« 「いのちの花展」を見てきました | トップページ | 今日は元麻布長玄寺に渡辺順三の墓参に行きました。 »

2015年2月20日 (金)

「微力だけれど無力ではない」

「微力だけれど無力ではない」

2010年の展示会のカタログに後藤健二さんがこの言葉を書き残していた。

同じけんじの宇都宮健児さんは昨年の都知事選挙の最終日2月8日の新宿での最終演説ででこの言葉を言った。

私たちひとりひとりは微力であっても、決して無力ではない。そのことを学んでいるんです。ひとりひとりがつながれば、微力であっても、少しづつ大きな力になります。微力が集まって、大きな力になれば、社会が変えることができる、ひとりひとりのちからで社会を変えることができる


社会を変える個人の力を信じられる人間こそが社会を変えられる。

このふたりのけんじさんに共通のものを感じたので記事にした次第です。

いのちの花展の事は既に書きました。

2015年2月17日 (火)「いのちの花展」を見てきました

触発されて短歌を作りましたので紹介します。。

「いのちの花展」の後藤健二さんのコラージュ    大津留公彦

埋められ行く
少女の顔に砂かかり
宇宙の様と見えるコラージュ

色鉛筆が
額との間に詰められて
後藤健二さん何を残すや

親と子が
これは何かと話すように
コラージュ残し後藤さん逝く

立ち寄りし「いのちの花展」
後藤さんの撮りし写真の
瞼に焼きつく

「イラクから日本のおともだちへ」
佐藤真紀さんの
絵本を孫へ

戦争ある イラクを想う
「イブラヒムの物語」
戦争ない国日本に暮らし

子ども達は
父や母になっただろうか
イラクに我が子と遊びし子たちは

キルクック、モスル、エルビル
聞き慣れしイラクの地名
今は悲しく


以下朝日新聞の高橋友佳理さんの2015年2月14日の記事です。

「微力だけれど無力ではない」 後藤健二さんの作品展示

 過激派組織「イスラム国」の事件に巻き込まれたフリージャーナリスト後藤健二さん(47)の美術作品が、イラクやシリアの子どもたちを支援するNPOの企画でギャラリー日比谷(千代田区有楽町1丁目)で展示されている。後藤さんが伝えたかったことを引き継ごう。そんな思いを込めて。

 西アフリカ・リベリアで後藤さんが撮った埋葬される子どもの写真。その周りに宇宙が広がり、本をかたどった額縁に、本物の色鉛筆がちりばめられている。

 題名は「broken boy」。後藤さんが2010年、グラフィックデザイナーの高津央さんと共同で作り、発表した作品の一つだ。主催のNPO法人ジムネット(日本イラク医療支援ネットワーク)が、高津さんから借りた。

 ジムネットの佐藤真紀事務局長(53)は、03年のイラク戦争時に後藤さんと知り合った。その後、たびたび情報交換をしてきた。

 ジムネットが毎年2月頃にギャラリー日比谷で開く展示会に、佐藤さんは「いつか作品を展示してほしい」と頼んでいた。だが、後藤さんが殺害されたとみられる映像が流された。佐藤さんは「憤りと絶望感で、頭の中が真っ白になった」。

 後藤さんが伝えようとしていたことを探すうち、高津さんとの作品展に行き着いた。一目でこの作品を選んだ。

 その下に置いたのは、イラクの少女(12)が03年に白血病で亡くなる直前に描いた絵。その場に鉛筆しかなく、佐藤さんは「次来る時には色鉛筆を持ってくるね」と少女と約束したが、色鉛筆を手渡す前に亡くなった少女だった。佐藤さんは「亡くなる直前だったのに、この少女は『先生になりたい』と夢を語っていた。色鉛筆を通じて、子どもたちが描こうとしていた世界に想像が膨らんでいく」と話す。

 後藤さんは、「broken boy」を発表した10年の展示会のカタログに言葉を書き残していた。

 「無念」と「孤独」に覆い尽くされたジャーナリストが見つめた現実の絵巻物

 暗闇の中の消え入りそうな

 しかし、鮮やかな希望

 この絵巻物を見る事を恐れないで欲しい

 そしてあなた自身の物語にこれらの出来事を少し、描き足して欲しい

 僕達は微力だけれども無力ではないと信じて

以下記事

以上です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ CoRichブログランキング

« 「いのちの花展」を見てきました | トップページ | 今日は元麻布長玄寺に渡辺順三の墓参に行きました。 »

「2014都知事選」カテゴリの記事

「イラク」カテゴリの記事

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/61166305

この記事へのトラックバック一覧です: 「微力だけれど無力ではない」:

« 「いのちの花展」を見てきました | トップページ | 今日は元麻布長玄寺に渡辺順三の墓参に行きました。 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ