無料ブログはココログ

« 南越谷駅共産党演説会に参加しました | トップページ | おは!Twitter俳句(岩燕)とアベカウンター »

六時間で消費税二パーセント分をドブに捨て年金資金はどこまで失せる 公彦

第二次安倍内閣発足以来20兆円の損失!

以下記事二つ紹介です。


岡本幸三(小林節慶大名誉教授秘書)
‏@happy3okamoto
インチキだらけの自民党の新聞広告⑥
税収:「21兆円増加 78.7兆円(2012年度)→99.5兆円(2016年度見込み)」
2016年度の見込み数値を示すこと自体、論外。GPIF(=年金)の2015年度運用実績すら未公表なんですが!

原 優治
昨日 23:16 ·

年金資金の運用は、米国などの海外諸国に見られるように、元本の保証される自国国債か信頼性のきわめて高い企業の発行した社債か海外のソブリン債へ限定されるべきなのです。

株式などの大きなリスクをふくむ債券等へ投資して運用するのは原則として厳禁なのです。これが厚生年金など運用に関わる人間の世界の常識なのです。

それなのに、第2次安倍内閣の直前までは12,5%に制限されていた、国内株式等への元本が保証されていない、大きなリスクをふくむ債券等への運用枠を、一挙に2倍の25%へ拡げたのは、一昨年の第2次安倍内閣発足後の安倍晋三総理の塩崎厚生労働大臣を通じてGPIFへの指示であったのです。

外国への運用枠を含めて株式等のリスクをふくむ債券への運用枠はこうして50%へも拡大されたのだ。

外国人で資金運用のプロのストラテジストに話をうかがうと、安倍内閣の公的年金資金の運用姿勢は、外国ではありえないことであって、完全に間違っていると言明している。安倍晋三氏はこの言葉へ真摯に耳を傾けるべきであろう。

運用枠を拡大した時点からの、第2次安倍内閣による厚生年金積立金の運用実績は、外国における運用を含めて平成28年6月23日現在、予想であるが20兆円に及ぶような巨額な大赤字なのである。

イギリスのEU離脱に伴う経済・財政・金融危機も襲ってくるから赤字はこれからどんどん増えていくであろう。もっともっと恐ろしい事態が待っているのかもしれない。

安倍総理は、株式運用において安倍内閣は40兆円の黒字だとか寝とぼけたことを言っているようだが、それは運用枠を拡大して後の日経平均225が最大の2万1千円を記録した瞬間時点における、全保有株式の時価総額と取得総額の差額であって、それは安倍内閣が運用したものばかりでなくそれ以前の歴代内閣の全運用実績が含まれているものであって、安倍内閣のみの運用実績ではないのだ。

この大事なポイントの箇所を勘違いしてはいけない。しかも日経225は最高の2万1千円から今では1万5千円を割り込むまで既に6千円以上は下がっておりどんどん下がっていくのだ。

加えるに、詳しくはわからないが、外国のリスクを含む債券投資でもジャンク債投資などで大赤字を出していることが漏れ聞こえてきている。

ここで私たちが告発しているのは、安倍総理が株式等元本が保証されていないリスクをふくむ債券への運用枠を2倍へ拡大したあとの内外併せての実績赤字があくまで予想ということだが20兆円へ及ぶような巨額な赤字ということだ。

なお、7月末までに運用実績が発表されるとのことだが、なるべく早く、昨年12月までの厳密な実績と今年6月末までの予想される概算を発表していただきたい。

これらの年金積立金に関わる真実を知ったら、年金へせっせとお金を供出してきた国民は怒り狂うであろう。この巨額な赤字を見て、安倍内閣はすっかり国民の信頼を失って総退陣となるであろう。
ーーー
この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★

2016年06月27日(月)

@twryossy 蠍棲むイラクの土漠を逃げしかな 公彦

★イラク・イラン戦争の時に仕事をしていたイラクからヨルダン経由逃げた。
途中の土漠には蠍がいて噛まれたら死ぬと随分言われ、先発タイ野宿の心配の無いように出国ビザをとる段取りをし出国したので蠍には会わなかった。

おは!@twryossy: 【今日の季語2373】蠍(さそり):クモ綱サソリ目の節足動物。四対の脚と二本の鋏状触肢を持ち尾の先に毒針がある。熱帯・亜熱帯に分布し日本では八重山や小笠原に棲息する。◆蠍棲める城壁に沿ひ露店市(長谷川浪々子)

2016年06月26日(日)
 
@twryossy 走馬灯回れば巡る父と母 公彦

★私の部屋には葬儀に使った父と母の大きな写真がある。


おは!@twryossy: 【今日の季語2372】走馬燈(そうまとう):三夏の生活季語で「回り燈籠」とも。二重に作った内枠の燈籠に風車と影絵を仕掛け、火を灯すと風車と一緒に回転する影絵が外枠に映る。◆走馬燈いのちを賭けてまはりけり(久保田万太郎)

2016年06月25日(土)

@twryossy 黒揚羽羽根に蒼穹透かしけり 公彦

★ 青空に透き通るような黒揚羽は実に綺麗だ。


おは!@twryossy: 【今日の季語2371】黒揚羽(くろあげは):「揚羽蝶」の傍題の一つ。単独の「蝶」および多くの個別種は三春のものとして扱われるが、大型で色鮮やかなアゲハ類は三夏の季語に。◆乾坤に黒揚羽とぶ影ひとつ(富安風生)

2016年06月24日(金)

@twryossy 白靴を履きて出て行く選挙かな 公彦

★こんな面白い選挙が今まであっただろうか?7月10日が楽しみである。


おは!@twryossy: 【今日の季語2370】白靴(しろぐつ):三夏の生活季語。強い陽射しを防ぐ効果と併せて涼感をもたらす夏の装いには白が好まれる。ことに白い革靴は他季にはほとんど目にしない。◆白靴で行くユトリロの坂の路地(松本澄江)

2016年06月23日(木)

@twryossy 汗疹よけの天花粉まみれの子を包む 公彦

★かなり前のことだが。

おは!@twryossy: 【今日の季語2369】汗疹(あせも):三夏の病態季語。多量に発汗した一部が体外に排出されないために皮膚にできる粟粒状の水疱性湿疹。深部まで進むと爛れて痒みに悩まされる。◆なく声の大いなるかな汗疹の児(高浜虚子)

おは!@twryossy: 【今日の季語2369:別記①】江戸期にはアセボの形も用いられたが、平安期に成立した十巻本和名抄(934頃)に「阿世毛(あせも)」の字訓があるので、アセモが先行形と見られる。

おは!@twryossy: 【今日の季語2369:別記②】アセモの語源には諸説あるが、《疱瘡》を指すモガサに「汗」を冠したアセモガサの短略形、あるいは《疱瘡》の原形イモガサの下略形イモに「汗」を結び付けたアセイモの縮約形と解するのが妥当であろう。

2016年06月22日(水)

@twryossy 鍬形や明日地震が来るという 公彦

★ この日次の日に地震が来るといううわさがあった来なかった。

おは!@twryossy: 【今日の季語2368】鍬形虫(くわがたむし):単に「鍬形」とも。雄の頭部から突き出ている鋏のような角が「鍬形」と呼ばれる兜の飾り金具に似ているところからこの名が出た。◆鍬形の値札引きずり売られけり(渋谷雄峯)

2016年06月21日(火

@twryossy 夏至の雨激しく降りて気を揉ます 公彦

★この日地震の被害を受けた熊本に大雨が降った。自然は過酷なことをする。


おは!@twryossy: 【今日の季語2367】夏至(げし):二十四節気の一つ。節気名の字義は《夏の至(きわみ)》の意を表し昼の長さが一年でもっとも長い日にあたる。暦の上では今日から仲夏後半に。◆夕暮れの明るさ残し夏至の雨(今村映水)

ーーーー
以上です。


俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 南越谷駅共産党演説会に参加しました | トップページ | おは!Twitter俳句(岩燕)とアベカウンター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/63837373

この記事へのトラックバック一覧です: おは!twitter俳句(蠍)と年金資金:

« 南越谷駅共産党演説会に参加しました | トップページ | おは!Twitter俳句(岩燕)とアベカウンター »

カテゴリー