« 結婚しても男が「イクメン」や「カジメン」に絶対になってはならない理由 | トップページ | 阪神・淡路大震災から20年(過去記事と関連番組紹介) »

2015年1月16日 (金)

若者に負けない年配者でありたい。

今朝の朝日新聞の記事紹介です。
(チャレンジ!いま、国政に挑む:3)元雇われ店長、共産・吉田直義
http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S11553140.html

こういう若者が衆院戦の千葉の共産党の他の候補にも居た。
Facebookで共産党に入党したと宣言したと思ったら、あっという間に候補になっていた。
共産党は選挙に出る時は自分で金を出す必要が無いので若者が出易い。
無所属ではまず供託金の心配をしなければならない。


こういう若者に比べると自分は何と平々凡々と会社員生活を送って来たかと思う。

若者に負けない年配者でありたい。
若者を支援する年配者でありたい。

以下記事の一部です。

■脱ブラック、若者の夢取り戻せ
 夢なんて考えてみたこともなかった。将来がどうなるかなんてわからない。くるくる回る車の上を走るハムスターのようにただひたすら働く一生。学歴もお金も手に職もない自分には、そうやって生きる以外に道はないと諦めていた――。
 2014年師走、衆院選の12日間。吉田直義(まさよし)(27)は、千葉市内の選挙区を駆け回って、そんな思いや経験を語り、若者の労働環境改善を訴えた。
    ■  ■
 4年ほど前のこと。夜10時から翌朝11時まで週6日。千葉市内のコンビニで雇われ店長として働いていた。寝て起きて、徒歩30分の道を往復するだけの日々。たまの休日も学生バイトが休んだなんだと、呼び出されることもあった。
 夢も希望も残業代もなかった。その前に勤めた警備会社では連日朝8時から夜10時まで働かされた。「休みを」と言ったら、あっさりクビになった。
 都合よく使われて、文句を言ったらさようなら。家族も友人も地域社会も頼れない。言われるまま、お追従の笑顔を浮かべることが処世術だった。
    ■  ■
 「たまには遊ぼうぜ」。コンビニで働き始めて1年が経ったころ、高校時代の友人から電話があった。君と遊ぶには眠る時間を削らなきゃいけないんだ。理由を話すと友人の声が曇った。
 「それ、おかしくないか」
 「やっぱりおかしいのかな?」――。いつもの道に「労働相談」の看板を見つけた。ずっとあったはずなのにこれまでは目に入らなかった。
 こわごわ訪ねると、労組が開く窓口だった。あれこれ相談してみると、仕事のこと経済的なこと、抱えている問題は法律で解決できると教えてくれた。労組の人はオーナーとの話し合いに同席してくれた。勤務時間は3時間短くなり、週2日の休日が確保された。
 無明の闇に意外なところから差し込んだ光。自分とは関係ない、遠い世界のことだと思っていた「政治」を初めて感じた時だった。
 それまで選挙も行ったことがない。憲法改正、安全保障、金融緩和、成長戦略――。言葉は何となく聞いたことはあっても、難しい話は分からない。だが労働相談をきっかけに共産党の活動に誘われ、街頭でビラをまき労働法制の学習会に参加するうちに、政治への関心が芽生えてきた。
 共産党がブラック企業対策など、自分が直面してきた問題を政治に反映させようとしていると知った。市役所に掛け合い、様々な制度を利用できるよう計らってもくれた。党は若い世代の登用も進めていた。2013年参院選で当時30歳の吉良佳子が、若者の雇用問題を公約に掲げ当選した。
 マルクスが誰か、共産主義がどんな主義か知らなくても、夢を描けず生きる若者の労働時間を3時間短くすることもまた、政治の役割じゃないのか。自分も政治に関わる仕事をしたいと思うようになっていた。
    ■  ■
 「私、吉田直義は、苦しむ青年の生活を改善するため、またとないチャンスと思い、立候補しました」
 衆院選公示の昨年12月2日。JR千葉駅近くの公園で第一声をあげた。党に入り、志願の立候補だった。初冬の千葉の街に、回し車でもがいていたあの日の自分がいるような気がした。
以下詳しくはWebで〜
(チャレンジ!いま、国政に挑む:3)元雇われ店長、共産・吉田直義
http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S11553140.html

以上です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ CoRichブログランキング

« 結婚しても男が「イクメン」や「カジメン」に絶対になってはならない理由 | トップページ | 阪神・淡路大震災から20年(過去記事と関連番組紹介) »

「日本共産党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/60981761

この記事へのトラックバック一覧です: 若者に負けない年配者でありたい。:

« 結婚しても男が「イクメン」や「カジメン」に絶対になってはならない理由 | トップページ | 阪神・淡路大震災から20年(過去記事と関連番組紹介) »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 717短歌・俳句勉強会
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ