無料ブログはココログ

« 「戦争したくなくてふるえる」 | トップページ | 永田和宏著現代秀歌(岩波新書) を学んでいます »

「戦争法案に反対!575&57577は九日目にして目標の500の4割210に合わせて達しました。
(575は71 、57577は149)
500を突破させ戦争法案を潰したいものです。
ハッシュタグは #nowar575 #nowar5757 です。
募集要項はこちらです。
戦争法案に反対!575&57577

毎朝季語を提供頂いている@twryossyさんの【時事都々逸(続)】アクセス延べ数が17400を越えました。
http://linkis.com/togetter.com/li/aCyrQ
こちらのハッシュタグは #jijidodo #dodoitsu #都々逸 です。

ーーー
この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★
twryossyさんのツイート:おは! RT @twryossy

2015年06月29日(月)

@twryossy 闘いの先頭にある花石榴 公彦

★北海道や渋谷の若者のスピーチを聞いていて感動した。
街には「石榴の花」が咲いている。

おは! @twryossy: 【今日の季語2009】花石榴(はなざくろ):「石榴の花」の傍題。本題がザクロ一般の花を指すのに対してこちらは八重咲きで結実しない品種をいう。朱色に白を加えたものもある。◆若者には若き死神花石榴(中村草田男)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語2009:別記】ザクロの語形は漢語「石榴」の字音が和様化したもの。「石(ザク)」の読みは呉音「ジャク」の直音的表記から出たもので、古文献や方言にはジャクロの語形も残存する。

2015年06月28日(日)

@twryossy 荒梅雨に戦争行きたくなくて震える 公彦

★「戦争行きたくなくて震える」は札幌のデモの名称。
こういう新しい言葉との出会いによって人間は昂まるし高まる。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語2008】荒梅雨(あらつゆ):仲夏の季語「梅雨」の数多い傍題の一つ。激しい降りをいうのに「荒」を冠した力強い語感を持つ。句に取り込む力量が試されそうな季語。◆荒梅雨の雲奔り去る分水嶺(吉田鐵城)

2015年06月27日(土)

@twryossy 紫のネック揃えて鴨涼し 公彦

★鴨の首は紫色だった。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語2007】鴨涼(かもすず)し:「夏鴨」の傍題にあたる「軽鴨」についていう季語。この鳥は夏の間も日本に留まり繁殖をするところから「鴨の子」の別題も用いられる。◆鴨涼し后の宮へ舟神輿(みこし)(中川志帆)

2015年06月26日(金)

@twryossy 送ります感謝の気持ちと矢車草 公彦

★啄木の函館青柳町の歌を思った。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語2006】矢車草(やぐるまそう):「矢車菊」とも。キク科の一年草で花の色は青の他に赤・白・紫など。花弁の先が別題「矢車」の形を思わせるところからこの名が。◆住み残す矢車草のみづあさぎ(中村汀女)

2015年06月25日(木)

@twryossy 蛍火や鶴舞公園人静か 公彦

★名古屋にいた時に鶴舞公園に蛍を家族で見に行った。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語2005】蛍火(ほたるび):仲夏の季語「螢」の数多い傍題の一つ。そのはかない光は恋の思いを託すよすがとして、古くから日本の詩歌の題材に多く用いられてきた。◆蛍火を夢の続きに持ち帰る(大橋真沙子)

2015年06月24日(水)

@twryossy 夏木立陽の射さぬ方を歩みけり 公彦

★この時期はこうなる。


おは!@twryossy: 【今日の季語2004】夏木立(なつこだち):「夏木」「夏木陰」の傍題も。「冬木立」に対する三夏の季語。春秋に用いないのは樹木の生気の両極に重点が置かれるからであろう。◆酒十駄ゆりもて行(く)や夏こだち(蕪村)

おは! @twryossy: 【今日の季語2004:別記①】例句の「駄」は酒樽二つを振り分けにして馬一頭に負わせる荷を数える語。本句では十頭の馬が連なっていることになるが詞の綾とも解される。

おは!@twryossy: 【今日の季語2004:別記②】例句の「ゆり」は《揺らす》の意を表す四段動詞「揺る」の連用形、「もて行く」は動詞に下接してその動作が継続する意を添える。二語が合して、馬が歩きながら背に負う酒樽を揺らし続ける情景を表出する。

2015年06月23日(火)

@twryossy 汗ばみて目覚める朝の季語汗ばむ 公彦

★目覚めれば実に的確な季語があった。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語2003】汗(あせ)ばむ:三夏の季語「汗」の動詞形傍題。うっすらと汗をかいた様子をいうのに用いるが、それがさらに進むと「汗みずく」「汗みどろ」などの状態に。◆ほのかなる少女のひげの汗ばめる(山口誓子)

以上です。

・・・・・・・・・・・・・・・
戦争法案に反対!575&57577募集
俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「戦争したくなくてふるえる」 | トップページ | 永田和宏著現代秀歌(岩波新書) を学んでいます »

コメント

Many thanks very useful. Will share site with my buddies.|

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/61812345

この記事へのトラックバック一覧です: おは!twitter俳句(花石榴):

« 「戦争したくなくてふるえる」 | トップページ | 永田和宏著現代秀歌(岩波新書) を学んでいます »

カテゴリー