無料ブログはココログ

« tekona | トップページ | 2016年度「啄木コンクール」作品募集! »

歌人の奈良達雄さんが「下町人間庶民文化賞」を今日受賞しました

私がお世話になっている歌人の奈良達雄さんが「下町人間庶民文化賞」を今日受賞しました。

奈良さんは「田中正造を現代に活かす会」の代表世話人です。

その田中正造の短歌を研究しているということでの受賞だそうですが、元新日本歌人協会代表幹事で短歌の

リーダーというのも受賞の理由だそうです。

こんなに嬉しい事はありません。

一緒に受賞するのが金子兜太さんとちばてつやさんという事でこれもすごいメンバーです。

昨日までの新日本歌人関東近県集会でご本人にお聞きして懇親会で発表し会場で祝いました。

本日の東京新聞の一面に出ています。(以下に全文紹介)


以上です。

Securedownload
11月29日新日本歌人関東近県集会懇親会で茨城の人たちと。右端が奈良達雄さんです。

人情の「下町ノーベル賞」 金子兜太さんら今年は4人
2015年11月30日 07時37分

 庶民の暮らしと文化、平和と民主主義を守るために貢献した人を庶民が選び、顕彰する。そんな活動を続け、いつしか「下町のノーベル賞」と呼ばれるようになった。東京都台東区の市民グループが主催する「下町人間庶民文化賞」。二十九日、三十回目の表彰式で、本紙「平和の俳句」選者で俳人の金子兜太さん(96)ら四人に表彰状を手渡した。 (松尾博史)
 賞を主催する「下町人間の会」は、台東区三ノ輪に事務所を置く。原爆投下後の広島で火炎から移した種火に長崎で焼けた瓦からおこした火を合わせた「広島・長崎の火」と、空襲で焼けた家屋の炭から起こした「東京大空襲の火」が、二つのランプにともる。
 理事長の川杉元延(かわすぎもとのぶ)さん(73)は、表彰の言葉を練り続けてきた。手作りの賞でも込めた思いは気高い。「金子さんの場合、ノーベル平和賞と文学賞を一緒にした感じだと思っていますからね」
 会の設立は一九七七年。社会評論家、随筆家の小生夢坊(こいけむぼう)さん(一八九五~一九八六年)が中心となり、共産党元衆院議員の金子満広さんらが発起人に名を連ねた。庶民が暮らす町の文化や芸術を紹介する博物館の建設を行政に働き掛けるのが目的だった。八六年、下町人間庶民文化賞を創設した。
 自転車で往診する医師、地蔵を守る住民、戦後に復活した入谷の朝顔市の実行委員長、親身な弁護士、寺の住職…。毎年五人前後の受賞者には、そんな無名の人々が著名人に入り交じる。八七年には故人が対象の「特別功労賞」を新設した。
 受賞者を決め、電話すると「そんな賞は知らない」と言われることが多い。賞金はない。贈るのは万年筆と置き時計。それでも、平和を訴える詩を朗読している吉永小百合さん(一一年)ら国民的スターが快く受けてくれた。
 金子さんは語った。「菊池寛賞など、いろいろな賞をいただいたが、このような庶民の賞をもらえてうれしい。戦争で庶民が死ぬのを見てきたので、自分の周りの人の役に立つことをしようと思って生きてきた。名誉なことであり喜びをかみしめている」
 今年の下町人間庶民文化賞は、下町が舞台の「あしたのジョー」で知られる漫画家ちばてつやさん(76)、浅草のそば店おかみの冨永照子さん(78)、田中正造の短歌を研究する奈良達雄さん(83)にも贈られた。
【今年の下町人間庶民文化賞】=敬称略
 現代俳句協会名誉会長 金子兜太
 漫画家 ちばてつや 
 協同組合浅草おかみさん会理事長 冨永照子 
 歌人 奈良達雄

東京新聞

短歌のいろはを新日本歌人のホームページ用に書き下ろしで書いて頂きました。
短歌を学ぼうという人には役立つと思います。

以上です。


俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« tekona | トップページ | 2016年度「啄木コンクール」作品募集! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/62781948

この記事へのトラックバック一覧です: 歌人の奈良達雄さんが「下町人間庶民文化賞」を今日受賞しました:

« tekona | トップページ | 2016年度「啄木コンクール」作品募集! »

カテゴリー