無料ブログはココログ

« TPPはどこから来てどこへ行くのか? | トップページ | おは!twitter俳句(登山小屋) »

友人のOさんが、沖縄・高江のヘリパット近くで、警察の車にひき逃げされました。
映像がyoutubeに載っています。 https://www.youtube.com/watch?v=N58VnQzOhD4

昨日一晩入院して、高江で荷物を回収して、今は県内の滞在先に戻っているそうです。

名護署は「事件があったかなかったかも含めて、調査中」とか。できたら警察に抗議をお願いします。

  「沖縄800 す 28-47」ひき逃げした車両のナンバー
   名護署0980-52-0110 県警098-863-9110 警察は基地に反対する人々への暴力やめろ!

以下Oさんからの連絡です。

ご心配をお掛けして申し訳ありません。
さきほど伊江島に戻ってきました.

昨日病院で緊急の措置が必要な異常があるかと、骨の検査をして一泊して退院し
ました。特に異常は見つかりませんでしたが、外科の診察も必要なので、それは
来週行うことになりました。

ごく簡単にご報告しますと、午後6時半ごろ、写真にもありますランドクルーザ
ーの警察車両(「指揮車」というらしいですが)の前に私が立ちその進行を止め
ていました。現場指揮官も、指揮車は動くな、という指示を出していたこともあ
り、私も排除されることはありませんでした。時間も長引いてきたの
で、その場に座り込んでそのまま止めていましたが、何分か経つと、私の帽子に
車体が当たったので、指揮車が後退するために動き出したのかと思ったのもつか
の間、ジリジリを前進を始め、車を背にあぐらをかいて座っていた私を二つ折り
にするようなかたちで、のし掛かってきました。私は瞬間的に「押しつぶされ
る」「殺される」と感じ何らかの声を上げたのは覚えてますが、精神的にパニク
っていたと思いますので、その後の記憶は飛び飛びです(意識を失っていたわけ
ではありません)。

この後のことは周りから聞いた話しですが、このときの警察の対応もひどく、運
転手も降りて来ないし、もちろん被害者の救助もしようとしない。現場検証もし
ないまま、車も移動させてしまう。こうした対応に緊急抗議行動が取られている
と、救急車で搬送中に、同行してくれた仲間が教えてくれました。

幸いにも、大きな異常も現在は見つかってないので、養生をしながら通院と名護
署の対応をしていきたいと思っています。

重ねてではありますが、お心配をお掛けした皆さまにはお詫びとお礼を申し上げ
ます。

報道でご存知とは思いますが(本土でどれほど報道されているかわかりません
が)、数と力にものをいわせた機動隊による激しい排除により、本日もけが人が
続出したため、阻止行動は中止され、市民が設置していたゲート前のテントや車
などは機動隊、あるいは自主的によって撤去されたのち、防衛局による金網が即
座に設置され、これまた即座に工事のための伐採が始められてしまいました。

しかし抵抗運動はこれからも続きます。今後もぜひ高江、辺野古、そして伊江島
での軍事機能強化の動きへの異議申し立ての声を上げていただきますようお願い
致します。


« TPPはどこから来てどこへ行くのか? | トップページ | おは!twitter俳句(登山小屋) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/63953339

この記事へのトラックバック一覧です: 友人が沖縄の高江で轢き逃げされました:

« TPPはどこから来てどこへ行くのか? | トップページ | おは!twitter俳句(登山小屋) »

カテゴリー