無料ブログはココログ

« 戦争法「成立」を受けての野党に対する要望書 | トップページ | おは!twitter俳句(冬の海) »

九条歌人の会主催の第11回「憲法を考える歌人のつどい」に参加しました。

九条の会の事務局長小森陽一さんのお母さんで「青い空は」の作詞者小森香子さんと二次会で親しくお話させていただきました。

小森香子さんの詩文集「子ども・愛・平和」を買って読んでいます。


水野昌雄さん挨拶
講演頂く小森香子さんは前に講演頂いた小森陽一さんのお母さん
又、木村雅子さんは呼びかけ人太田絢子さんの娘さん
親子でつなぐ意志を感じます。

城間百合子さん事務局報告
二ヶ月に一回喫茶店パンドラで九条サロン
うた新聞に戦争立法反対の意見広告
8・30 12万人集会に参加

亡くなった呼びかけ人
田井安曇、山名康郎、槇弥生子

新しい呼びかけ人
阿木津英、山本司
来年は参議院選挙があります。
這うことも出来なくなったが手にはまだ平和を願う一票がある 八坂スミ

木村雅子さん(潮音代表)講演
1.平和問題 2.潮音の歌から 3.今後の課題
1.平和問題
10・19の未明「強行採決」その午後平和の万葉集巻四記念講演会でも話をした。
大澤まみ (SEALDs kansai)はパレスティナの抗議の声を見て個人の尊厳や自由を守っていると感じたという

無関心であること憲法に守られて戦後七十年までは来つ 大口玲子

國民にふさふ政府をもつほかなしこの語重たくのしかかりくる 太田青丘

戦争歌人と揶揄されながかの戦詠ひ続けむ骨となるまで 奥原宗一

(若い人の感想:「幾山河」の歌に過去に見たどのような映像よりもインパクトを受けた。公平な視点。安保法案を見たらどう思われるか)

むら人の五人に一人が満州に行きし村あり この伊那谷は 小林勝人

2.潮音の歌から
国策を見破ることは容易ならず与党に一票入れしを悔やむ 竹内和子

戦争は平和の顔してやってくるイラクに敵視の兵器はあったか 滝沢ケイ子
(以下歌略)
「潮音」は100周年 9月に300人で記念会を行った。

3.今後の課題
諦めたらもっと悪くなる
やられたらやり返すのではなく大事なことは共に生きること
私的な言葉をパワーに歌を詠み続けて行きましょう。

「だれの子どもも殺させない」というふ言葉生命を産みたる母親たちの 木村雅子

他に歌集 憲法を詠む第八集から呼びかけ人及び参加者の短歌紹介等と小森香子さんの戦争体験と詩の朗読がありました。

九条の会の講演
鶴見俊輔さんの志を受けついで 九条の会講演会
今、立憲主義と9条の危機に立ち向かう
日時:11月13日(金)18:30
場所:日本教育会館一ッ橋ホール
お話:大江健三郎、澤地久枝、益川敏秀、森まゆみ

以上

ps.二次会で小森香子さんと親しくお話頂きました。


以上です。

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 戦争法「成立」を受けての野党に対する要望書 | トップページ | おは!twitter俳句(冬の海) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/62640418

この記事へのトラックバック一覧です: 「憲法を考える歌人のつどい」に参加しました。:

« 戦争法「成立」を受けての野党に対する要望書 | トップページ | おは!twitter俳句(冬の海) »

カテゴリー