無料ブログはココログ

« 二次募集 戦争法案に反対!57577(8.19)(590) | トップページ | 「一番電車が走った」 »

おは!twitter俳句(残る暑さ)

7日から5日間帰省した。
帰省したといっても家がある訳ではなくホテルと旅館に泊まった。
親4人の中で唯一残ってグループホームにお世話になっている私の母親に会うのが主な目的だったが高校の同窓会や友人や親戚に会うのも目的だった。
母親はいよいよ認知が進みついに私の事が分からなかった。
私にも反省がある。二年間帰って居らず写真も全然送らなかった。
顔も忘れようというものだ。

初日は名古屋時代の友人に大分空港まで迎えに来て貰って一日中車で大分北部を案内して貰った。
九重”夢”大吊橋九酔渓温泉二匹の鬼露天風呂) →耶馬渓豊後高田昭和の街別府居酒屋チョロ松でかも吸いそばまで食った。

二日目は親父の実家である別府の従兄弟の所に行き、午後は高校の創立130周年記念の講演会に参加し後輩でFacebookの友人とビールを飲み、夜は高校の同窓会に参加した。

三日目は一日母親のところに居た。

四日目は大学時代の友人宅にお邪魔し旧交を温めた。
その後親戚を三軒回った。

五日目は朝一軒親戚に行きその後母親の所に行き、湯布院のドルドーニュ美術館に行って館長で俳句結社あまのがわ主宰の裏さんの所に行った。
話をしていたら光栄なことにホームページの裏さんの写真はなんと私が数年前に撮った写真だった。
新日本歌人とあまのがわを今までバーターしていたが今後はあまのがわだけ継続する事になった。
由布の山々を見ながら珈琲を頂きながら俳句論や戦争論をした。

その後一軒親戚に行き夜の飛行機で帰った。

これから毎年帰りたいと思います。

由布の峰正面に見て戦争論 公彦

ーーー
皆さんから寄せられた500超の作品の電子出版成りました。引き続き二次募集しています。これも電子出版します。http://watashiga.org/tokyo/725「軍服を着せるためなら子は産まぬ」(戦争法案に反対!575&57577)#puboo http://p.booklog.jp/book/100060
ーーー
この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★
twryossyさんのツイート:おは! RT @twryossy

2015年08月10日(月)

@twryossy 残る暑さ親戚たりや鉱泉宿 公彦

福来屋旅館は曽祖母の出た所である。
そこに今回の里帰りの4泊の内2泊させて貰った。
酸性の非常に強い鉱泉に特徴がある。
昔からの湯治場で蛍も出る鄙びたいい温泉宿である。
しかし経営が心配になるほど客が少なかった。
一泊二食付きで6千円という安さなので学生の団体が来たり海外から来たりはしているようだが。

昔山一つ越えた曽祖母の嫁いだ所から子ども二人で卵を届けたことがある。
しかし途中で落として卵はほとんど割れてしまった。
てっきり怒られると思ったら、優しく怒られず、お土産まで貰って帰った酸っぱい思い出がある。
勿論帰りは酸っぱい水の入った一升瓶を抱えて帰った。

その時の水は酸性が強くて子どもには飲めない位だったが今はそうでもないような気がするのは私が大人になったからだろうか?

おは! RT @twryossy: 【今日の季語2051】残る暑さ(のこるあつさ):「残暑」の訓読傍題で「秋暑」などとも。晩夏の「極暑」の候は過ぎたとはいえ、まだしばらく暑さの続くことをいう初秋の季語。◆伶人(れいじん)のやどりにのこる暑さかな(蕪村)

2015年08月09日(日)

@twryossy 桔梗や折り目正しき父なりし 公彦 

★父は何事にもきちんとしていた。
挨拶にはうるさかった。
国鉄の職員だったので年間10日間のパスがあったのでよく旅行に行っていた。
改札を通る時はお客さんの入場が終わって深々と頭を下げてパスを見せて「お願いします」と言って入れと言われた。
自分がその血を引いているかに思いを致す

おは! RT @twryossy:【今日の季語2050】桔梗(ききょう):古名「きちかう」の他「おかととき」の別名傍題も。キキョウ科の多年草で七~八月にかけて紫や白の花を付ける。根茎は漢方の薬種にされる。◆桔梗やまた雨かへす峠口(飯田蛇笏)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語2050:別記】古名キチカウは、この植物が中国から渡来した当時の「桔梗(キチキャウ)」に含まれる拗音kyaをkaと直音化して受容した形であろう。後に拗音が日本語音韻に定着してキチキャウがキッキャウを経てキキャウ>キキョウへと転じたものと見られる

2015年08月08日(土)

@twryossy 今朝の秋故郷の駅に見つけたり 公彦

★大分駅は大きく変貌した。別府駅も変わった。
その間の駅はあまり変わっていない、


おは! RT @twryossy: 【今日の季語2050】桔梗(ききょう):古名「きちかう」の他「おかととき」の別名傍題も。キキョウ科の多年草で七~八月にかけて紫や白の花を付ける。根茎は漢方の薬種にされる。◆桔梗やまた雨かへす峠口(飯田蛇笏)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語2049】】今朝の秋(けさのあき):二十四節気の一つ。本題「立秋」の朝を指す傍題で「今日の秋」とも。まだ秋の実感はなく「秋分」までは「残暑」の日々が続く。◆目薬の一滴重し今朝の秋(清水公治)

2015年08月07日(金)

@twryossy 秋を待つアクセス特急成田行き 公彦

★成田から大分に向かう為に乗る朝の電車にちょっぴり秋を感じた。
ちょっぴりだが。

おは!@twryossy: 【今日の季語2048】秋を待つ(あきをまつ):「秋近し」「秋隣(とな)る」「秋迫る」などの別題も。耐えがたい夏の暑さが終わって早く秋が来て欲しい願いの籠もる晩夏の季語。◆鶴一つ痩せて秋待つ木の実かな(支考)

おは!@twryossy: 【今日の季語2048:別記】例句には単独では晩秋の季語にあたる「木の実」も含まれているが、「秋待つ」が本題であることは句意から明らかなので、本句では季語の扱いは受けないと見るべきであろう。

2015年08月06日(木)

@twryossy 戦争と闘い今日は広島忌 公彦

★戦争法案と闘う作品を作り、まとめ、拡散する日々に原爆忌日がやって来た。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語2047】広島忌(ひろしまき):「原爆忌」の傍題。1945年の今日広島に米軍機が投下した原爆により無数の非戦闘員の命が奪われた。世界が忘れてはならないこの日。◆夕日その重さに沈み広島忌(田山康子)

2015年08月05日(水)

@twryossy 遠花火孫の頭の上に乗る 公彦

Tおは!@twryossy: 【今日の季語2046】遠花火(とおはなび):晩夏の季語「花火」の数多い傍題の一つ。遠くの夜空に打ち上げられた花火は、かすかな追憶をたどるように次々に開いては消えて行く。◆遠花火ひとの愁ひをきき流す(柴田白葉女)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語2046:別記】花火は盂蘭盆の景物であったために江戸期の多くの俳書では秋のものとされたが、盆が新暦に移行したり川開きなどの納涼の定番行事になったりしたことから、晩夏の生活季語として扱われるようになった。

2015年08月04日(火)

@twryossy 小雀来る鍋を被りて重たかろ 公彦 

おは!@twryossy【今日の季語2045】小雀(こがら):「四十雀」「山雀」などと同じシジュウカラ科の小鳥。同族の中ではもっとも小さく、頭部が黒いところから「鍋かぶり」の異名で呼ばれる。◆一本の木に鈴なりの小雀かな(一茶)

以上です。
----

戦争法案に反対!575&57577二次募集


俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 二次募集 戦争法案に反対!57577(8.19)(590) | トップページ | 「一番電車が走った」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/62047203

この記事へのトラックバック一覧です: おは!twitter俳句(残る暑さ):

« 二次募集 戦争法案に反対!57577(8.19)(590) | トップページ | 「一番電車が走った」 »

カテゴリー