« 橋本邦久さんの歌集「草の実」を読んだ | トップページ | おは!twitter俳句(残る暑さ) »

2015年8月11日 (火)

二次募集 戦争法案に反対!57577(8.19)(590)

二次募集 戦争法案に反対!575&57577の内の57577のみです。
二次募集の総数365から引き続き改めて別ページで366から始めます。

7・20

366 安倍政権長引くほどに戦争がひたひたよせる夏の海 きくちゆみ/ふくしまキッズハワイ(ハワイ島在住)
367 戦犯総理岸信介に似てきたな安倍晋三のほっぺた垂れる 公彦
368 安保法制と 両輪で進める TPP 誰の為のものか 国民生活と乖離の末 あさお
369 マウイ島 高級リゾートで 交渉再開 楽園を密室にして 進めることなかれ あさお
370 美ら海に カジノの可能性 囚われは 魚だけでなく 人にも及ぶか(水族館ではまだ不足?) あさお
7・23
371 死者の出る戦争法案 ただでさえ 少ない若者へらしてどうする 未知野
372 駅頭でひとりでもやる一人デモ やらない多数も意見は「違憲」 未知野
7・24
373 7・1クーデターは終わるのか三島のように割腹自殺で 公彦
374 田中優子「批判に弱い人々」批判する批判に向き合うしか道はない 公彦
375 裸の王様議論・説明・説得はせず「私が総理大臣だという」公彦
376 安倍のいう自衛隊千八百人の殉職者今から生まれる戦死者ではない 公彦
377 自民頼み「原発で一兆円」掲げ来て倒産の危機東芝に来る 公彦
378 ヒロヒトは言葉の"あや"と言い放ち つまびらかに読んでないと晋三は言う 公彦
379 読売が文春に御用新聞と叩かれぬ 長老四人の会見報じぬと 公彦
380 グローバル ひとつの命 戦争は 勝負によらず 人類の負け 雪中庵
381 交易で 四方(よも)同胞(はらから)と 思う世に 民に戦う 理はなかりけり 雪中庵
382 ボンボンは 経済徴兵 逃げ切って 経団連系 企業に就職 のぼ・マクンベンベ
383 のど元を過ぎさせてなるか 為政者の 愚案の紙に 慈悲も理もなく  野ばらん
384 天晴れなり 目覚め官邸前に集う 公明の婦人らよ 吾も行きたし!   野ばらん 
385 この人が 総理なんだと 教えたくなく 澄んだ 瞳の子に 憲法を説く  野ばらん
7・25
386 この夏が無念の夏にならぬよう せめて厨よりの一首を投ず  野ばらん    
387 平和であれ 永久に不戦の国であれ 迷彩柄のパラソルを厭う   野ばらん   
388 九条の文字の林檎のハガキ着く 恩師よ 吾も あなたの道を   野ばらん  
389 おやつ出し スイカを食べてる 夏休み この平和を守るためにも    野ばらん          
390 後方支援だ 給油でさえも それを そのもの 参戦という   野ばらん             
391 アメリカとつるんで 戦う国はイヤ この国の誇りまで 失うなかれ   野ばらん          
392 主婦でさえ 師につき学ぶ 憲法を 為政者何故に 読解出来ぬ   野ばらん    
7・26
393「この時に 起ちあがらん」と 鼓舞せしも 先約ありて三郷を離れり ちぃ看
394 行き先の信濃町駅 かの人ら 続々伽藍へ吸い込まれゆく ちぃ看
395 駅と伽藍 引きも切らない人の波 口々言祝ぐ 祭の如く ちぃ看
396 かの人ら 「平和」を掲げし 党に倚り 政(まつりごと)さえ 身内の祭か ちぃ看
397「おめでとう」「はい、おめでとう」と さんざめく群やり過ごし 看護の集いへ ちぃ看
398 我が生業 看護は揺れる 定義が揺らぐ その根を自ら確かめたくて ちぃ看
399 従軍の歴史を語る 先人に まだまだ聞きたい あの事この事 ちぃ看
400 国策に翻弄されし先人は 彷徨う看護師 名は八路軍 ちぃ看
401 国策に 無批判ゆえに ハンセンの回復者らはヘイトに曝さる ちぃ看
402 裁判に勝っても人権戻らじと 新たな苦しみ ハンセン差別 ちぃ看
403 ハンセンに寄り添うはずの看護師が 違法違憲の 負の遺産あり ちぃ看
404 知らなかった 騙されていたと 言えるのか 看護の基本は総理ではない ちぃ看
405 看護学 真実を知る学問に 倚って立つのは 命の平等 ちぃ看
406 隔離され それでも「赤子」塀の中 健民健兵ハンセン励む ちぃ看
407健兵に疑い抱くハンセン者 重監房で餓死と凍死に ちぃ看
408 ハンセン史 違法看護の横行は どうせ相手はハンセンだから ちぃ看
409 黙認の違法診療 看護師にメスを握らせ 思考停止に ちぃ看
410 執刀の看護師 後に何おもう 「自分の過去にメスを入れたし」 ちぃ看
411 餓死凍死 違法行為に 無癩県 総て繋がる 国策に ちぃ看
412 ハンセン史 学ぶ我らの胸に燃ゆ 反戦の想い 一層強く ちぃ看
413 虫封じ狂歌 ねちねちと絡みネトネトへばり付く  粘着質の虫がウヨウヨ   宗海
414 人殺す国になりたくない僧侶は語る 福岡のデモで   野ばらん
415 丁寧に説明すれば いいなんて却って 馬脚を現せば 良い   野ばらん
416 悪法案 どこから見ても 取り柄無しさっさとどぶに棄ててしまえ  野ばらん
417 新喜劇 ディズニーランドに加えよう 官邸前で抗議の声を   野ばらん
418 侵略国だった昔を忘れまい平和憲法この国の礎     野ばらん
419 国境を越えた 奉仕を守ってきた武器にはあらず 平和憲法   野ばらん
420 富市氏の 街頭抗議をなんと聞く師と仰げよ 浅慮の総裁    野ばらん
421 YouTube アニメパロディで抗議する乙女の声に 快哉さけぶ   野ばらん
422 仏門徒 クリスチャンも ムスリムも悪い法は悪い 街で声上ぐ  野ばらん
423 今は亡き父応援せし村山さんに父の面影SEALDsと哭く 公彦
7・27
424 阻めども阻めどもなお民草の  声は止まざり悪い汗拭く(国会デモ妨害勢力を詠める)  宗海
425 アイドルは誰かの心に輝く存在と橋本美香の謂 私に輝く 公彦
426 アメリカの為の法案その証左国会の前にアメリカに約束 公彦
427 攻撃のネタを進んで提供し国民を危険に晒すバカタレ 公彦
428 十数人が造反すれば数足らず廃案になると友の書きおり 公彦
7・28
429 木の又より 産まれし者か 戦いに罪も畏れも覚えぬ 独裁 野ばらん  
430 神頼みしません 吾らが行動のうちに 働く神と思えば 野ばらん  
431 謝罪の 思いは言葉に 行動にこころを形に 平和憲法 野ばらん  
432 前文を 読むたび誇りに 震えるを知らずや ココロ無しの 宰相 野ばらん  
433 自虐史観など 反省の足らぬ人 ブログ書くトップが 変だと無反省の国だ 野ばらん 
434法律が憲法より上と 本に書き勘違いでは 済まされないぞ 野ばらん  
7・29
435 今やっておかねばならぬ事がある出来ないならば声だけは上げよ 野ばらん
436 手を伸ばし 戦争の尾を掴むよなそんな法案 怖くてならぬ  野ばらん
437 連携の 軍事行動 その鎖やがてぐるぐる国家を締める  野ばらん
438 ただ一撃 原発狙い 撃たれれば集団自衛も ただの瓦礫に  野ばらん
439 憲法は享受しつつも養わむ雪だるまに雪を付ける如くに  野ばらん
440 眺めてるだけでは 溶けていく平和この法案は 止めなければ    野ばらん
7・30
441 尖閣の領有どこにあろうとも住宅ローン減るわけじゃなし Rollienne
442 堂々と「法的安定性は必要ない」撤回すべし辞任すべし 公彦
8・1
443 憲法を無傷で渡す子や孫にそれが私の人生の意味 公彦
444 後方支援を半数が支持という兵站は戦争そのものなるを 公彦
445 福岡で「安保法案いけんくない!?」デモ「憲法九条はよかろうもん」公彦
8・2
446 コールには「例えが下手だね自民党」高校生の言語は自由 公彦
447 八重山の本当の脅威は自衛隊基地シマンチュ頑張れウチナー頑張る 公彦
448 TPPは戻れぬ漂流を開始した戦争法案君も同じだ 公彦
449 「変わったのは自民の本部で我々ではない 」オール庄原自民の重鎮 公彦
450 憲法無視自死強要の安倍チルドレン磯崎・武藤は落ちて震えよ 公彦
451 灼熱に高校生も立ち上がる傍でSEALDsはチラシを配る 公彦
452 アフガンの治安維持RSに一万三千人自衛隊ものこのこ行くのか 公彦
8・3
453 死亡せし母の体を這い回る乳飲み子忘れぬ古堅さんの人生 公彦
454 戦争を見つめることで感じられる平和というは掴みどころなし 公彦
455 中学生に安倍総理のレベルと比べられたクラスの男子よ奮い立て今 公彦
456 警察とネトウヨ共に安倍の指示覚睡市民に恐れ慄き 公彦
8・4
457 読売は一度閉鎖して出直しを世論調査忘れ世論誘導 公彦
458 議論しよう廃案にするだけでなくこの国のあるべき姿を君と 公彦
459 私も変えました解釈を納税やめます 生存権と平和追求権のため 敏明
460 鳥取砂丘の90倍の演習場にアラブの俳優と自衛隊は何してる 公彦
461 戦死者の多くは路肩のIED兵站という危険な戦争 公彦
462 「必要最小限」の武力行使が定義出来ずば即違憲なりわが自衛隊 公彦
463 礒崎は「誤解を与えた」というばかり憲法無視の我が身は見ずか 公彦
464 高校生の5千人の渋谷デモNHKでは250人の支持デモと同じ 公彦
465 憲法守らず主権者無視の青二才議員を辞任してから物言え 公彦
466 過去・現在・未来貫く戦争の記憶は残る人は朽ちても 公彦
8・5
467 平和こそ花火をあげる条件か戦争なれば花火はあがらぬ 公彦
468 イラクでは正月以外見なかった花火は爆撃と皆思うなり 公彦
469 若僧が戦前の軍部と同じとはこの国はいつからこうなったのか 公彦
470 名古屋にもとんでもない自民議員安倍チルドレンに口が閉まらず 公彦
471 慰安所を作ったという中曽根の流れの中の「アベ政治」なり 公彦
472 この国は戦犯政治が続いているその子や孫が政権担う 公彦
473  若僧が戦前の軍部と同じとはこの国はいつからこうなったのか 公彦 ‪
474 「核兵器は消耗品で武器でない」明日は広島原爆記念日 公彦
475 核兵器兵器とついても武器でない?兵器というのはどこにあるのか 公彦
476 弾薬も核兵器までも兵器でない→兵士は消耗品なので人間ではない 公彦
477 わだつみの声を聞く時私には「積極的平和主義」は大東亜共栄圏と重なる 公彦 ‪
478 その実は戦争をするための法案か安倍チャイルドの無邪気なツイート 公彦
8・6
479  広島の思い伝えるカープよし全員背番号86番 公彦
480 公言する「デモ参加者を採用しない」ホリエモンの会社を採用しない 公彦
481 浅薄な自民議員に帰れ!と言った菅原文太を見習え己 公彦
482 身をかけて闘いに立つ君らが眩しいせめて大人は邪魔を しないで 公彦
3・8
483 髪ゼロが 沖縄メディア侮辱して ニヤニヤ嗤う 自民党若手 和芳
8・9
484 戦争の 気配近づく 今だから 悔いのないよう 老婆もうごく 伊征子
8・10
485 空爆も自爆テロもないこの平和 いつまでもつのか おいニッポンよ 帥人
486 過ちは二度やらないと身につかぬ またやりますかニッポン我が軍 帥人
487 原発は いや マスコミは大丈夫 完全アンダー・コントロール 帥人
488 沖縄の新聞全面反基地写真 本土の新聞ベタ数行 帥人
489 売れるのは好戦的な雑誌のみ 日清日露 往事もかくや 帥人
490 よくごらん その暗闇に戦争と秘密保護法 手をつないでる 帥人
491 集団的自衛権と秘密保護法がくっつけば はや臨戦体制 帥人
492 60年 強行採決あったなあ 祖父の愚行を繰り返す孫 帥人
493 警棒で打たれし頭を覆いたる血染めのハンカチ色褪せて6月 帥人
494 ブラウスを血潮で染めた女子学生 戦(いくさ)への道 止めようとして 帥人
495 東洋に平和を創ると戦(いくさ)して 今いう積極平和主義かな 帥人
496 侵略と民の弾圧に明け暮れて 民守ることなき皇軍史 帥人
497 攻撃は最良の自衛だと 言い出しかねない首相の滑舌 帥人
498 「人殺す勇気はいらない」と訴える女子大生の頬は輝く 帥人
499 つり革を持って死にたる男あり原爆僅か七十年前 公彦
500 土の中で上に向かせるように投げる原爆に死にし友の遺体を 公彦
501 不眠不休で電車走らすと電気技師「死ぬ程あの爆弾が憎い」と 公彦
502 広島電鉄の心臓を生き返らせるその為に千田町変電所男は汗かく 公彦
503 きゅうりを下さい彼らが腹をすからしたら広島に電車が走れんようになる 公彦
504 広島の電車は走る焼け野原を馬車と焼けた車と傾いた信号と 公彦
505 被爆後の一番電車を走らせた広島の少女今八十七歳 公彦
506 戦中に妻を亡くした慟哭やこんな広島を見せなくて良かったと 公彦
507 何にも無くなるという事がどういう事か生きてるものは見なければならない 公彦
508 豊子という広島一番電車を走らせた少女と同名長崎被曝の義母 公彦
509 我が母と同い年なり広島の少女子ども孫ひ孫ほぼ同じ歳 公彦
510 野党議員全員の議員辞職もあり得るか小沢一郎秘策を語る 公彦
511 戦争は 繰り返すまい 絶対に築きてゆかん 平和への道 的子
8・11
512 中居正広平和教育受けている松本人志浅薄な受け売り 公彦
513 東芝と安倍の暗闇垣間見せ川内原発再稼働する 公彦
514 海外で必要最小限はあり得ない 磯崎某は大分に帰れ 公彦
515 平和とは反省や謝罪を共有する事息子や娘に伝わらぬまま 公彦
516 大御所の 安保法案 語りけり ゴマする松本 気づく鶴瓶 和芳
517 はるけくも ガダルカナルの現場にて 出でし遺骨は無縁墓地行き 雪中庵
(日本兵か米兵か分かる遺物と一緒でないと領事館は引き取らない)
518 餓島にて大半の兵餓死したり 「後方支援」主戦場なり 雪中庵
(ガダルカナル島の前の海は「アイアンボトムサウンド(鉄底海峡)」
と呼ばれるほど日本の輸送船が沈められている)
519 「戦争に行きたくない」は利己的か 死ねば御国のため生きられず 雪中庵
8・12
520  戦争法やめてゴルフ三昧が長生きするにはいいと思うが 公彦
521 声あげる創価学会有志達自衛を越える自衛を許さず 公彦
522 法案の成立前に自衛隊再編進め恥なき大臣 公彦
523 維新にも創価学会にもノーと言われ女性支持率二割の運命
524 社会人失格者ばかり集めたか政権崩壊戦犯数多 公彦
525 軍としての同盟調整メカニズム国会無視する戦前の如く 公彦
526 声あげる創価学会有志達自衛を越える自衛を許さず 公彦
527 法案の成立前に自衛隊再編進め恥なき大臣 公彦
528 ひと夏をわだつみのこえ聞いていし中一生が今のわたくし 公彦
529 野田先生あなたが私を作りました戦争法案つぶす私を 公彦
530 中一で道徳の教科書作ると読みし「きけわだつみのこえ」私の背骨 公彦
8・13
531 国会は「軍」の暴走で止まるなりガンバレコイケ!戦争止めよ 公彦
8・14
532 天皇と首相の違い明らかに談話に出て憲法の夏 公彦
533 細川護煕論陣をはり喝破する今の首相の畏敬の無さを 公彦
534 羽田孜「九条は世界に向けての平和宣言」 「安倍総理から日本を守ろう」 公彦
535 村山富一「国民が日本のあり方を決める」我が父の面影感じざるを得ず 公彦
536 鳩山由紀夫「小さな岩の事で争うのは愚の骨頂」戦争の出来ない珍しい国へと 公彦 
537 近衛文麿も岸信介も「侵略」と言っている 孫は祖父の言う事を聞け 公彦
538 イラクでは日本は尊敬されていた誇れる日本はきっと残せる 公彦 
539 戦前の日本はヒトラーに憧れた安部首相が岸を敬う如く公彦
540 アジア人の犠牲者数は語られず安倍談話なる被害の史観 公彦
541 誰一人侵略戦争と認めずに安倍総理までたどり着きたり 公彦
8・15
542 いま平和を必死に守るべきと知る軍靴の音近づいてゐて 翔のんまな
543 「軍拡の 中華成敗 安倍の夢 日米共に いざ戦わん」 真一
544 戦争を反省しない安倍談話欺瞞の上に欺瞞を塗りて 公彦
8・16
545 知り合いの喧嘩にのこのこ出向いては加勢す家を焼かれるまでに 公彦 
546 今日からはサッカーで手も使えると言ってるような「集団的自衛権」 公彦
547 アダージョで若者に戦争体験を 吉永小百合も敗戦年生まれ 公彦
548 過去を見て 何を憂いて 何を知る 過去の過ち 起こさぬ勇気 弘高
8・17
549 ニッポンを 取り戻す前に 取り戻せ 生き生きとした あの民主主義 えびたけ
550 脱却は 戦後レジーム とんでもない 脱却すべきは 戦争レジーム えびたけ
551 平和主義 積極的に 戦争か 掲げるべきは <殺すな>の旗 えびたけ
552 「アメリカン・スナイパー」160人を殺したか自衛隊はそれを真似るか 公彦
553 死の商人戦争の裏に暗躍す最大の敵は平和であると 公彦
554 最大の武器商人はアメリカの大統領と映画の終わる 公彦
(『ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男』を観て)
555 アメリカに協力するとは子どもらに銃口向ける君か君の子が 公彦
556 謝った後に帳消しにしてしまうサイクル止めてちゃんと謝れ 公彦
557 この国はいざとなっても戦わない山田洋次は寅さんを引く 公彦
(以下私たちの戦争〜太平洋戦争、イラク戦争、これからの戦争)
558 戦争体験を語れるものが少なくなったイラク戦争を若者が語る 公彦
559 武器は全てアメリカ製で部品はブラックボックス元自衛官村田信一さん 公彦
560 海外に出る若者が増えたなら戦争を理解する人が増え戦争はせぬ 公彦
561 出来事は報道されても文化まではは報道されない佐藤真紀若し 公彦
562 違う国の事を考える事が大事近藤紘一さんの軌跡をたどると 公彦
563 南スーダンで自衛隊は何をやっているマスコミの報道無きを悲しむ 公彦
564 軍でなく日本企業に来て欲しいサマワの人の映像残る 公彦
565 1千億の7割は陸自の装備費でイラクに渡るは30億のみ 公彦
566 フランスNGO年間1億で水作る自衛隊は数百億円で水作る 公彦
567 幸いはサマワに米軍居なかったNGOと自衛隊は共存出来ず 公彦
568 始まりは米軍へのガソリン補給だった給水の後は米軍人輸送 公彦
569 給水や道路ではなく米軍への給油・兵站・輸送が任務か 公彦
570 自衛隊雇う民間警備会社が人を殺せばどうなるヒゲの隊長 公彦
571 セキュリティという名の軍事が進むだろうエルビルに住む佐藤真紀言う 公彦
572 あなた方がテロとの闘いと言うならばそれを作ったのは誰かと言おう 公彦
573 日本人は国際平和に真摯に向き合ってないイラク医療ネットの嘆き 公彦
574 北海道の人が凍死するから機雷除去 何となくそれは胡散臭い 公彦
575 中国をいかに巻き込むかそういう視点の議論が欲しい 公彦
576 ガンジーの無抵抗主義の典型がこの国の憲法に厳としてあり 公彦
577 PKFなくてルアンダ虐殺あったというPKOならどうか真妃君 公彦
578 無抵抗主義が大きな問題を解決する日本の進むべき道なるか 公彦
579 違う意見が議論する場所が必要と綿井健陽語気強く言う 公彦
580 イラク戦争の反省なくてそのままで安保法制成立はない 公彦
8・18
581 安倍命ず 行け自衛隊 海外へ お国の為に 英霊となれ 真一
582 桜島お怒りになるか三年以上停止の原発のトラブル十割と 公彦
583 人間でも自分を責めている人はガンになり易いと右翼デモ言う 公彦
584 川内の原発再稼働の前の日に元副社長と故郷に会う 公彦
585 731と書かれし戦闘機に親指立て安倍晋三は満面の笑み 公彦
586ウソを重ね 自衛隊員 死にまくり 虫けらと思う 安倍は寿司食う クツ投げAさん
587 アメリカ兵 年間1000人死んでいる その4割が 自衛隊の分 クツ投げAさん
588 安倍君は 自分は戦う勇気ゼロ 「民」は平気で オバマに差し出す クツ投げAさん
589 戦争をしたいのならば 「したい!」って 正々堂々言ってみやがれ クツ投げAさん
590 9条は戦後日本の 存在理由 戦前回帰の安倍が破壊す クツ投げAさん
591 前回の答弁迄が「記憶にない」防衛大臣という気楽なポスト 公彦
592 米軍の起こす戦争に大臣も総理も関わらず組み込まれるか 公彦

以上で二次募集は終了しました。ご投稿ありがとうございました。

続けて三次募集にご応募下さい。

 

以上です。
----
電子出版完成!
軍服を着せる為なら子は産まぬ
(戦争法案に反対!575&57577)
http://p.booklog.jp/book/100060/read

戦争法案に反対!575&57577(二次募集)
俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 橋本邦久さんの歌集「草の実」を読んだ | トップページ | おは!twitter俳句(残る暑さ) »

「憲法九条」カテゴリの記事

コメント

8月の末の日曜全国で
 どこへなりとも参加出来るデモ 野ばらん

明日こそは子どもの協力頼みて行く
 いざ退陣を迫るそのデモ    野ばらん

こんなにも退陣迫りたい
 呆れるばかりのお馬鹿政権  野ばらん

かつてなく溢れるばかりデモ情報
 乏し総理のアタマに反し     野ばらん

恒久の平和をゆるりと考えよう
 そう明日のデモ行動あとに   野ばらん

大津留 公彦様

 すみません、

  神頼みしません……は
   ダブり投稿になってしまいました。
  7月29日分から削除頂けますように
  お願いいたします。

             野ばらん

今やって
 おかねばならぬ事がある
  出来ないならば声だけは上げよ
                 野ばらん

手を伸ばし 戦争の尾を掴むよな
   そんな法案 怖くてならぬ  野ばらん

連携の 軍事行動 その鎖
 やがてぐるぐる国家を締める  野ばらん

ただ一撃 原発狙い 撃たれれば
  集団自衛も ただの瓦礫に  野ばらん


神頼みしません 吾らが行動の
     うちに働く神と思えば  野ばらん


憲法は享受しつつも養わむ
 雪だるまに雪を付ける如くに  野ばらん


眺めてるだけでは 溶けていく平和
 この法案は 止めなければ    野ばらん

木の又より 産まれし者か 戦いに
    罪も畏れも覚えぬ 独裁   のば

神頼みしません 吾らが行動の
  うちに 働く神と思えば  のば

謝罪の 思いは言葉に 行動に
    こころを形に 平和憲法  のば

前文を 読むたび誇りに 震えるを
 知らずや ココロ無しの 宰相  のば

自虐史観など 反省の足らぬ人 ブログ書く
  トップが 変だと無反省の国だ のば

法律が憲法より上と 本に書き
 勘違いでは 済まされないぞ  のば

人殺す国になりたくない
 僧侶は語る 福岡のデモで   野ばらん


丁寧に説明すれば いいなんて
 却って 馬脚を現せば 良い   野ばらん


悪法案 どこから見ても 取り柄無し
 さっさとどぶに棄ててしまえ  野ばらん

新喜劇 ディズニーランドに
加えよう 官邸前で抗議の声を   野ばらん


侵略国だった昔を忘れまい
  平和憲法この国の礎     野ばらん


国境を越えた 奉仕を守ってきた
 武器にはあらず 平和憲法   野ばらん


富市氏の 街頭抗議をなんと聞く
師と仰げよ 浅慮の総裁    野ばらん


YouTube アニメパロディで抗議する
  乙女の声に 快哉さけぶ   野ばらん


仏門徒 クリスチャンも ムスリムも
  悪い法は悪い 街で声上ぐ  野ばらん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/61941983

この記事へのトラックバック一覧です: 二次募集 戦争法案に反対!57577(8.19)(590):

« 橋本邦久さんの歌集「草の実」を読んだ | トップページ | おは!twitter俳句(残る暑さ) »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ