« 清水ただし生保プリカを突く | トップページ | おは!twitter 俳句( 鴉の巣) »

2015年3月14日 (土)

生保プリカ化を許さない清水ただしさんの国会質問

清水ただしさんの国会質問については昨日書きましたー

清水さんのFacebookによる概略の紹介です。

【3月12日】清水忠史の今日もおおきに! 予算委員会一般的質疑に立ちました。最初に、大阪市が生活保護費の一部をプリペイドカードで支給することの法的根拠について、去る10日の分科会において厚労省が突然変更したことを批判し、その経緯を明らかにするよう求めました。 厚生労働省は、私に「プリペイドカードでの支給は生活保護法第31条第1項但し書きにある『現物給付』にあたる」と答えたのですが、事前の説明では、民法482条の「代物弁済」にあたると違う説明をしていたのです。大阪市もこれまで一貫して「代物弁済」が厚労省の見解として伝えてきたわけです。 私からは、制度の根幹にかかわる法的根拠の問題だと指摘。「代物弁済」とは借金を金銭ではなく例えば時計でお願いしたいという性質のもので、債権者の承諾が前提となり、「毛布や衣服を必要と認めて給付する」生活保護法第31条第1項の但し書きの趣旨とは全く異なるものです。 塩崎恭久厚生労働大臣は、「かつて検討していた考え方を伝えてしまった職員のミス」としたうえで、「心からお詫び申し上げたい」と謝罪しました。質疑後、厚労省も法的根拠変化の経緯を示す資料を提出することを約束しました。 「生活保護法第31条1項に反し、違法する」(日弁連会長声明)「現物給付にもあたらない」(大阪弁護士会会長声明)、保護者のプライバシーを侵害し憲法13条に違反する大阪市の生活保護費のプリペイドカード支給事業を中止させるまで奮闘する決意です。 後半は、中小企業問題を取り上げました。「消費税の転嫁対策はうまくいっている」などと主張してきた政府に対して、大阪商工団体連合会のアンケート結果や地元業者の切実な声を紹介し、認識をただすと、宮沢洋一経済産業大臣は「転嫁できない方が相当数いることは事実だと思う」と、中小企業の深刻な実態を認めました。 そして小規模企業にとって使い勝手のよい補助金事業(小規模企業持続化補助金事業)については大阪府が採択率ワーストであることを告発し、多くの事業者が利用できるよう予算を増やすべきだと主張しました。 続いて、政府が2020年までに最低賃金1,000円以上という目標を堅持していることを確認したうえで、社会保険料の事業主負担で小規模事業所での賃上げをうたった法律の付帯決議にもとづいて大胆な支援を行うべきだと提案。答弁に立った麻生太郎財務大臣は、財源問題や社会保険料の制度を理由にその必要性や効果について認めませんでした。 しかし、東日本大震災で「著しい被害」を受けた被災地では、社会保険料の免除が行われており、決して実績がないわけではありません。消費税増税、円安による原材料やエネルギーコストの増加で「著しい被害」を受けている中小・小規模事業所にも社会保険料の負担軽減策を行うべきです。 あっという間の28分間。前回よりは落ち着いて質問に立てましたが時間調整がうまくいかず、麻生太郎財務大臣に反論できなかったことは大きな反省点です。しかし、今日も大阪からの応援傍聴や、同僚議員のバックアップを受けて力を出し切ることはできたと思います。 質疑のために力を尽くしてくださったみなさん、大阪から傍聴に来てくださったみなさん、いつもおおきに!

そして続いてこう書いてます。

清水さん

演説会にて「国会の知らない話をたくさん聞けてよかった」との感想がある一方で「真面目すぎるわ〜」「笑いが少なくてガッカリ」「東京に染まったんとちゃうか?」との指摘も受けました。国会報告の難しさを感じています(T_T)

この記事にはたくさんのコメントが付いていますが以下無断引用を怒られないだろう人の記事の紹介です。

清水さんの師匠である宮本さんはこう書いています。

宮本 岳志

気にすな。僕がまだ参議院初当選前に、横山たかし師匠と対談した時、「笑いをとる秘訣」を聞いたら、「宮本さんは政治家やから、笑いなんかとらんでよろしい」と、ぴしゃりと言われた。たかし師匠は「お坊ちゃん漫才」でブレークしたが、その前は、長い下積みがあって、一時期は「おかま漫才」みないなこともやってはったそうや。僕はその言葉を「笑いを舐めたらあかん。政治家が片手間でやれるような、甘いもんやないで」という意味に聞いた。「ほんまに恥を晒してでも笑いをとりにいけるか」というたら、それはでけへんのやから、しょうがないんやな、これは。

私のコメントです。


大津留 公彦 笑いは狙わなくでもいい。「靴の上から掻くような答弁」で十分笑えた。私的には今回の二回の答弁は合わせて199点です。1点は麻生に反論する時間が取れなかった点です。
そして

再度清水さんです。

清水 忠史

みなさん、たくさんのメッセージありがとうございました。ちなみに、「笑いがすくなかった」との声は、「演説会での私の話」に対してで、「国会での質問内容」に対する意見ではありませんでした。まぎらわしい文章で申し訳ありません。
清水ただし
清水 忠史 みなさん、たくさんのメッセージありがとうございました。ちなみに、「笑いがすくなかった」との声は、「演説会での私の話」に対してで、「国会での質問内容」に対する意見ではありませんでした。まぎらわしい文章で申し訳ありません。

実は国会での質疑でも「くすぐりいれたろ」なんて最初は考えていたのですが、それはやめました。とにかくまじめに、失敗しないように、やり通すことだけを念頭にやりました。どんな答弁が返ってくるか予測不能。しかしどんな答弁が返ってきても反論し、こちらの主張で政府を追いつめる。とても1回や2回で到達できることでないことを肌で感じました。

2回目の質問では、最後の場面で麻生太郎財務大臣の答弁が長く、反論できずに時間切れとなり悔しい思いもしましたが、そこは私の未熟さであり不徳の致すところ。時間配分ができていなかったのです。反省することで課題も見えてきました。

さて、演説会では参加したみなさんに喜んでいただきたい。その思いからこれまでもいろんな工夫を凝らしてきました。今回思い至ったのは、これまでの演説は政府批判が多かった。しかし国会議員になった以上、その立場からの伝え方というものがあるというのが自分の中にあり、それがまだ組み立てが悪く、思うように醸し出せなかった。それに対する参加者の感想を記事に綴りました。

「国会の話をたくさん聞けて勉強になった」「こんないい話を聞かせてもらえるとは」という感想は、実は初めて清水忠史の演説を聞かれた方からのものでした。期待に及ばなったという意見は、かねてから清水を贔屓にしていただいている方からで、そのお気持ちは自分の演説の出来栄えからもその通りだと思いました。

さて、間もなく大阪市都島区で演説会が始まります。試行錯誤しながらですが、自分らしさを大切に、そして国会議員としてふさわしい報告を交え、党の値打ちを語り、候補者を押し出す演説に挑みます!

メッセージくださったみなさん!おおきに!

今日の赤旗にも1日遅れでこんな記事が出ていました。

2015年3月14日(土)

生保プリカ 法的根拠変更を批判

清水議員 塩崎厚労相が陳謝


日本共産党の清水忠史議員は12日の衆院予算委員会で、大阪市で実施されようとしている生活保護費をプリペイドカード(プリカ)で支給するというモデル事業の法的根拠について、厚生労働省がそれまでの「代物弁済」から「現物給付」へと見解を突然変更したことを批判し、その経緯を明らかにするよう求めました。

 塩崎恭久厚労相は「(厚労省の担当者が)かつて検討していた考え方を(清水氏に)伝えてしまった」などと釈明。「大事な論点の一つであり、考え方を示したうえで国会で議論するという、本来の民主主義の基本に立ち返らないといけない」「心からおわび申し上げたい」と陳謝しました。

 塩崎氏はまた、法的根拠変更の経緯などを示す資料の提出について「検討する」と答弁。質問後、厚労省は清水氏に、見解の決定経過や大阪市へ示した見解に関する資料を「速やかに検討・整理してお届けする」とした文書を提出しました。

 厚労省の鈴木俊彦社会・援護局長は10日の同委員t会で、清水氏に対し、プリカ支給は生活保護法31条第1項ただし書きにある「現物給付にあたる」と答弁しました。しかし、清水氏への事前説明では、同省は民法482条の「代物弁済」にあたると説明。大阪市も市民に対し、「代物弁済」を同省の見解として伝えていました。

 清水氏は12日の質疑で、同省の解釈変更について「制度の根幹にかかわる法的根拠の問題だ」と述べ、「代物弁済」とは「借金返済を腕時計でこらえてくれないか」とするもので、生活保護法の趣旨とは異なると指摘。塩崎氏も10日の答弁で、民法482条の見解に基づいて答弁していたと追及しました。


http://linkis.com/www.jcp.or.jp/akahat/Qk0hU

ではここまでです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ CoRichブログランキング

« 清水ただし生保プリカを突く | トップページ | おは!twitter 俳句( 鴉の巣) »

「日本共産党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/61282825

この記事へのトラックバック一覧です: 生保プリカ化を許さない清水ただしさんの国会質問:

« 清水ただし生保プリカを突く | トップページ | おは!twitter 俳句( 鴉の巣) »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ