無料ブログはココログ

« 君はそれ以上 | トップページ | 君は宮森事件を知っているか? »

おは!Twitter俳句(杉の実

歯痛で38度の熱が出て、眠れない夜があった。歯医者の予定日まで待って行くも、治療中の歯の具合を一週間見てからという事で、化膿止めや痛み止めは貰ったが悪い歯の治療はまだしてない。


治療の順番を変えてくれと言い出せなかった小心者の自分がいました。
新日本歌人総会の碓田講演の文字起こしに苦労している。
音声自動文字起こしシステムが欲しい。

この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★
twryossyさんのツイート:おは! RT @twryossy

2014年10月20日(月)

@twryossy 真っ白なヒマラヤスギの実昂然たり 公彦

★ヒマラヤスギは名前に「スギ」と付くが「マツ科」の「ヒマラヤスギ属」で松の仲間だそうです。従ってヒマラヤスギの実は、杉ぼっくりでも、なんでもなく「ヒマラヤスギの松ぼっくり」と呼ぶらしい。
写真を見て作りました。出所http://blog.goo.ne.jp/goo2468_1942/e/eee99ab66e862c5ee2cb05443f271ef6

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1757】杉の実(すぎのみ):春に飛んだ杉の花粉を雌花が受粉して小さな緑色の球果を結び、晩秋には茶色に変じて種を飛ばす。子供はそれを杉鉄砲の弾にして遊ぶ。◆杉の実やぎくりと風の古巣箱(山田みづえ)

@twryossy 猪の親子と共に魚屋路 公彦

★神戸の六甲山の登り口に猪がいる。ととや道は、東灘区の深江から、六甲山を経て有馬へ抜ける道。行商で魚を運ぶために用いられたとされ、「魚屋道」の名前で呼ばれています。この道でいつも魚をもらっていた山犬が、魚屋をオオカミから救ったという伝説もあります。

おは!@twryossy: 【今日の季語1756】猪(いのしし・しし):その子を指す「瓜坊(うりぼう)」や捕獲用の「猪罠(ししわな)」、食用の「猪肉(ししにく)」の別名「山鯨」など傍題も多岐に亘る。◆手負ひ猪遁れ去りたる修験道(薮脇晴美)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語1756:別記①】江戸期の俳諧では「猪もともに吹るゝ野分かな 芭蕉」「猪をになひ行野やはなすゝき 白雄」のように「猪」は他の季語と併せて用いられ単独の季語としては扱われていない。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1756:別記②】「猪」は十二支の「亥」が示すように古くは単に「ゐ」と呼ばれた。イノシシは《猪(ゐ)の肉(しし)》の意で、シカの古称カノシシ《鹿(か)の肉(しし)》と並ぶ食用の肉を指す名称であった。

2014年10月18日(土)
@twryossy 秋の水声挙げて飲む登山道 公彦

★登山道の句です。下の蕪村の句もいいですね。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1755】秋の水(あきのみず):「秋水(しゅうすい)」の漢語傍題でも。「清水」に代表されるように水に関する季語は夏に多いが、秋の水は清澄さと静けさを本意とする。◆二またに細るあはれや秋の水(蕪村)

2014年10月17日(金)
@twryossy 背広着るプラットフォームや秋意かな 公彦

★背広を着なくなって久しいがあまりの寒さにこの日から背広を着るようになった。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1754】秋意(しゅうい):「春意」に対する三秋の季語。秋らしさを感じさせる風情をいうのに用いる。別題「秋思」「秋懐」に通じるそこはかとない静けさの情が。◆暗転に人影うごく秋意かな(内田美沙)

2014年10月16日(木)

@twryossy 鶴来る川沿いの道走るなり 公彦

★江戸川河川敷や川沿いの畑には鶴が沢山いる。それを見ながらランニングするのが楽しい。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1753】鶴渡(つるわた)る:「鶴来(きた)る」「田鶴(たづ)渡る」などとも。晩秋の頃、北方で繁殖を終えたナベヅルなど多種の鶴が越冬のために日本南部に渡来する。◆火の山の晴れてうつつや鶴渡る(高井北杜)

2014年10月15日(水)

@twryossy 新走り汲むに男を借りるとは 公彦
★林明子さんの句「新走り汲むに男を借りて来る 」を借りてきました。
借りられてみたい。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1752】新走(あらばしり):晩秋の季語「新酒」の傍題の一つで「今年酒」などとも。かつては農家が新たに収穫した米で醸したところからこの時季の季語に。◆南国の猪口はおほぶり新走(高橋ツトミ)

2014年10月14日(火)
@twryossy 吊るし柿煌めく川の見ゆる丘 公彦

★景色を組み合わせた想像の景色です。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1751】吊し柿(つるしがき):「干柿」の傍題で「釣柿(つりがき)」「甘干(あまぼし)」などとも。渋柿の皮を剥いて軒下などに干すとひと月足らずで甘味が出る。◆吊し柿恥おもはねば易からむ(稲垣きくの)

以上です。
被曝・戦後 70年に向け「生きる力と文化のつどい」シリーズ第1弾 辺野古の新基地建設反対、沖縄県知事選に連帯!! 沖縄の心を「ひまわり」で繋ごう! 映画「ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を」の上映とお話(「ひまわり」製作者 桂壮三郎) 日時:11月4日(火)18時45分開会 会場:新宿 大久保地域センター 会場整理券:1000円 電子整理券(peatex):700円 http://peatix.com/event/55521
後援:市民グループ「私が東京を変える」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を」の上映とお話(「ひまわり」製作者 桂壮三郎)
http://peatix.com/event/55521
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電子出版「戦わぬこと」
http://p.booklog.jp/book/88624/read#none
俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ CoRichブログランキング


« 君はそれ以上 | トップページ | 君は宮森事件を知っているか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/60520576

この記事へのトラックバック一覧です: おは!Twitter俳句(杉の実:

« 君はそれ以上 | トップページ | 君は宮森事件を知っているか? »

カテゴリー