無料ブログはココログ

« おは!Twitter俳句(袋角) | トップページ | おは!twitter俳句(蛍狩) »

沖縄県議選の結果が分かり、翁長さんを支持する与党が「大勝利」した。
沖縄の民意は新基地反対です。民主国会では為政者は民意を尊重しなければなりません。
以下沖縄タイムスの記事の一尾です。
 県議選の結果は名護市長選や知事選、衆院沖縄選挙区に続いて、民意が示されたとの見解を示し、辺野古移設に影響しないとする政府の考えには「宜野湾市区で辺野古反対の候補2人が当選したのは大きい。政府はその場から逃げようとしているとしか思えない」と語った。
 嘉手納町内で起きた米海軍2等兵曹の飲酒運転による事故には、米軍や政府の事件事故の防止策が「絵に描いた餅にすぎないことが証明された」と批判。「県民は解決策にならないことを知っている」と述べ、あらためて日米地位協定の改定、基地の大幅な整理縮小を訴えた。
ーーー
この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★

2016年06月06日(月)

@twryossy 田植えせし微かな記憶石垣跡 公彦
★小さい頃親戚の田植えを手伝った(見学に行った?)記憶がある。
今は宅地化 したので場所さえ分からなくなってしまった。今度行ったら境目だった石垣跡を探して見ようと思う。

おは! @twryossy: 【今日の季語2352】田植(たうえ):仲夏の生活季語。苗代の苗を本田に移植する方式は縄文時代から続く集落の共同作業であったが、近年は機械化により戸別に行われるようになった。◆田を植ゑてみどりの夜を眠りけり(樋口翠人)
 
2016年06月05日(日)

@twryossy 歯痒さを噛み締めており芒種かな 公彦
★この歳になっても歯痒い思いをすることがある。たまたまそういう事が二つ続いた。人生はなかなか思うようには行かないとあらためて思った。

おは!@twryossy: 【今日の季語2351】芒種(ぼうしゅ):二十四節気の一つ。実の外側に「芒(のぎ)」と呼ばれる硬い毛を持つ稲や麦を「種(う)える」意。この頃に麦を刈って稲を植えたことによる。◆ふきの葉の穴すけすけとなる芒種(石田遊起)

おは!@twryossy: 【今日の季語2351:別記】二十四節気関連季語には例句のきわめて少ない類があるが本題もその一つ。ようやく上掲句を探り当てたが、本句は一方に初夏の季語「蕗の葉」を重ね用いており季節感の薄さに苦心した様子が窺われる。
 
2016年06月04日(土)

@twryossy 子燕の口はまあるく開いたまま 公彦

★顔と同じ大きさまで口を開けた子燕の姿は幼気ない。

おは!@twryossy: 【今日の季語2350】子燕(こつばめ):三夏の季語「燕の子」の傍題で、対する「親燕」も同季。単独の「燕」は仲春の季語であるが、本題は二番子が育つ夏の時季に照準を定めた。◆口開けて子燕顔を失へり(前田恭子)
 
 
2016年06月03日(金)

@twryossy 鰹船勇んで出しが大漁旗なし 公彦

★こういう事もあるでしょう。

おは!@twryossy: 【今日の季語2349】鰹船(かつおぶね):三夏の生活季語「鰹釣」の傍題。この時季、黒潮に乗って太平洋岸を北上する「鰹」を求めて出航し、勇壮な一本釣り漁法で釣り上げる。◆鰹船飯くふ裸身車座に(瀧 春一)

2016年06月02日(木)

@twryossy 沢蟹や丸まま飲み込む父なりし 公彦

★父は沢蟹のみならず自分が釣って来て煮た川の小魚も頭から飲み込むものだと行っていた。

おは!@twryossy: 【今日の季語2348】沢蟹(さわがに):三夏の季語「蟹」の傍題の一つ。日本固有種で淡水域に棲息する。甲が黒褐色、脚が朱色のものが多く青森県からトカラ列島まで広く分布する。◆山峡に沢蟹の華(はな)微かなり(金子兜太)

2016年06月01日(水)

@twryossy 九輪草映りし水のひと揺れす 公彦

★九輪草の花は大変ゴージャスだ。

おは!@twryossy: 【今日の季語2347】九輪草(くりんそう):サクラソウ科の多年草。湿潤な山間地に自生する。花茎に数段に重なり紅紫色の花を付ける姿が仏塔の「九輪」に似るところからこの名が。◆雨吸つて一山深し九輪草(堀田澄子)

2016年05月31日(火)

@twryossy 淀川の茅花流(つばななが)しや日は西に 公彦

★大阪にいた頃に淀川沿いを走っていた。淀川沿い生まれた蕪村を意識しました。

おは!@twryossy: 【今日の季語2346】茅花流(つばななが)し:茅花がほころんで真っ白な絮(わた)を付ける頃に吹く風を指す初夏の季語。「流し」は水の流れではなく梅雨の前触れにあたる南風をいう。◆喪服着て茅花流しに吹かれゆく(山内 碧)

おは!@twryossy: 【今日の季語2346:別記①】「茅花」はイネ科の多年草チガヤの花穂を指す呼称で単独では仲春の季語。その花穂は白くて長い軟毛に包まれ、風に吹かれて揺れる姿が美しい。

おは!@twryossy: 【今日の季語2346:別記②】湿った南風をいう「流し」は、風そのものを指す初夏の風位季語「ながし南風(はえ)」の他、本題と同じく植物名と結んだ「木の芽流し」「筍流し」などの形でも用いる。
以上

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« おは!Twitter俳句(袋角) | トップページ | おは!twitter俳句(蛍狩) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/63738261

この記事へのトラックバック一覧です: おは!Twitter俳句(田植え):

« おは!Twitter俳句(袋角) | トップページ | おは!twitter俳句(蛍狩) »

カテゴリー