« 若者たちに1970年代の話をした | トップページ | 575&57577 opposite to a war bill »

2015年6月23日 (火)

今は平和でしょうか (追記あり)(動画あり)

今日の昼のテレビで沖縄の70回目の慰霊式典の三人のスピーチを聞いた。

翁長知事のスピーチは激する事なく静かに但し安倍総理を見据えての辺野古新基地は無理と訴える確かなスピーチでした。

その後の高校三年の男子生徒のスピーチは「今は平和でしょうか 」というものでなんどもそのフレーズがでて来て心に残りました、
NHKのカメラワークでこの生徒の親戚のおばあのような人がスピーチの該当箇所で大写しになり感動的でした。
この高校生も安倍首相に向けて話しているようでした。

安倍首相のスピーチは新鮮味も真実性もない事務的挨拶でした。
前二人の心を込めた訴えに反応する事もなく鉄面皮のようでした 。
折角沖縄迄来ているのに翁長知事と会談する事も無かった。

6・23の70回の慰霊の日の内45回は知っている。
思えば長い年月である。

以下短歌を八首作りましたので紹介します。

今は平和でしょうか 埼玉 大津留公彦

0.6%の土地に
米軍基地の73.8%
翁長知事言う 総理見据えて

表情を少しも変えぬ安倍総理
切々たる翁長知事の平和宣言に

「辺野古への
新基地建設は無理」
二十万人の平和の礎言わせる

堂々と総理の前で読み上げる
高校生の詩
「今は平和でしょうか?」

安倍総理の
気持ちの入らぬスピーチに
翁長知事は頬っぺたを掻く

追い詰められ
喜屋武岬から飛び込んだ
人に聞いてみたい
今は平和でしょうか

沖縄は七十回目の慰霊の日
海空青く
蝉鳴き暑い

東京でテレビを観ている
私には
沖縄の熱さは心で感じる


以上です。

追記
東京新聞に詳しく載っています。さすが東京新聞
持ち上げたので文章は全文掲載させて頂きます。

平和でしょうか 沖縄戦70年古い島言葉で訴え

2015年6月23日 夕刊


 「鉄の暴風」とも言われた激しい攻撃にさらされた沖縄戦の終結から七十年の夏を迎えた。二十三日の「慰霊の日」。命を落とした肉親へ、きょうだいへ、心の傷が癒えない遺族は祈りをささげた。沖縄は今なお、名護市辺野古への基地移設問題に揺さぶられ、安倍政権の安全保障関連法案への懸念も広がる。「今は平和な世の中なのか」。若者たちの問いは続く。 
◆祖父の姉夫婦詩に 薄れる記憶と風化重ね 高3知念さん
 沖縄全戦没者追悼式の会場になった平和祈念公園に、張りのあるうた声が響いた。自作の詩を朗読した沖縄県立与勝(よかつ)高校三年の知念捷(まさる)さんは琉歌を交えながら、「平和でしょうか」を意味する沖縄の島言葉「みるく世(ゆ)がやゆら」の問い掛けを繰り返した。「平和に対する思いをあらためて考えてほしい」との願いを込めて読み上げた。
 詩では「戦後七〇年 再婚をせず戦争未亡人として生き抜いた 祖父の姉」と、戦死し、遺骨が見つかっていない「祖父の姉の夫」を描いた。
 認知症を患った祖父の姉が戦死した夫を想起する姿と、戦後七十年の社会で進む戦争の記憶の風化を重ねて表現したという。「風化にあらがうと言うと語弊があるかもしれないが、彼女の気持ちを、戦争の惨めさを少しでも心にとどめておきたいと思った」
 祖父の姉から直接、戦争体験を聞くことはなかった。それでも、幼いころから家族を通して祖父の姉の戦争体験を聞いたり、祖父の姉の夫の戦死を嘆く曽祖母の手記を見たりしていたという。
 「祖父の姉の認知症が進む中、『軍人節』という戦争未亡人をテーマにした歌を何十回も歌っている姿を生で見た。少しでも彼女の気持ちに寄り添えればと思い、詩をしたためた」と振り返る。
 詩の表現には琉歌や沖縄の島言葉、クワディーサーの木々や梅雨明け直後の沖縄に吹く夏至南風(かーちーべー)など自然を使った比喩を用いた。「琉球の言語を用いて沖縄の原風景やちむぐくる(他人に寄り添う心、の意味)、平和に対する思いを込めた」という。
 「みるく世の素晴らしさを 未来へと繋(つな)ぐ」。知念さんが詩を結ぶと、会場から拍手が起きた。
ーー
知念くんの詩の全文が読みたい人はこちら

再追記
動画です。
http://youtu.be/xSpU5Nq0OpQ

----
俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ


« 若者たちに1970年代の話をした | トップページ | 575&57577 opposite to a war bill »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/61784288

この記事へのトラックバック一覧です: 今は平和でしょうか (追記あり)(動画あり):

« 若者たちに1970年代の話をした | トップページ | 575&57577 opposite to a war bill »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 717短歌・俳句勉強会
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ