無料ブログはココログ

« おは!Twitter俳句(銀杏の花) | トップページ | おは!Twitter俳句(鯛網) »

おは!Twitter俳句(熊谷草)

九州で地震が続いている。
熊本地震と言われ支援物資も熊本に集中的に送られている。
しかし被害は大分にもある。
別府や湯布院では避難所生活をしている人もいる。

提案ですが大分と熊本は中九州と呼ばれるので中九州大震災という名前にしたらどうだろうか?


ーーーーー
この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★

2016年04月25 日(月)

@twryossy ヒゲジイか源氏の白か熊谷草 公彦

★昔の武士が背中に背負った母衣に見立て、がっしりした方を熊谷直実に、優しげな姿の方を平敦盛にあてたものである。花色がそれぞれ白、赤っぽいため源氏の白旗、平氏の赤旗に見立てたための命名ともいわれる

おは! @twryossy: 【今日の季語2310】熊谷草(くまがいそう):ラン科の多年草。大きな袋状の唇弁の形を、平敦盛(あつもり)を討ち取った熊谷直実の母衣(ほろ)を背負った姿に見立てた名称。◆熊谷草むかしの修羅を母衣に溜め(河野多希女)

おは! @twryossy: 【今日の季語2310:別記】別名傍題の「布袋草(ほていそう)」もこれと同様に、唐末の高僧で七福神として祀られる太鼓腹の布袋和尚が袋を背負った姿に見立てたもの。
 
2016年04月24日(日)

@twryossy ネーブルの香に包まれて朝餉かな 公彦

★我が家の食卓には柑橘系がいつも置いてある。

おは!@twryossy: 【今日の季語2309:別記①】「ネーブル」は《臍》の意を表す英語で「ネーブルオレンジ」が正式な呼び名。一般に「オレンジ」の汎称が用いられている品種は「バレンシアオレンジ」と呼ぶのが正しい。

2016年04月23日(土)

@twryossy 約束や朝露光る苜蓿 公彦

★クローバー全般の花言葉は、
「私を思って」「幸運」「約束」です。
「復讐」という怖いものもあります。


おは! @twryossy: 【今日の季語2308】苜蓿(うまごやし):晩春の季語で「クローバー」「しろつめくさ」の傍題でも。江戸期に渡来したのが野生化した帰化植物。漢名「苜蓿」は本来別種のもの。◆苜蓿に落ちて真白き手巾かな(高柳重信)

おは! @twryossy: 【今日の季語2308:別記①】「うまごやし」は牧草として優れているところから出た《馬肥(こや)し》の意の呼称。「しろつめくさ・クローバー」は本来別の植物であるが、季語では混同されてこの汎称で呼ばれている。

おは!@twryossy: 【今日の季語2308:別記②】「苜蓿」を「もくしゅく」と字音で読む傍題もある。例句もこの読みに従ったものであろう。これに合わせて「ハンカチ」の漢語「手巾(しゅきん)」を用いたところに取り合わせの妙がある。

2016年04月22日(金)

@twryossy 妻に手を小石川植物園鷽群れる 公彦

★先日小石川植物園に妻と行ったが藤などの春と初夏の花々が綺麗でした。
一年中花の見られる所です。

おは!@twryossy: 【今日の季語2307:別記】古語動詞ウソブクの原義は「嘯(うそ)吹く《口をつぼめて息を吐く・口笛を吹く》」の意で、ここから知られるようにウソには《口笛》の意があり、この鳥名の起源を、その鳴き声が口笛に似ているところに求める語源解がある。
おは!@twryossy: 【今日の季語2307】鷽(うそ):三春の季語。アトリ科の小鳥でスズメより大きく、楽の音に似た美しい声で鳴くところから「琴弾鳥(ことひきどり)」「鷽の琴」などの傍題もある。◆鷽鳴くや嫁してはじまる不仕合せ(鈴木良子)

2016年04月21日(木)

@twryossy 苺の花植物園に妻を呼ぶ 公彦

★小石川植物園にて。

おは!@twryossy: 【今日の季語2306】苺の花(いちごのはな):「花苺」の他「蛇苺の花」などの個別名傍題も。温室栽培のイチゴは季を問わず出回るが露地物は晩春に花を付けて初夏に結実する。◆室咲に苺の花もあるあはれ(水原秋櫻子)

2016年04月20日(水)

@twryossy 悲しきは阿蘇久住なる穀雨かな 公彦

★震災で親族も眠れない日々を過ごしている。雨は降って欲しくない。

おは!@twryossy: 【今日の季語2305】穀雨(こくう):二十四節気の一つ。雨が穀物を潤して生育を促す意を表す節気名で種蒔きの指標となる。今日から晩春後半に入り次第に初夏の趣を呈してくる。 ◆走り根が大樹支へて穀雨かな(鷹羽狩行)

2016年04月19日(火)

@twryossy 磯遊びせし人たちの夜を寝ず 公彦

★磯遊びもしたいが、、

おは!@twryossy: 【今日の季語2304】磯遊(いそあそび):晩春の時季に海近くに住む人々が磯に出て魚貝類などを採り磯辺で食して楽しむ。祝祭に似た趣を持つところから「磯祭」とも呼ばれる。◆旅鞄宿に預けて磯遊び(佐藤千恵)

以上です。

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« おは!Twitter俳句(銀杏の花) | トップページ | おは!Twitter俳句(鯛網) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/63533888

この記事へのトラックバック一覧です: おは!Twitter俳句(熊谷草):

« おは!Twitter俳句(銀杏の花) | トップページ | おは!Twitter俳句(鯛網) »

カテゴリー