無料ブログはココログ

« 今日は第一火曜日で定例のSTOP TPP 官邸前アクションに参加しました | トップページ | カラバッジョの「法悦のマグダラのマリア」を観た »

 認知症裁判で最高裁が出した判断は正しいと思う。

 認知症裁判で最高裁が出した判断は正しいと思う。
認知症は今や国民病であり、国家的に会計をはかるべきだろう。
「監督義務者」は国である。
国は家族の救済制度を急ぎ充実すべきだろう。

しかし
考えてみるとそもそも何故JRが訴えているのだろうか?
JRが設備管理の過失責任で訴えられるべきではないだろうか?
法理が定まっていない現在、逆の立場の裁判を起こす意味はあるだろう。

以下共同通信記事
認知症の男性患者が徘徊中に電車にはねられ死亡した事故をめぐり、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は1日、「家族が容易に監督できる場合などは賠償責任を負うケースがあるが今回はそれに当たらない」と判断した。
 民法は責任能力のない人が与えた損害は「監督義務者」が賠償すると規定。子の事故で親の監督責任が問われることは多いが、認知症患者の家族の責任に関して最高裁まで争ったケースは初めてで、在宅介護の現場に影響を与えそうだ。
 最高裁は、男性の妻(93)に賠償を命じた二審判決を破棄し、JR東海の請求を棄却した。

以上です。
生きる力と文化のつどい シリーズ第3弾アベ政治を許さない!!
 4月3日(日) 13時30分開演・第一部 ゲスト 金子兜太さんのおはなし60分)聞き手 望月たけしさん
・第二部 文化イベント   
*会前のイベント
4月3日午後1時に大塚駅南口と北口前にて金子兜太さん筆による「アベ政治を許さない」をいっせいに掲げます。
電子チケットhttp://peatix.com/event/152526/view


2016年5月15日(日)13:00 開場 13:30 開会 * 文化行事 シンガーソングライター 宮沢勝之 「陽気に生きようこの人生をさ」「世界中がアイ・ラブ・ユー」他(宮嶋圭の手話マイム付き) * 講演  【生誕130年 啄木の魅力を語る】   講師 山下多恵子(国際啄木学会理事・日本ペンクラブ会員)    * 会場 エデュカス東京
電子チケット http://peatix.com/event/84918

戦争法廃止!575&57577六次募集〜戦争法廃止まで!


9月25日の北海道新聞に掲載されました。三次募集の選をしました

9月13日の東京新聞
http://www.asahi.com/articles/ASH9H5WG2H9HUTIL04Y.html">9月17日の朝日新聞 に掲載されました。

三次募集電子出版:戦争にNOの声あげデモにいく 19の吾娘は立派に育つ

二次募集電子出版:血に染めし父の記憶や晩夏光

一次募集電子出版:軍服を着せる為なら子は産まぬ
(戦争法案に反対!575&57577)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 今日は第一火曜日で定例のSTOP TPP 官邸前アクションに参加しました | トップページ | カラバッジョの「法悦のマグダラのマリア」を観た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/63286469

この記事へのトラックバック一覧です:  認知症裁判で最高裁が出した判断は正しいと思う。:

« 今日は第一火曜日で定例のSTOP TPP 官邸前アクションに参加しました | トップページ | カラバッジョの「法悦のマグダラのマリア」を観た »

カテゴリー