無料ブログはココログ

« 憎むは人の業にあらず裁くは神の領域 健二の教え | トップページ | 希望のまち東京をつくる会一周年記念大会議 »

後藤健二さんの死以来Facebookやtwitterでshareやretweetするときに短歌を付けた。
さすがにこういうことは俳句では表現しにくい。
機会詩としての短歌の役割がこういう時に感じられる。

この前の記事にありますのでご覧ください。

ーーーーー

この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★
twryossyさんのツイート:おは! RT @twryossy

2015年02月09日(月)

@twryossy 壷焼や蓋の踊りが始まれり 公彦

★栄螺の壺焼きは蓋が動き出した時が焼け出した時

おは!@twryossy: 【今日の季語1869】壺焼(つぼやき):「栄螺(さざえ)」の別題で「栄螺の壺焼」の短略形。殻のまま焼いて食するのでこの名が。産卵前のものが美味とされるところから春の季語に。◆壺焼に十尋(とひろ)ほどなる海のいろ(友岡子郷)

2015年02月08日(日)

@twryossy 針供養千人針を知る人か 公彦

★千人針を知る人は90代位だろうか?もうすぐ千人針を縫った人は居なくなる。せめて語り継ぎたい。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1868】針納(はりおさめ):二月八日に各地の淡島神社で行われる「針供養」の傍題の一つで「針納む」の動詞形でも。西日本では十二月八日に行うところが多い。◆老の目に納めし針のもう見えぬ(江川虹村)

2015年02月07日(土)

@twryossy 海苔舟の友や息災にて在るや 公彦

★高校時代の友人の稼業は海苔の養殖だった。今元気にしているだろうか?


おは! @twryossy: 【今日の季語1867】海苔干(のりほ)す:初春の「海苔掻(のりかき)」の傍題の一つで「海苔採る」「海苔舟」などとも。現在では養殖が主流になったが採取や乾燥は手仕事が中心。◆この辺の人気(じんき)は荒し海苔を干す(高浜虚子)

2015年02月06日(金)

@twryossy 春鴉餓死したと聞く朝 公彦

★埼玉県の北部で烏が餓死したという。
我が団地にもゴミ置場に囲いを作ったのであんなに沢山居た烏は全く居なくなった。
多少烏には申し訳ない気がする。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1866】春鴉(はるがらす):本題の「春の鳥」に個別名を取り入れた傍題の一つ。「春の鳶(とび)」「春の鵯(ひよ)」など無季や他季の鳥を引き寄せることもできる。◆寡婦ふたり歩む吉野の春鴉(桂 信子)

2015年02月05日(木)

@twryossy 寒明けやリアルな夢を二つ見し 公彦

★今のことと昔のことの二つのリアルな夢を見た。
私は夢はいつも覚えていないのだが二つも現実的な夢を見たのはどうしたことだろう。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語1865】】寒明(かんあ)く:「寒明(かんあけ)」の動詞形傍題。「小寒」から「大寒」を経て「節分」に及ぶ「寒」の期間が終わること。とは言え春暖にはほど遠い。◆川波の手がひら/\と寒明くる(飯田蛇笏)

2015年02月04日(水)

@twryossy 立春や蒲団にはみ出す足二本 公彦

★私が寝ているのは昔子どもたちの二段ベッドの上段の部分を切ったベッドです。
斜めにした方が寝やすい。布団もややサイズが小さいので横に丸まって寝ている。
上下に毛布を使っているので寒さ対策は十分ですが。

おは! @twryossy: 【今日の季語1864】立春(りっしゅん):二十四節気の一つ。「春立つ」の和語傍題でも。かつては立春を年初として捉えたことが、新年を「新春」と呼ぶ習わしに残存している。◆立春の雪の深さよ手鞠唄(石橋秀野)

2015年02月03日(火)

@twryossy 悲しみの漂いしまま追儺かな 公彦

★今年の豆まきは後後藤さんの死があり、悲しい。

おは! @twryossy: 【今日の季語1863】鬼やらひ(おにやらい):「追儺(ついな)」の古語傍題で「なやらひ」とも。歳末の夜に宮中で行われた中国伝来の儀式が民間に伝わり、後に立春前日の行事に。◆豆を食(た)ぶだけの二人や鬼やらひ(森 奈賀子)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1863:別記】ヤラヒは《行かせる》意を表すヤル(遣)に動作の継続や反復の意を表す接尾辞フが付いて生まれた動詞ヤラフの名詞形。これと同類の派生語にはネガフ(願)/スマフ(住)/タタカフ(戦)などもある。

以上です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ CoRichブログランキング

« 憎むは人の業にあらず裁くは神の領域 健二の教え | トップページ | 希望のまち東京をつくる会一周年記念大会議 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/61108402

この記事へのトラックバック一覧です: おは!twitter俳句(壷焼):

« 憎むは人の業にあらず裁くは神の領域 健二の教え | トップページ | 希望のまち東京をつくる会一周年記念大会議 »

カテゴリー