無料ブログはココログ

« NO TPP フェスに参加しました。(映像リンク付き版) | トップページ | 2015啄木祭に参加しました »

以下の集会に参加しました。

日時:5月29日19:00-20:30
講師:金子勝(立正大学憲法学名誉教授 )
タイトル:平和とくらしを守るための憲法学習会
主催:三郷市社会保障推進協議会
場所:三郷市東和東文化センター

なぜ安倍内閣が「侵略戦争法案」(先生はそう言われていた)に突き進むのかを過去の法律・対外取り決めの流れを追いながら詳細な資料とともに説明されました。
最初から最後まで演壇を行ったり来たりしながらハリのある大きな声で大変分かり易く1時間半喋られました。

先生の話の最後はこんな感じでした。

1、21世紀は平和の世紀
(戦争を仕掛けた方が敗北する時代)
2、「侵略戦争する国」を作ろうとするのは時代錯誤
3、9条が人類の「導きの星」となる時代
4、9条を守る運動には世界の民衆から支持支援が届けられる
5、「安保の国」作りを阻止するには星の数ほどの(憲法学習会、反対運動、語り部)と平和戦線が必要
6、安保廃棄、憲法の全面開花、平和的福祉国家、二つの核の不保持

詳しくは映像をどうぞ

1、http://twitcasting.tv/f:100001222398242/movie/172398832
2、http://twitcasting.tv/f:100001222398242/movie/172405125
3、http://twitcasting.tv/f:100001222398242/movie/172412135
質疑応答 http://twitcasting.tv/f:100001222398242/movie/172417483

講演後挨拶させて頂きました。

これ位大きな声で話が続けられればきっと元気で長生きされるでしょうと帰りに一緒になった方が言われていました。

以上です。
----
2015年啄木祭
・・・・・・・・・・・・・・・
TPPをめぐる日米の最新事情
http://peatix.com/event/90234
・・・・・・・・・・・・・・・
俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« NO TPP フェスに参加しました。(映像リンク付き版) | トップページ | 2015啄木祭に参加しました »

コメント

堀内さん
コメント有難うございました。
「侵略法案」を何としても阻止しなければなりませんね。

拙いブログへの投稿をありがとうございました。励みになります。金子憲法講座は今年で9年目。安倍第一次内閣の改憲騒動に危惧し、立ち上げ、現在に至っています。「侵略法案」とは金子さんらしいネーミングですね。
なんとしても主権者の力で廃案に持ち込みましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/61665019

この記事へのトラックバック一覧です: 金子勝(立正大学憲法学名誉教授 )のお話:

» 戦争法案にまつわるメディア状況は詳細に記録すべき事象 [ペガサス・ブログ版]
私たちの親またはその上の世代はあの無謀な戦争を止めることができなかった.「なぜ止められなかったの?」と問い掛けた人もいるだろう.危険が迫って来た時にはすでに言論の自由はなく,何よりも国民に事実を知る手だてもなかった.しかし今は違う.言論を理由に逮捕されることはない.大手メディアはともかく,その気になればインターネットで幅広い情報を得ることが出来る.だからもし日本が再び侵略者となることを止められなかったとしたら,あるいは国際紛争から戦争への道を遮断できなかったとすれば,現在の成人世代の責任は1930〜... [続きを読む]

» 安保関連法案に反対する憲法研究者の声明 [JCJ神奈川支部ブログ]
安保関連法案に反対し、そのすみやかな廃案を求める憲法研究者の声明  安倍晋三内閣は、2015年5月14日、多くの人々の反対の声を押し切って、自衛隊法など既存10法を一括して改正する「平和安全法制整備法案」と新設の「国際平和支援法案」を閣議決定し、15日に国会に提出した。  この二つの法案は、これまで政府が憲法9条の下では違憲としてきた集団的自衛権の行使を可能とし、米国などの軍隊による...... [続きを読む]

« NO TPP フェスに参加しました。(映像リンク付き版) | トップページ | 2015啄木祭に参加しました »

カテゴリー