12.30~14.40 
●「あしたが消える どうして原発?」(福島第一原発労働者・55分)
●「A2-B-C」(放射能汚染フクシマの現実・71分)
14.40~14.50 休憩10分

<三部・立ち上がる労働者>
14.50~17.15
●「続・メトロレディーブルース」(東京メトロ非正規のたたかい・40分)
  トーク&パフォーマンス=メトロコマース支部(10分)
●「貪欲の帝国-韓国・サムスン電子告発ドキュメンタリー」(92分)
17.15 終了

参加費 一般当日 1700円
    前売・予約 1500円
    学生・失業者・障がい者(一律) 1000円
 *入れ替えなどありません。この金額で全て参加OKです。
  お早めにご来場ください。

メール予約 http://vpress.la.coocan.jp/yoyaku-labor14.html
電話予約 TEL03-3530-8588 (FAX03-3530-8578)

主催 レイバーネット日本 http://www.labornetjp.org/

〔作品紹介〕
●ドキュメンタリー映画『60万回のトライ』 胸に響く「ノーサイドの精神」
久しぶりにさわやかなスポーツ映画をみた。舞台は東大阪の花園ラグビー場に近 い大阪朝鮮高級学校で、登場人物はラグビー部の先生と生徒たち。この チーム は2010年、全国大会でペスト4になり、その名を知らしめた。そこで「みんなで 日本一になろう」が夢となり、日々練習に励む。まず、彼ら の“ムキムキマン” の肉体に圧倒される。円陣を組んで、「ハナ・ミドウン・スンリ(一つになる・ 信じる・勝つ)」の合言葉を叫んで大地を蹴るシー ンがいい。チームは一丸だ が、映画は主将のガンテをはじめ一人ひとりの表情も豊かにとらえている。なぜ ラグビーに熱中するのか? そこに在日朝鮮人の苦難の歴史があった。戦後、日 本にとどまった60万人が、かつて日本の植民地支配によって廃止された民族の言 葉を取り戻そうと、各地に 国語講習所を設けたのが朝鮮学校のはじまりだっ た。無償化要求の記者会見で、「試合中はそれぞれのサイドに別れて闘うが、終 われば仲よく交流しま す」というガンテの訴える「ノーサイドの精神」が胸を 打つ。(木下昌明) 監督 : パク サユ・パク トンザ 2013年・106分

●『あしたが消える どうして原発?』 構成 : 千葉茂樹 1989年・55分
チェルノブイリ原発事故から3年後の1989年、世界が原発への不安を抱くなか日 本の福島第一原子力発電所を追って製作されたドキュメンタリー。 福島第一原 発の提起検査などに携わっていた52歳の父を骨がんで亡くした仙台市の主婦によ る新聞投書をきっかけに、日本の原発で働く労働者、被ば くの危険性を明らか にしようと奮闘する医師、福島第一原発4号機の設計に携わった現サイエンスラ イターの田中三彦氏らの証言を集めた。

●『A2-B-C』 監督 : イアン・トーマス・アッシュ 2013年・71分
福島で生きる子どもたちに、今何が起きているのか。日本在住の米国人監督が、 フクシマの実態を追った迫真のドキュメンタリー。「ただ福島の母親た ちの怒 りに心が動いた。母親たちの声だけでいい」(イアン監督)と、ナレーションも 音楽も一切なしの70分。カメラの前で「私はA2(甲状腺にの う胞あり)」と言 う女子高生。日本政府が、もっとも隠したい真実がここにはある。世界の映画祭 で上映され、圧倒的支持を得た。

●『続・メトロレディーブルース』 制作 : ビデオプレス 2014年・40分
2013年3月のストライキから1年。非正規差別が依然として続くメトロの売店。親 の介護、家族の問題、迫る定年、組合員一人一人の心はゆれる。 さまざまな困 難を抱えながら、2014年5月、組合はついに二度目のストライキに立ち上がっ た。圧倒的共感を呼んだ「メトロレディーブルース」 (2013年)の続編。★初公開★

●『貪欲の帝国』 監督 : ホン リギョン(青い映像) 2014年・韓国・92分
韓国のグローバル企業・サムスン半導体工場で多発するがんや白血病。すでに66 名が亡くなっている。韓国の独立映画集団「青い映像」は3年かけて 被害労働者 と家族を取材し、サムスンの隠された真実を暴露するこのドキュメンタリーを完 成させた。夫の死を究明するために立ち上がる母親。巨大資 本との厳しい闘 い。韓国では2014年3月に封切りされた。★日本初上映★

会場=田町交通ビル6Fホール

http://www.labornetjp.org/news/2014/0726eiga

-----

平和のつどい2014 語り継ぐ、平和を願うメッセージ

平成26年7月26日(土曜日)
午後1時~午後4時15分(午後0時半開場)
なかのZERO 西館小ホール
中野区中野2−9−7
JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口から徒歩8分

中野区では「中野区における平和行政の基本に関する条例」にもとづいて、平和 の意義を普及する活動として、毎年夏に「平和のつどい」を行っていま す。
今年は、落語・講演および映画の上映を下記のとおり行います。
ご家族、お友達とご一緒に参加して、平和について考えてみませんか。

内容 

1.落語・講演 「落語で聴く『実録・東京大空襲夜話』」

講師 柳家さん八 氏 (落語家)
昭和20年3月10日。東京市街地が爆撃され、一夜にして10万人以上の命が奪われ ました。戦争は、戦地も銃後もなく、誰もが犠牲に追いやられる 恐ろしいもの です。
講師の柳家さん八さんは、東京大空襲を題材とした落語を通して、その惨禍を語 り継ぎます。戦後69年が過ぎようとしており、戦争の生存者が減り続 ける中、 戦争の悲惨さ、恐ろしさを改めて考える機会にしたいと思います。
(時間 午後1時~午後2時半)

yanagiyasanpati

2.映画「風が吹くとき」

イギリスの片田舎で平穏な年金生活を送っていたジムとヒルダの夫婦は、核戦争 が近づいていることを知り、政府推奨の簡単な核シェルターを組み立て まし た。そして、ラジオが敵国の攻撃を伝えた数分後、もの凄い光とともに爆風が吹 き荒れ、熱と衝撃が襲います。シェルターで何とか身を守った2人 でしたが、助 けがくると信じて待つなか、2人の体に数々の異常があらわれ始め・・・。
核戦争の恐怖を描いた不朽の名作アニメーションです。
(時間:午後2時50分~午後4時15分)

監督:ジミー・T・ムラカミ  原作・脚本:レイモンド・ブリッグズ
日本語版監督:大島渚   声の出演:森繁久彌、加藤治子
(1986年制作、81分)

当日直接会場へ。先着550名。入場無料。
上記1と2は、個別に参加することも可能です。

手話通訳(落語・講演)、字幕(映画)、一時保育あり
一時保育をご希望の方は7月7日(月曜日)~18日(金曜日)に電話か、電子メールま たはファクス(住所、氏名とふりがな、電話番号、お子さんの 氏名とふりが な、月年齢、性別を記入)で下記の平和・国際化担当へ。先着6人。

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/101500/d017935.html

-----

放射能健診の実現と被曝しない権利の確立をめざす!! 国際連帯集会

日時:7月26日(土)13:30~16:30
場所:シアター1010ギャラリーB・C(マルイビル11階)
(各鉄道「北千住」駅西口下車徒歩1分)
足立区千住3-92千住ミルディスⅠ番館 10F
http://www.t1010.jp/html/access/

参加費:1000円( 失業者・学生500円)
<講演と討論>
・デルテ・ジーデントプフさん(ドイツ・医学博士)
・髙松 勇さん(医師、医療問題研究会)
・福島原発事故被災者
・原爆被爆者(予定)

福島県で89人もの子どもに小児甲状腺がんが見つかり、異常多発(アウトブレイ ク)という厳しい現実が明らかになっています。
ドイツの医師で反核運動に携わるデルテ・ジーデントプフさんを招き、ヒロシ マ・ナガサキとチェルノブイリの教訓から、福島原発事故の健康被害の防 止と 補償、、被曝しない権利の確立を求める運動の方向と展望を学びあう国際集会です。

主催:放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会
実行委員長・井戸川克隆 http://hinan.jimdo.com
連絡先:高瀬 080-1082-9980

-----

『誰のためのTPP?―自由貿易のワナ―』上映会

TPPでどうなるの?新自由主義って何?
短編映画『誰のためのTPP?』の上映と、構成・撮影に携わった安川直佑氏によ るトークイベントに、ナビゲーターとして参加します。
TPPの問題点と新自由主義の野望がよくわかる、上映&トークライブです。

日時:7月26日(土) 開場13時30分、開演14時
会場:緑の党会議スペース
杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビル601

参加費:500円
連絡先:090-8479-9218(佐藤)

上映作品:『誰のためのTPP?―自由貿易のワナ―』 
監督=土屋トカチ/2013/37min.
トークゲスト:安川直佑(構成)
ナビゲーター:川野たかあき

イベント詳細:
https://www.facebook.com/events/684638461590745/

-----

「原子力発電が内包する不経済と不道徳」社会主義理論学会 第66回研究会

日時:2014年7月27日(日)午後2時より
会場:専修大学神田校舎774号室 (会場:専修大学神田校舎774号室)
交通アクセス・地図 http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html
キャンパス案内 http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile /campus.html#map_kanda
報告
森本高央(ジャーナリスト)
「原子力発電が内包する不経済と不道徳」
平松民平(エンジニア)
「非物質的財の生産について考える──生産力の質的発展の先端でのモノづくり──」
資料代:会員は無料、非会員は500円
主催:社会主義理論学会
http://sost.que.jp/

※会員でない方も、研究者でない方もご自由にご参加できますので、
ご関心のあります方は是非ご参加ください。

-----

【アイラブ日本国憲法♡学習会vol.2】
憲法~集団的自衛権~一票の住所差別問題
◆集団的自衛権+一票の投票価値問題◆

日時:2014年7月27日(日)14:30~16:30
会場:株式会社法学館/伊藤塾
東京都渋谷区桜丘町17-5
渋谷駅南改札西口徒歩3分
http://maps.loco.yahoo.co.jp/print?type=scroll&mode=map&lon=139.70118405&lat=35.65608027&z=16

【参加費用】¥500-

制定以来、私たちを暖かく守ってくれている日本国憲法!

でも「正直よくわからない・・」って方いらっしゃいませんか?
こんな愛に溢れた憲法を知らないなんて、ちょっと勿体無いですよ!!
楽しく簡単に‘憲法’の世界をご案内致します♪
2日間ご参加できなくても大丈夫です!
1日ごとに完結しますので、お気軽にご参加くださいね♪

※資料準備の都合により、コメント欄に参加人数を
明記頂けると助かります!

講師:
憲法が好きすぎる弁護士 倉持麟太郎氏 
(衆)0.43票/(参)0.22票 ←国政選挙の投票価値

‘誰かの意見に流れるのではなく、自分で感じて考える’
倉持さんの憲法トークで視野が拡がる事間違いなし☆
-----------------------------------------------------
●憲法愛溢れる、倉持弁護士について●

1983年1月16日生まれ 東京都出身
慶応大学法学部法律学科卒業 中央大学 法科大学院修了
大学時代から憲法研究者を志し、憲法及び法哲学を専攻するが、実務での法理論 の具現化や実践を目指し、弁護士を志望。
弁護士登録後も、研究会での発表や市民学習会の開催等を行っている。昨年7月 には、自民党憲法改正草案の解説で、tvk(テレビ神奈川)の参院選 特番に出演。
2014年9月からは、慶応大学大学院法務研究科非常勤師。
------------------------------------------------------
ところで、何やら、
「『集団的自衛権行使』かくぎけってい」とかなんとか。
改憲派とか護憲派とかなんとか。
これ、日本国憲法に関わる問題なのです!
何が問題で、何が一体どうなるの??
------------------------------------------------------
ついでに、なんと、今の国会・・日本国憲法違反ってご存知ですか??
衝撃的事実ですが、日本の国会、、、
割と長いこと憲法違反なんです!!
理由は、いわゆる『一票の‘格差’』ってアレです。
「一人一票でなくても良い」理論はどの角度から探しても無いのです!
一人一票は当たり前の事、憲法から見てみましょ♪
-----------------------------------------------------

主催:工藤実和子 (衆)0.46票 (参)0.22票

みんなのキニナルを楽しくシェアするイベント企画屋。
オーガニックカフェやSHOP店舗、ピラティスレッスン、時に寺院!
この企画は教室で‘授業スタイル’★
(伊藤塾様ご提供有難うございますー(><))
社会問題や政治を「楽しい」でご提案。
直近の小さな夢は、政治イシュー込みのファッション誌や音楽雑誌を創ることー♪♪

https://www.facebook.com/events/791341754234009/?fref=ts

-----

くらべてみようよ!憲法VS「自民党憲法草案 お話:深井 剛志さん
<明日の自由を守る若手弁護士の会>

7月27日17時20分(開場)17:40~7:40
かがやき亭(杉並区西荻北4-4-4)
☆参加費700円(お菓子ドリンク付)
主催:憲法ひろば杉並(連絡090-1859-6656)

-----

革命カフェ〜新しいムーブメントの作り方〜

日時:2014年7月29日19:30 - 21:00
場所:from Earth Cafe OHANA (ふろむあーすカフェ・オハナ)
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F


らんぼう×ミドリマン×えみむめも

革命カフェ始めます!

革命といっても、、、

『愛』と『喜び』を大切にした新しいカタチの革命

革命ですらない革命

徹底的に非暴力を大切にした革命

あたらしいカタチのムーブメントを作ってきた3人とピースフルな未来をつくる ために語りあいませんか?

地球に生きるいのちのために、どんな未来を描きたいですか?

明るい未来をつくるために

まずはカフェからはじめてみませんか?

参加費:2000円+1オーダー

★えみむめも/本名・中田絵美(なかだえみ)
1980年3月15日生まれ。神奈川県出身。会社員。LOVEデモ代表。
2007年に原発の危険性を知り、脱原発活動を始める。
3.11以降は、会社員をしながら、市民記者として撮影、取材、発信、デモ主催な ど行う。
2012年6月15日に泣きながら撮影した首相官邸前抗議行動の動画がYouTubeで14万 回再生され、話題に。
http://www.youtube.com/watch?v=WCr6rMpvDic

TPP周知の為に製作した『みんなでストップ!TPP』
〔日本語バージョン〕
http://youtu.be/su8-xE8et8Q
がConsumers Internationalによりアニメーション付きの英語バージョンとして 製作され、米国で言論の自由を守る活動を行う有力な民間団体「電子フロンティ ア財団」が記事として取り上げられ、世界中に視聴される。
〔英語バージョン〕
http://youtu.be/JGqREPciMSc

2013年3月、反対するだけではなく、肯定的なアピールを用い、愛で世界を良い 方向に変えていきたいという意志を表明する「LOVEデモ」を開 始。
http://lovedemo.jimdo.com/

★岡田哲扶
1991年喜納昌吉のマネージメントOFFICE (有)チャンプルーズ入社。1992年喜納 昌吉&チャンプルーズと共に活動するエイサーチーム「うるまエイサー」結成。 喜納昌吉&チャン プルーズのライブ、レコーディングなどに参加。また与論島、 沖永良部島、宮古島、鹿児島などでエイサーを指導。各地にうるまエイサーの支 部を創 設。1996年アトランタオリンピック公式文化イベントには、喜納昌吉& チャンプルースとともにエイサー隊100人を率いて出演。他にも 「サバニ・ピー ス・コネクション」、「白船」、「戦争よりも祭りを イラクピースアクショ ン」など喜納昌吉氏発案の平和ムーブメントの事務局を担う。さらに、喜納昌吉 氏の参議院議員在任中は公設秘書も務めた。2013年参 院選に立候補した三宅洋 平の選対本部長として「選挙フェス」をオーガナイズ。現在、日本アーティスト 有意識者会議(NAU)事務局長。

★らんぼう(津高直樹)
あーす☆ガイド代表 。ビジネスプロモーター(売り上げと集客をあげる仕事)。
いのち輝く☆身の立て方大学校長。
1982年北海道札幌生まれ、兵庫県在住。地球一周や様々な先住民の土地を旅 した中で自然と共存し自立した生き方や古来からの教えを学び感銘を受 ける。 一方で、戦争・原発などの問題が起こっている現場を体験。
2008年より、山口県祝島を中心に西日本・ケニアなどで自然と共存し自立した生 き方を学ぶ体験学習型ツアー「スタディロード」を開始。
『いのちが喜ぶコトを仕事にする人』と『平和と自然を大切にする人』
を一人でも増やしていく!
という理念のもと、全国各地を駆け回り12の仕事を行う。『コミニュケーショ ン』『身の立て方』『平和』『環境』『政治』などをテーマに年100 本以上の ペースで講演やワークショップを行っている。

メルマガ
http://merumo.ne.jp/00614225.html
QAB朝日放送
『カヤック隊のオモイ』
http://www.qab.co.jp/news/2011021525873.html

https://www.facebook.com/events/658323214251912/?ref_dashboard_filter=upcoming

-----

地球温暖化のために原発再稼働!? ~原子力ムラのウソをあばく」

http://e-shift.org/?p=3050

日時:2014年7月31日(木)18:30~21:00
場所:ウィメンズプラザ・視聴覚室
(東京・表参道)

原発維持が書き込まれたエネルギー基本計画。原発が動かなくても電力供給には 支障がないことが明らかになった今、日本政府や経団連は、温暖化対策 を原発 再稼働の理由として戦略的に利用しようとしています。

しかし、そもそも日本政府や経団連は、福島原発事故が起きる前でも、本気で温 暖化対策に取り組んでは来ませんでした。そればかりか、現在、原発事 故を良 い理由に、石炭火力発電所の新設や公的支援による輸出も行おうとしています。 完全に世界の流れには逆行していて、温暖化対策を語る資格が全 くないのが日 本政府や経団連です。

温暖化政策の基本は、省エネと再生可能エネルギーへのシフトを進めること。そ れにブレーキをかける日本政府や経団連が「温暖化対策のために原発再 稼動」 を叫ぶ許しがたい現状、それでもだまされる多くの国民・・・。本シンポジウム では、これらの誤解や矛盾を明らかにします。

【日時】 2014年7月31日(木)18:30~21:00
【場所】 ウィメンズプラザ・視聴覚室
渋谷区神宮前5-53-67 東京ウィメンズプラザB1
表参道駅B2出口より徒歩7分。国連大学手前を右周に入り50mほど歩く
青山通り(国連246号線)オーバルビルの前にあるこの看板が目印

http://www.pbls.or.jp/event/map_tokyo-womens-plaza.html

【プログラム(予定)】
1.再稼働に利用される「地球温暖化」
山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)

2.原発は温暖化対策の答えではない
明日香壽川さん(東北大学教授)
・IPCC評価報告書における原子力発電の位置づけ
・原発推進ロジックの問題点:プロパガンダ映画『パンドラの約束』を見て
・温暖化懐疑論と脱原発との残念な関係

3.温暖化を防ぐためにこそ、原発はやめるべき
平田仁子さん(気候ネットワーク)
・「原発停止が気候変動目標を難しくする」は本当か?
・「原発停止により、石炭火力発電の新設が必要」は本当か?

4.メディアの立場から
石井徹さん(朝日新聞編集委員)

【資料代】500円

【主催・問合せ】eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
Tel: 03-6907-7217(FoE Japan内)、info@e-shift.org

http://e-shift.org/?p=3050

-----

すぎなみピースフォーラム2014 平和の大切さを歴史から学ぶ

開催日:
8月1日(金) ~ 8月3日(日)
※開催日時にご注意ください。

開催場所:
産業商工会館
阿佐谷南3丁目2番19号
TEL 03-3393-1501

平和の大切さを歴史から学ぶ。

■展示
・8月1日(金曜)午後1時~8時
・8月2日(土曜)午前10時~午後8時
・8月3日(日曜)午前10時~午後5時

■映画会
【日時】8月1日(金曜)午後6時30分
【作品】「放射線を浴びたX年後」
【定員】150名(先着順)
 
■講演会
【日時】8月2日(土曜)午後1時30分
【内容】
(1)オープニング「うたでつづる平和運動のあゆみ」
(2)記念講演「ビキニ被災60年 第5福竜丸を語りつぐ」
【講師】市田真理(第5福竜丸展示館学芸員)
【定員】150名(先着順)

■証言
【日時】8月3日(日曜)午後1時30分 
【内容】杉並から始まった原水禁署名運動
【定員】150名(先着順)

■いずれも
【参加費】無料
【申込み】当日、直接会場へお越しください。


【お問合せ先】
すぎなみピースフォーラム実行委員会事務局 電話:03-3390-2481

-----

ファシリテーションを体験しよう!WS.Vol.21
〜まる1日ファシリday!〜

日時:8月2日(土)午前10時~午後9時
場所:
午前/なないろハウス
午後/国立市公民館 3F 和室

なないろハウス/電話:070-5010-1447  住所:国立市東4-2-5
JR中央線「国立」駅、JR南武線「谷保」駅より徒歩15分
http://nanairohouse.blogspot.jp/

国立市公民館/電話:042-572-5141 住所:国立市中1-15-1
http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/kominkan/001922.html

タイムスケジュール
10時~13時  @なないろハウス
13時~15時 お昼ご飯&シェアリング(なないろハウスにてワンコインで酵素玄 米ごはん)
~お散歩で移動
15時半~19時 @国立市公民館 和室
19時~21時 晩ご飯&交流会
(公民館にて☆千円ほど)

参加費:3000円(ご飯代はそれぞれ、別途お願いします)

申し込み:matanayuryo.yata@ezweb.ne.jp
080-5017-8008(矢田)

★ナビゲーター:冨田貴史氏
京都在住。ソニーミュージック〜専門学校講師を経て、全国各地で年間300本以 上のイベント・ワークショップを続けている。ワークショップのテー マは暦、 エネルギー、手仕事(茜染め、麻褌、鉄火味噌など)自家発電など。『原発事故 子ども・被災者支援法」を活かす市民ネット代表。
大阪中津に養生のための衣食を自給する冨貴工房オープン。著書「わたしにつな がるいのちのために」「今、わたしにできること〜目に見えないものを みつめ て生きていく〜」ほか。http://takafumitomita.blogspot.jp/

2012年6月20日の都議会本会議で、「原発」都民投票の直接請求は
東京都で32万筆をこえる署名が集まったにもかかわらず
自民党、公明党には、ほとんど話しも聞いてもらえないまま、否決されました。

その時に思ったことは、否決されたことの悔しさより、
意見の違うもの同士が対立を越えて話し合うことがいかに重要かということです。

以来、対立ではないコミュニケーションの手法を学ぶ場として
ファシリテーション体験ワークショップを開催しています。

今回の一日WSでは「コミュニティとファシリテーション」をテーマに開催します。

いま、新しいところでは、各地でトランジション運動や地域での市民発電所の開設
まちづくり、地域通貨、古くからあるものとして自治会、PTA、趣味のサークルなど

自分達が暮らす場所で、人々と繋がり、交流し
足元から地域づくりや仲間づくりをする「場」としてコミュニティの存在があり ます。

現代では、SNSなどネット上に、趣味や思想信条を同じくする人達が集うコミュ ニティもあり
そこから新たな文化、思想、ライフスタイルも生まれています。

また、政治的な活動グループのようなコミュニティもあり
ネット上での発信や情報共有、集会やデモなどの運動も行なわれています。

見渡してみると私たちの周りには多種多様なコミュニティが存在しています。

そして私たちは、同時にいくつものコミュニティに属し
ゆるやかな繋がりの中で、往来しているように思います。

そして、そういった活動が活発になればなるほど、その中での人間関係
合意形成のプロセスが重要になってくるのではないでしょうか。

コミュニティを継続するためには、何が必要なのか
私たちは、何を大切にすればいいのか

今回、ファシリテーションの視点から考えてみたいと思います。

*一日参加を優先とさせていただきますが、
途中参加、退出になるという方、ご相談いただければ大丈夫です。
よろしくお願いします。ぜひ、この機会にご参加くださーい!

主催:ファシリテーションを学ぶ会inくにたち

https://www.facebook.com/events/527098607419843/?ref_dashboard_filter=upcoming

-----

ツキイチ劇場・映画「SAYAMA」上映&トーク「金聖雄監督を解剖する!?」

8月2日 SAYAMAツキイチ劇場 
14時30分 開場
15時   映画「SAYAMA」上映
17時~19時 トーク「金聖雄監督を解剖する!?」

在日本韓国YMCA スペースY
(千代田区猿楽町2-5-5 03-3233-0611)
JR水道橋駅徒歩6分、地下鉄神保町駅徒歩7分

チケット 1500円

8月2日ツキイチ劇場は映画「SAYAMA」上映に加え、トークイベント「金聖雄監督 を解剖する!?」を開催。

ディレクター歴、監督歴25年。
金聖雄の作品は、映画だけでなく、
テレビ番組・展示映像・ビデオなど幅広い。

金聖雄監督の映像世界を探検。
製作現場での隠されたエピソードを暴露!?

トークゲスト
吉村喜彦(作家)
小林静子(プロデューサー)
陣内直行(プロデューサー)

問い合わせ:映画「SAYAMA」製作委員会
TEL/FAX:042-316-5882

http://sayama-movie.com/news/2014/0719375.html

-----

日本原子力学会シニアネットワーク連絡会(SNW)
第 15 回シンポジウムのご案内
「責任ある原子力総合政策を!〜第 4 次エネルギー基本計画の具体化にむけて」

日時: 2014 年 8 月 2 日(土)13:00~17:30 (開場 12:30)
場所: 東京大学武田先端知ビル 5 階ホール
文京区本郷7-3-1

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html

主催:(社)日本原子力学会シニアネットワーク連絡会 (SNW)

共催:エネルギー問題に発言する会、エネルギー戦略研究会(EEE会議)
後援(予定):日本原子力産業協会、原子力安全推進協会、日本原子力文化財 団、 NPO 法人日本の将来を考える会(IOJ)、日本エネルギー会議、 原子 力国民会議、原子力の安全と利用を促進する会

参加登録:7 月 29 日(金)までに参加登録をコピーし、snw-sympo@aesj.or.jp 宛
送信下さい。個人情報は本シンポジウムの目的以外には使用致しません。
参加費: 1,000 円(会場借用料、資料代として) ただし学生は無料
懇親会: 17:40 から懇親立食パーティ、会費:3,500 円(ただし、学生は 1,000 円)
是非ご参加いただき、講師やパネリスト、参加者相互の交流を深めて下さい。

http://www.aesj.or.jp/~snw/media_open/document/sympo15_140802.pdf

-----

=================
第28回月1原発映画祭/交流カフェ
インドの原発をめぐって
「ハイ・パワー:大いなる力」上映+インドゥルカー監督トーク
=================

■日時:8月2日(土)17:00~(開場16:30)

■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
よみせ通り、 延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側2軒目。
築54年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。

■予約方法:以下いずれかの方法で予約してください。
1.申込みフォーム
・上映+トーク:http://kokucheese.com/event/index/196347/
・交流カフェ:http://kokucheese.com/event/index/196349/

2.メール tukiichieigasai@jtgt.info
*件名を「月1原発映画祭申込み」として
参加者氏名(複数お申し込みの場合は全員のお名前をお書きください)、
参加内容(上映+トーク、交流カフェ)を明記してください。

3.電話 090-1265-0097(植松)

*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。

チラシ:http://www.jtgt.info/sites/default/files/2014-07-19-1.pdf

■映画「ハイパワー:大いなる力」について
1964年建設のタラプール原子力発電所は、インドで最も古い原発。
当時は熱狂的に迎えられ、地元の人々はその発電所を
「ハイ・パワー」(大いなる力)と呼んだ。しかし原発周辺の住民は
貧困や病に苦しみ、約束されたはずの夢とはかけ離れた苦境の中で生きている。
インドが国策として進めてきた原子力発電所とは何だったのか? 
都市に住む人間として葛藤する主人公の目を通して、
タラプールに起こった出来事を描き出す。(2013年/インド/27分)
http://badseaweed.wordpress.com/2014_highpower_japan/

■監督に ついて
機械工学の専門家、科学技官として、1980年代より
BARCバーバ原子力研究センターに12年間勤務。
1994年、自身の体調悪化を感じて同センターを退所後、
環境教育者としての活動を開始。
2009年、ジャイタプール原子力発電所に関わる運動に加わり、
反原発の立場から2年かけて「ハイ・パワー:大いなる力」を完成させた。

■プログラムと参加費
【上映+トーク】
17:00~17:30 「ハイ・パワー:大いなる力」上映
17:30~18:30 プラディープ・インドゥルカー監督トーク
・定員:30名
・参加費1000円

【交流カフェ】 
18:45~20:00 
・定員:20名(上映+トーク参加の方を優先します)
・参加費:500円(軽食+ワンドリンク付)


■ 主催:地域から未来をつくる・ひがし広場
http://www.jtgt.info/

-----

★むさしの市民エネルギー設立記念フォーラム
「むさしので市民発電を!む〜ソーラープロジェクト始動!」

【記念講演】飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所所長)
「地域からのエネルギー変革が引き起こす人類史第四の革命」

【日時】2014年8月2日(土)18:30-20:30
【会場】武蔵野公会堂 第1・第2合同会議室
武蔵野市吉祥寺南町1丁目6−22
JR吉祥寺駅南口から徒歩2分。井の頭公園に向かう途中にあります。

【参加費】500円(資料代) 【定員】100名 ※開場18:10
※申込多数の場合は武蔵野市民を優先させていただきます。

【主催】NPO法人むさしの市民エネルギー 【後援】武蔵野市
【お問合せ】090-2474-7911(鎌内)
【お申込み】メール musolar2013@gmail.com
      ファクス 0422-36-3767

★おもな活動内容
○地球温暖化やエネルギー問題についての啓発活動
○市民が資金を出し合い設置・運営する市民共同発電
○政策提言 ○関連する様々な取り組みや団体との交流

★入会方法

いつでも受付いたします。メールもしくは8/2のフォーラム当日に受付でお申込 み下さい。

【会員】(年会費2,000円)
活動に参加・協力いただける方。総会議決権があります。
【賛助会員】(年会費一口10,000円)
財政的にご支援下さる個人・団体。
【賛同人】(年会費無料。寄付大歓迎!)
会報やイベントのご案内をお送りします。

https://www.facebook.com/musolar2013/posts/331307760327504

-----

みたか市民協同発電設立記念フォーラム

8月3日(日) 14:00~16:40
三鷹市市民協働センター第一会議室
三鷹市下連雀4-17-23

中央線三鷹駅より:
徒歩・・・
約15分
小田急バス・・・
②番のりば 国際基督教大学・調布駅北口(鷹51)・武蔵小金井駅・大沢・大沢 十字路・竜源寺行き
③番のりば 深大寺・神代植物公園前行き
⑦番のりば 仙川・晃華学園東・杏林大学病院・新川団地中央行き
八幡前下車 徒歩3分

⑤番のりば 調布駅北口(鷹56)行き
八幡前・芸術文化センター前下車 徒歩5分
京王線調布駅より:
小田急バス・・・
⑪番のりば 三鷹駅(西野経由)行き 八幡前下車 徒歩約3分
京王線仙川駅より:
小田急バス・・・
①番のりば 三鷹駅行き
八幡前下車 徒歩約3分

(13:30受付開始)

上映映画「シェーナウの想い」13:45~14:45
講演「ドイツのエネルギー・シフト―市民が果たした役割―」
弁護士 千葉恒久さん14:45~15:30
意見交換会15:40~16:40

http://mitakahatsuden.blogspot.jp/

-----

伝えよう平和への思い「ひめゆりは散っても」(座・高円寺)

【開催日】8月3日(日)午後2時30分~4時
【開催場所】座・高円寺(芸術会館)  高円寺北2丁目1番2号  施設案内
TEL 03-3223-7500(受付時間:午前10時~午後6時)
FAX 03-3223-7501

修学旅行で沖縄を訪れた女子高生が、太平洋戦争末期にタイムスリップ。そこで 出会ったのは、沖縄陸軍病院に看護要員として動員され、暗い壕の中で 昼夜負 傷兵の手当てをする同じ年頃の女学生達でした。沖縄戦ではかなく散っていった ひめゆり学徒隊の手記をもとに、平和への切なる思いを、次世代 へと語り継ぐ 物語です。

【内容】戦後69年、沖縄戦ひめゆり学徒隊の手記をアナンサーが朗読

【出演】
・朗読:Swimmy LLP(フリーアナウンサー・長谷川直子ほか7名)
・詩の朗読:濱本舜
・ピアノ:東恵以子
・バイオリン:曽我かおり
・三線:とぅるるんてん

【対象】小学生以上の方
【定員】290名(申込順)
【参加費】大人:2,500円、小・中学生:1,000円
【申込み】
FAXまたはEメールで、『行事名(伝えよう平和への思い「ひめゆりは散って も」)、〒・住所、氏名(フリガナ)、年齢、電話番号』を書いて、ス イミー 事務局(FAX:03-6750-4444、Eメール:ask@swimmy.co.jp)へお申し込みくだ さい。
事前申込先着順

【お問合せ先】
スイミー事務局 Eメール:ask@swimmy.co.jp 電話:090-7189-6567

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/event/event.asp?event=21971

-----

緑の党 政策フォーラム
8月9日(土)~10日(日)

 緑の党は、2012年発足時にまとめた「基本政策集」を最新社会状況に対応して アップデートするとともに、2015年4月の統一自治体選挙に向 けた自治体選挙政 策集「ローカルマニフェスト」も策定作業中です。

 今回の政策フォーラムでは、これらの作業の集約を公表して議論を深めるとと もに、国際的な視野と国政動向も踏まえながら、地域から「緑の政治」 を発信 しつくりだしていくために、豪華な講師陣を迎えた講演やパネルディスカッショ ンなどもおこないます。
 緑の党会員のみならず、多くみなさんのご参加をお待ちしています。

8月9日(土)               
=============================================================
時間:午後2:30(受付開始 2:00)~午後8:00
場所:文京区民センター
    〒113-0033 東京都文京区本郷4-15-14
    http://www.city.bunkyo.lg.jp /sosiki_busyo_kumin_shisetsu_kumincenter.html

▲午後2:00~ ミニフォーラム「政策熟議」
          緑の党メンバーが個別政策テーマで企画
▲午後5:00~ 「緑の党・ローカルマニフェスト」発表
          統一自治体選挙対策本部の発足公表など
▲午後6:00~ 記念講演 秋葉忠利さん 前広島市長
▲午後8:30~ 交流会

8月10日(日)
=============================================================
▲時間:午前9:30(受付開始9:15)~午後3:00
▲場所:文京シビックセンター
      〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21
      http://www.city.bunkyo.lg.jp /sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

シンポジウム「地域からはじめる緑の政治」

▲午前 9:30~ テーマセッション
   ●グローバル経済から里山資本主義へ
       駒宮博男さん NPO法人地球の未来 理事長
   ●国家戦略特区と地域経済
       奈須りえさん 前大田区議
   ●地域循環経済
       真下俊樹さん 日本消費者連盟 共同代表

▲午前11:10~ フリーディスカッション ~ローカルマニフェストについて~
▲午後 1:15~ パネルディスカッション (シンポジウムスピーカー&秋葉忠利 さん)
    参加者との意見交換

<参加費 各日:1000円 2日間通し:1500円>


================= 講師プロフィール =========================

★秋葉忠利さん  MPI(中堅国家構想)議長・前広島市長akiba
1942年、東京生まれ。東京大学理学部数学科・同大学院修士課程卒業。マサ チューセッツ工科大学でPh.D. を取得後、ニューヨーク州立大学、タフツ大学等 で教鞭をとる。世界のジャーナリストを広島・長崎に招待し、被爆の実相を伝え て貰う「ヒバクシャ・トラベ ル・グラント・プログラム」の運営に携わり、そ の後、広島修道大学教授に。1990年から衆議院議員を10年近く務めた後、1999年 に広島市長 就任。3期12年在職中、平和市長会議会長を務め、440ほどであった 組織を、約5,000の都市が加盟・賛同する組織に育てる。その後2014 年まで広島 大学特任教授、AFS日本協会理事長。


★駒宮博男さん NPO法人地球の未来 理事長komamiya
1954年、横浜生まれ。東京大学中退。高山研究所を経て、(株)ヘルス・プログラ ミング設立。仕事の傍ら、意味論、認識論について本格的に研究 開始。現在、 NPO法人地球の未来、ぎふNPOセンター理事長、地域の未来・志援センター副理事 長その他。1993年より岐阜県恵那市三郷町に居 を構え、食の自給を目指す。


★奈須りえさん 前大田区議員nasu
市民シンクタンクまちづくりエンパワメント代表。1961年、東京生まれ。東洋英 和女学院短期大学英文科卒業後、1992~1997年まで香港滞 在。2002年、大田・ 生活者ネットワーク政策委員長を務めたほか、地元大田区の育児、環境、遺伝子 組み換え食品の問題などに取り組んできた。 2003年に大田区議会議員初当選を はたし、以後、都市環境、教育など広く活躍。


★真下俊樹さん 緑の政策研究家 日本消費者連盟 前共同代表mashimo

東京大学在学中の1978年に独立の研究団体である市民エネルギー研究所を共同設 立。以後、原子力と気候変動のないエネルギー需給体制の調査・研 究を行い、 各種報告書を公表している。2001-2007年に、コーデックス委員会のバイオテク ノロジー応用食品特別部会に出席。現在、日本消費 者連盟共同代表を務める。

http://greens.gr.jp/event-info/11727/

-----

「ヴァンダナ・シヴァの いのちの種を抱きしめて with辻信一」上映会&トー ク&オーガニックインド料理

この夏、きになるプロジェクトは、マクロビ料理研究家の安田美絵さん主宰のル ナ・オーガニック・インスティテュートと共催。
ヴァンダナ・シヴァさんの映画をみんなで観たあとは、『サルでもわかる TPP』著者の安田美絵さんのお話を聞きます。
お昼は、美味しいインド料理をみんなで楽しく食べながら、食べ物のことや未来 のことなどをみんなで一緒にお話いたしましょう。

種や食のことを知り、考え、美味しいインド料理を食べながら、みんなで一緒に お話ししてみる楽しいイベントです。
お気軽にご参加ください。

◆日時:8月16日(土) 11:00~14:30

◆料金:2500円(食事など全て込みです)

◆場所:OrganicBar「たまにはtsukiでも眺めましょ」 http://goo.gl/mUxEBe
東京都豊島区池袋3丁目54−2 
迷ったら電話ください→090-6001-9048木村まで

◆定員:14名

◆プログラム
〇映画上映11:00~12:00
〇安田美絵さんのおはなし:12:00~12:45
〇ランチ&感想のシェアリング:12:45~14:30

★映画
ヴァンダナ・シヴァは、世界的に有名なインドの環境活動家であり科学者。
「タネの自由がなければ、わたしたちの自由もない」と断言する彼女は、人間の 命の源でもある作物のタネを守ることによって、自分たちの自由と社会 正義を 守ろうと、農園をつくるなどして日々活動している。
そのヴァンダナ・シヴァを、辻信一(環境運動家、文化人類学者)が訪ね、彼女 の生い立ちから、グローバリゼーション、遺伝子組み換え、生きる歓び まで、 幅広く語ってもらった魅力的なドキュ¬メンタリー。

★解説者:安田美絵
マクロビオティック料理研究家、市民活動家。
食の選択によって健康を実現できるだけでなく、環境を守り、社会を改善でき る、と料理教室や講演によって訴えている。
著書『サルでもわかるTPP』『こんなに危ない子宮頸がんワクチン』
最新作は「サルでもわかる遺伝子組換え」http://gmo.luna-organic.org/

★ランチメニュー
料理研究家でもある安田美絵のレシピによる、オーガニックでベジタリアン仕様 のとってもおいしいインド料理です。

〇豆の旨みを生かしたやさしい味のカレー~チャナマサラ
〇豆乳ヨーグルトと天然酵母でヘルシーおいしい~ナン
〇エキゾチックな味のハーモニーが感動的~ライタ(ヨーグルト野菜サラダ)
〇アップルラッシーまたは豆乳チャイ(いずれもノンシュガー)

☆ナンもライタも、中に入れるヨーグルトは豆乳ヨーグルトを使い、ナンもベー キングパウダーを使わず、天然酵母で膨らませます。

◆主催:きになるプロジェクト
https://ja-jp.facebook.com/Kininaruproject
担当:木村
ルナ・オーガニック・インスティテュート
http://luna-organic.org
担当:安田

◆申込:http://ow.ly/zdWiz
←お申し込みは、必ずこちらからお願いいたします。なお、Facebookページでの 参加表明だけでは正式なお申し込みとはなりませんので、ご注 意ください。
お振込先などはお申込みいただいた方にメールにてお知らせいたします。

◆お問い合わせ:木村090-6001-9048 
安田 03-3443-2991 info@luna-organic.org

※イベント終了後は、ふみふみBARとなります。https://www.facebook.com /fumifumibar?ref_type=bookmark
寺田本家の美味しいお酒やこだわりの食材でつくるおつまみでお楽しみください。

https://www.facebook.com/yosuke.iguchi.90/posts/10203013422635477:0

-----

[9条・解釈改憲]にどう対峙するのか  8.16公開討論会 

◆8月16日(土)14:30~17:00(開場14:00)
◆弘済会館 4階会議室
千代田区麹町 5-1
(JR中央線・総武線「四ッ谷駅」麹町出口徒歩5分/地下鉄丸ノ内線・南北線 「四ッ谷駅」1番出口徒歩5分) 
◆参加費/1000円

◆発言 宮台真司さん:社会学者/想田和弘さん:映画作家/今井 一さん: ジャーナリスト           
安倍政権が強引に進める「集団的自衛権の行使容認」/憲法が壊され、立憲主 義、国民主権が侵されていく/私たちは主権者として何をなすべきか、何 がで きるのか デモ? 集会? 選挙? 国民投票?

憲政と平和の危機、9条・解釈改憲にどう対峙するのか/意見を異にする気鋭の3 人が、本音で語りぶつかり合います

戦争の放棄と国際平和主義を謳った憲法 9条を、国政の根本に据えなおすために /安倍政権の暴走を許している民主主義の危機と不在を、足元から再構築するた めに/真に有益な議論を交わす場へ あ なたのご参加を!

◆主催(連絡、問合せ)/東京・生活者ネットワーク
(TEL.03-3200-9189 FAX.03-3200-9274 tokyo@seikatsusha.net)
http://www.seikatsusha.me/news/2014/07/07/6434/

-----

飯田茂実と身につける『みくさのみたから=生き心地よい皆元のすべ』


東京では久しぶりとなる日曜日の集い!
お盆明け〈たなそえの夕べ〉をお楽しみに!

***********************

【日時】2014年8月17日(日)17:30~20:30
30分まえに開場しております。
開始時間に間に合うよう
少し早めにお越しください。はじめの3分間を取りこぼしなくお願い致します。

【会場】荻窪体育館・武道場
〒167-0051 荻窪3丁目47番2号
JR中央線・東京メトロ丸ノ内線 
荻窪駅から 徒歩7分

【参加費】3000円

赤ちゃん・お子さまは無料です。
みくさのみたから諸國の集いの主催者さんは無料です。
貯金のない方も無料です。
受付でお申し出ください。

【持ち物】
筆記具(大きめの帳面)
声録り小箱を持っておられる方には
語りの音録りをお勧め致しております。
雷のチカラをしっかり蓄えておけば
虹色の綾なす板(ケータイ)でも音録りできます。

【服装】
汗をかける服装・着替えをご支度ください。
ゆったりとした動きやすい着物がおすすめです。

【お宿】
遠くから来られる方はご相談ください。

【その他】
子育てしている親御さん・妊婦さんのご参加、大歓迎。

体調の優れない方、慢性病の方もぜひご参加ください。
農業・医療・芸術・武術・教育などの関係者も大歓迎です。

【お問い合わせ先】

当面、このページへご記入ください。
https://www.facebook.com/events/876138302413124/?ref=2&ref_dashboard_filter=upcoming

************************


この国に伝わる三種之身宝(みくさのみたから)を、
世界で活躍するアーティスト飯田茂実が直伝します。

かつて誰もが身につけていた
昔ながらの いのちの術(すべ)。
〈みくさのみたから たまちのすべ〉は、
漢医学や西洋医学が入ってくるはるか前から
人びとのあいだで ひろく用いられていました。
 
痛いとき、苦しいとき、名病みが生まれたとき、
生き心地よく 楽になるすべを、直に、すぐに、
自分のいのちから 引きだす術でもあります。

日ごと気楽に充ちたりて、心地よく暮らす元気の術。
芸術、療術、武術など、あらゆる術のみなもとの術。

「ちのみちとおす」
「たなそえる」
「ましないかしる」

みっつでひとつ 末広がりな皆元のすべを
やさしく 身につけ 取りもどす集いです。

身につけているか、いないかで、
生き心地にも、人づきあいにも、医療費にも、
ぐっと差が出て参ります。

世界13ヶ国で絶賛を浴びた
〈百万ユーロの集い〉 !
お誘い合わせて お楽しみにどうぞ!


みくさのみたから諸國めぐり
12月までのお知らせ頁はこちらです。
https://www.facebook.com/events/1375067699404949/


************************

みくさのみたから ってどんな術?


 ひとつ

誰にでも すぐにやさしく身につけられて
いつまでも楽しく続けられる みっつでひとつのすべ、
日ごと お互い 生き心地よく晴れやかに
綾かりあって暮らしていく 昔ながらの皆元のすべ。

 ふたつ

いたみ くるしみ なやみが生まれたとき
すぐに よろこばしく たのしく おもしろくなれるよう
身ずから じかに いのちとつながって、
いのちならではの ゆたかなちからを 引きだす すべ。

 みっつ

ちはやふる いのちの経めぐりを 味わいながら
チカラをあわせて まつりや うたげを 楽しむすべ。
神之依代(かみのよりしろ)になれるよう日ごろから
互いにしたくを 楽しんでおくすべ。

************************

飯田茂実(いいだ・しげみ)
演出家・ダンサー・小説家

1967年信州諏訪生。
民話の語り部だった祖母に育てられる。
幼少期より、柔術、鍼灸、和歌、舞踊、和太鼓など、
様々な伝統術を学び「みくさのみたから」を身につける。
二十歳で志をいだいて故郷をはなれ、
京都大学で世界文学を、南禅寺で禅を学ぶ。
大野一雄・大野慶人の助手を務めてダンスと演出を学び、
ピナ・バウシュとアラン・プラテルの知遇を得て、
ドキュメンタリー・ダンス・シアターの創作をはじめる。

1998年よりマルチ・アーティストとして国際的に活躍、
これまで20ヵ国に招かれて集団創作の指揮・公演をおこない「人間アート・セン ター」「シャマン・イイダ」と称される。ダンス・音楽・美術・シア ター・文 学・療術など、
様々なジャンルを身ずから統合していく活動は、
学術的な研究対象にもなり、国際的に高く評価されている。
著書に『一文物語集』『ダンスの原典』
『とっておき名短篇(宮部みゆき・北村薫選)』など。

************************

【広島での集い 主催者からの御挨拶】


フランス唯一の国立現代ダンス・センター
CNDC Angersは、
コンテンポラリーダンス専門の学部・大学院を持ち、 ダンス芸術を極めんとす る若者たちが
世界各国から選抜されて集まっています。

ぼくがここに留学していた時に、プロフェスール(教授)として
現れたのが飯田茂実さんでした。
踊りを通して、からだを、こころを、いのちを、
ドーンと肯定して、解き放つような稽古。
ダンスの技巧うんぬんをはるかに超えた
「みくさのみたから」。

ぼくらは熱狂的に踊り、術を身に沁みこませ、
心地よく生きる糧としました。
それは、すでにこの身におぼえのある、懐かしいことでした。
踊りを専門とする人でなくとも、あらゆる人々にとって、必要なことでした。

たとえば、飯田さんの稽古では、
次のようなことがあたりまえに起きます。

肩・首・頭の痛みが抜ける。
腰の痛みも消える。
シコリのようだった想いがとけて散っていく。
自分の存在を根元から肯定できるようになる。
いろんな潜在能力が目覚めはじめる。
明るくさわやかな顔で生きるきっかけになる。

もちろん飯田さんの受け継いだ
昔ながらの術「みくさのみたから」は、
こうしたことをはるかに越えた何かです。

フランスでの衝撃の出会いから2年あまり、このたび地元広島に飯田さんをお招 きして、
「100万ユーロの集い」が実現することになりました。

皆様の参加を心からお待ちしています。


 國本文平

【伝え手からの御挨拶】

みくさのみたからは もちろん、
ダンスとしてもマジカルな皆元の術です。
みんなダンスが大好きになって踊りだします。
     
世界あちこちのダンス界に今
みくさのみたから/わのおどりは
すごい勢いで広まっています。

「身につけていないダンサーはモグリ」
みたいな状況になってきて、
みたから仲間 みんなびっくりです。

舞踏の皆元・大野一雄先生もまた
身につけておられたこと。
踊念仏・大野舞踏・野口整体などを含め、 この國の身体文化を生みだした皆元 の術です。
    イノチとじかにつながって、
イノチを味わい楽しむすべ。
      
かつて八百万の神さまが
天の岩戸をひらいて闇=病みを払い、
光を取り戻したときにも、
まさにみたりの神さまによって
みっつでひとつ〈たまちのすべ〉が使われました。

あらゆる術の皆元にある、きわめつけのすべ。
  
みくさのみたから=たまちのすべは、
もちろん日ごとの暮らしのなかで
おたがい やさしく たのしめます。

かむながらの皆元を身につけ取り戻した人は
皆元だけでこと足ります。

今こそイノチの皆元へ戻っていく潮時でしょう。

ぜひとも身ずから身につけ取り戻してみてください。

誰でも生き心地よく暮らしていけます。
  
集いは笑いにあふれております。
時には泣きだす方もおられます。


 飯田茂実

https://www.facebook.com/events/876138302413124/?ref=2&ref_dashboard_filter=upcoming

-----

ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~上映会
http://johnrabe.jp/
https://twitter.com/johnrabe_jp

■日時・チケット
2014年8月23日(土)
第1回目 12:00開場 | 12:30上映 | 15:10シンポジウム※
チケット料金 1800円
第2回目 16:30開場 | 17:00上映
チケット料金 1500円
※シンポジウム
・永田浩三さん 元NHKプロデューサー・武蔵大学教授
・鈴木邦男さん 「一水会」顧問
・永田喜嗣さん ジョン・ラーベ研究家・大阪府立大学
※チケットはWEBまたは電話にてお求め下さい。
WEB http://johnrabe.jp/
電話 0120-240-540 カンフェティチケットセンター

■場所 文京シビックホール【小ホール】
■交通
・東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅>【直結】
・都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前)>文京シ
ビックセンター連絡通路【直結】
・JR中央・総武線水道橋駅>【徒歩約10分】

この度、8月23日(土)、文京シビックホール 小ホール(東京・文京区)にて上 映会を行うことになりました。
また、上映と併せてシンポジウムも開催します。パネラーとして、
永田浩三さん(元NHKプロデューサー)、
鈴木邦男さん(「一水会」顧問)、
永田喜嗣さん(ジョン・ラーベ研究家、大阪府立大学)
がご登壇される予定です。
多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。
「南京・史実を守る映画祭」実行委員会

■お問合せ 「南京・史実を守る映画祭」実行委員会
MAIL. info@jijitu.com

【ストーリーなど】

日中戦争が始まって間もない1937年12月。日本軍は中華民国(蒋介石)の首都南
京へ侵攻し陥落させた。首都機能はすでに重慶へ移転しており、数十万の市民と
中国兵士、そして十数人の欧米人が南京に残留した。残った欧米人たちは、迫り
くる日本軍から市民を保護する為、南京安全区国際委員会を設立、その委員長に
選ばれたのがシーメンス南京支社長のジョン・ラーベだった。本作品は、ラーベ
と国際委員会メンバーの人道的活動を史実を基に描く。

ドイツ映画賞で主演男優賞・作品賞・美術賞・衣装賞を受賞、バイエルン映画賞
では最優秀男優賞・最優秀作品賞を受賞した傑作。日本では上映不可能とまで言
われた本作品がついに日本初公開!

http://johnrabe.jp/

-----

夏休み平和映画会 上映作品「一枚のハガキ」(無料)

日時:8月23日(土)午後1時30分開始 
場所:西東京市民会館公会堂
西東京市田無町四丁目15番11号
西武新宿線田無駅北口下車徒歩8分
参加費:無料

「広島報告」の後、映画の上映を行います。

『一枚のハガキ』は、撮影当時98歳という日本最高齢監督の新藤兼人が監督を務 めた2011年の日本映画。
新藤兼人自身の実体験に基づき、戦争で家族を失った男女の姿を映し出していま す。豊川悦司、大竹しのぶといった歴代の新藤作品に出演した豪華俳優 陣が集 結しています。
国内外の映画祭でも高い評価を受けてきた巨匠が作品に込めた、反戦への強い思 いに胸を打たれる作品です。2012年1月18日、第85回米アカデ ミー賞外国語映画 賞に日本代表として出品されましたが、ノミネートは逃しました。同年3月19日 にも第6回アジア・フィルム・アワードの作品賞、 脚本賞の候補に挙がりました が、受賞は逃しています。

あらすじ

戦争末期に召集された100人の中年兵は、上官がくじを引いて決めた戦地にそれ ぞれ赴任することになっていた。クジ引きが行われた夜、松山啓太 (豊川悦司) は仲間の兵士、森川定造(六平直政)から妻・友子(大竹しのぶ)より送られてきた という一枚のハガキを手渡される。「今日はお祭りで すがあなたがいらっしゃ らないので何の風情もありません。友子」

検閲が厳しくハガキの返事が出せない定造は、フィリピンへの赴任が決まり、生 きて帰って来られないことを覚悟し、宝塚へ赴任する啓太にもし生き 残ったら ハガキを持って定造の家を訪ね、そのハガキを読んだことを伝えてくれと依頼する。

戦争が終わり100人いた兵士のうち6人が生き残った。その中の一人、啓太が故郷 に帰ると、待っている者は誰もおらず、家の中は空っぽだった。啓 太が戦死し たという噂が流れ、恋人同士になってしまった妻と啓太の父親は、啓太が生きて 帰ってくるとわかり二人で出奔したのだった。生きる気力を 失い、毎日を無為 に過していた啓太はある日、荷物の中に定造から託されたハガキを見つける。

一方、夫を亡くした友子は悲しみに浸る間もなく、舅姑から自分たちは年老いて 働けないのでこのまま一緒に暮らしてほしいと頼まれる。その上、村の 習わし で長男が死んだら次男が後継ぎとなることが決められており、友子には次男の三 平(大地泰仁)と結婚をしてほしいという。他に身寄りのない友 子は、愛する夫 との幸せな人生を奪った戦争を恨みながらも、定造の家族と生きていくことを承 諾する。ささやかな儀式で夫婦となった友子と三平だっ たが、しばらくすると 三平も戦争に招集され戦死。その後、舅と姑が立て続けに死に、ひとり残された 友子は定造の家族が唯一残した古い家屋と共に朽 ち果てようとしていた。

そんなある日、ハガキを持った啓太が訪ねてくる。クジ運だけで自分が生き残っ たことに罪悪感を感じる啓太と、家族も、女としての幸せな人生も、何 もかも 失ってしまった友子。戦争に翻弄されたすべてを奪われた二人が選んだ再生への 道とは……。

http://www.ichimai-no-hagaki.jp/sub/hagaki.html

https://www.facebook.com/events/1449007475351322/?ref_newsfeed_story_type=regular

-----

シンポジウム「玉川上水、いきものたちの通り道」

日時:8月31日{日}午後2時~4時20分{開場1時半}
場所:小平市中央公民館ホール
西武多摩湖線青梅街道駅より徒歩5分
資料代:300円
定員180名
参加申込み:http://kokucheese.com/event/index/193209/
問合せ=042-347-0153[りー]satoko.lee@gmail.com

生物多様性はなぜ大切なのか。玉川上水が、どのように東京の生物多様性を支え ているのか。大きな視点をとらえつつ、明治神宮境内で40年ぶりに行 われた生 物総合調査の報告も含め、地域の観察からみえてくることを通じて,玉川上水の 新たな価値を見いだします。

パネリスト

道家 哲平(どうけ てっぺい) 
公益財団法人 日本自然保護協会 保護・研究部 
国際自然保護連合(IUCN)日本委員会事務局担当

新里達也 (にいいさと たつや)
㈱環境指標生物 第二次明治神宮境内総合調査事務局
 
松沢友紀(まつざわ とものり)
学び舎江戸東京ユネスコクラブ理事

主催:ちいさな虫や草やいきものたちを支える会 協力:玉川上水ネット

http://kokucheese.com/event/index/193209/

-----

*内容等詳細につきましては各主催団体へお問い合わせください。

井口

« 集団的自衛権を阻止する575/57577 がついに500に達しました。 | トップページ | 電気代不払い革命!不払いの 意義を考える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/60028464

この記事へのトラックバック一覧です: イベントカレンダー:

« 集団的自衛権を阻止する575/57577 がついに500に達しました。 | トップページ | 電気代不払い革命!不払いの 意義を考える »

カテゴリー