« おは!Twitter俳句(立冬)とTPP | トップページ | TPP交渉差止・違憲訴訟 第6回口頭弁論の傍聴に参加した »

2016年11月14日 (月)

おは!Twitter俳句(冬の月)と丸木美術館訪問

昨日は「私が東京を変える」の仲間と丸木美術館に行った。岡村学芸員の話を聞いた。
位里は故郷広島の太田川上流に似ている都幾川があるのでその川そばに美術館を建てる事にしたという。
丸木夫妻は原爆落下当時に広島に居なかったので被爆された皆さんの話を聞いて作品を作った。
当日の体験を持たなかった事が被爆者との共同制作を可能にしたとも言われる。
被曝の実態が明らかにされず、朝鮮戦争で原爆の使用の可能性がある中で広島が無かった事にされるのを危惧し1950年に原爆の図の制作を開始した。

絵には原爆ドームやキノコ雲はない。出てくるのは人間のみであり、世界で最初の原爆の絵です。
本等と違い絵画は一つしか無いので検閲局に送られる事は無かった。
川を見ながらの昼食のあと丸木俊さんの姪御さんで著書権保持者の丸木ひさ子さんに美味しいお茶を頂きながらお話を伺った。青鷺の番が川で遊んでいた。ーーーーーー
ーーーーー
この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★

2016年11月14日(月)
@twryossy 冬の月清少納言に異議申す 公彦

★清少納言はすさまじきものの中に冬の月を入れており、紫式部はそれを光源氏の言葉を借りて批判している。私は紫式部を支持する。今夜の68年ぶりのスーパームーンは関東では見れないか?

おは!@twryossy: 【今日の季語2513】冬の月(ふゆのつき):三冬の季語で「月冴ゆ」などとも。単独では三秋となる「月」に季名を冠して冬の景物とした。他の三季とは異なる凄絶(せいぜつ)な美しさが。今夜はその超絶満月が見られる。◆すげなきは酢の看板と冬の月(支考)

おは!@twryossy: 【今日の季語2513:別記①】清少納言が『枕草子』「すさまじき(=興ざめな)もの」を列挙した章段で、その一つの例に「師走の月夜」を挙げているのは、冬の月への否定的な評価というべきものである。

おは!@twryossy: 【今日の季語2513:別記②】これに対して紫式部は『源氏物語』「槿(あさがお)」の巻で、光源氏の口を借りて「すさまじき例に言ひおきけむ人の心浅さよ」と暗に少納言を当てこすっているのは両才女がライバル意識を抱いていたことを示す事例として知られる。

おは!@twryossy: 【今日の季語2513:別記③】支考句の主意は「すげなき(=そっけない)」の頭音スに「酢屋」のそれを響かせて措辞の面白さを狙ったもの。画像に見るように「酢屋の看板」というものはまことに"すげない。

RT @twryossy: 【今日の季語2513:別記④】別記③の看板画像に見るように「極上品」などとあるのは酢屋常用の謳い文句。そこから「酢屋の看板で上手だね」という洒落言葉が生まれた。「上手」に「上酢(じょうず)」を掛けた言葉遊び。

2016年11月13日(日)

@twryossy 博多場所駅前大通迂回して 公彦
★博多駅前の陥没事故にはよく知っている場所だけに驚いた。地下鉄工事の工法に問題があった可能性が指摘されている。14日には通行再開となるようだ原因調査を徹底的に行って他で起きないようにして欲しいものだ。

おは!@twryossy: 【今日の季語2512】博多場所(はかたばしょ):初冬の生活季語「九州場所」の傍題で「十一月場所」とも。年六場所の年納めとなる大相撲。毎年この時季に福岡国際センターで開催される。◆魚がちのちやんこ鍋かも博多場所(水原秋櫻子)

2016年11月12日(土)

@twryossy 熊穴に入りて動かず夢も見ず 公彦
★熊は音に反応をするそうだから完全に寝ている訳ではなく冬ごもり状態のようだ。
熊が冬眠中に夢を見るかどうかは知らない。

おは!@twryossy: 【今日の季語2511】熊穴に入る(くまあなにいる):初冬の動物季語。クマは積雪期を迎える時分に樹の穴や岩窟の中で冬籠りをするが冬眠とは異なる。本題に対する「熊穴を出づ」は仲春の季語。◆熊穴に入りて安堵の村となる(稲畑廣太郎)

2016年11月11日(金)

@twryossy 練炭の匂いは父のそれなりし 公彦
★機関車の整備をしていた父の匂いは練炭の匂いだった。

【今日の季語2510】練炭(れんたん):三冬の生活季語。石炭を粉末にして蓮根を思わせる複数の穴を開けた円筒形固体燃料。日本で発明され、かつては安価で火力の強い暖房・調理用の熱源とされた。◆練炭の十二孔炎(も)ゆもの書けと(伊丹三樹彦)

おは!@twryossy: 【今日の季語2510:別記①】本日の例句は往時の練炭の孔が12開いていたことを示しているが、画像に見える最近の着火剤付き「上つけ式」練炭は10孔。かかる細部にも時代の変遷が看取される。

おは!@twryossy: 【今日の季語2510:別記②】韓国では現在でも練炭が飲食店の料理用燃料として利用され、特にプルコギ(불고기)の名で呼ばれる焼肉の熱源として欠かせない。その名も日本の「練炭」と同じ字音読みにあたるヨンタン(연탄)が用いられる。

おは!@twryossy: 【今日の季語2510:別記③】「練炭」の「練」にレン(日):ヨン(韓)の対立があるのは、コリア語には語頭にR音が立つのを避けてこれを別音に換える力が働いていることを示す。この力は古代日本語にも見られ和語にはR音始まりの語が皆無に近い結果を生んだ。

@twryossy 冬星座見ず外つ国のニュース聞く 公彦
★ドナルド・トランプが大方の予想を裏切ってアメリカ大統領となった。元々民主党であり右派というよりはアウトサイダー素人大統領だろう。今後に要注目だが、国民の不満がトランプを押し上げた事は間違いないだろう。

おは!@twryossy: 【今日の季語2509】冬星座(ふゆせいざ):三冬の天文季語「冬の星」の傍題の一つで「凍星(いてぼし)」「星冴ゆ」などとも。透徹した冬の夜空に鏤(ちりば)められた星群には凜然とした美しさが。◆歓楽の灯を地にしきて冬星座(飯田蛇笏)

2016年11月09日(水)

@twryossy 冬めくや犬も散歩を早帰り 公彦
★今日は風が吹いて寒いので犬は家を出て直ぐ帰って来た。

おは!@twryossy: 【今日の季語2508】冬(ふゆ)めく:いかにもそれらしい状態になる意を添える接辞「めく」に当季「冬」を冠してその到来を表す初冬の季語。大気や風の冷たさにそれが日ごとに実感を増してゆく。◆冬めくや土竜(もぐら)の土の新しく(遠藤紅雨)

おは!@twryossy: 【今日の季語2508:別記①】例句に見るように「土竜」をモグラの意に用いた例は、中国の書には見当たらず、和製熟字かと思われる。中国では正字「鼹鼠」の他、七十二候晩春の清明節を表す「田鼠化(け)して鶉(うずら)となる」で知られる「田鼠」を用いる。

おは!@twryossy: 【今日の季語2508:別記②】モグラは『本草和名』(918頃)「鼹鼠」の項に和名として掲げる「宇古呂毛知(ウゴロモチ)」が古形。後にこれがウグロモチ・ウグラモチに転じさらにムグラモチを経てモグラモチを生じ、江戸期にその省略形モグラが定着した。

おは!@twryossy: 【今日の季語2508:別記③】古形ウゴロモチは《土などが高くもちあがる》意の古語ウグロモツ・ウゴロモツの名詞形。この動物が穴を穿って土を隆起させるところを的確に捉えた命名法である。なおこの動詞はウゴク・ウゴメクなどと同根の語と見られる。

2016年11月08日(火)

@twryossy 纏まりて大輪となる小菊かな 公彦
★昨日ランニングの途中で沢山の小菊が纏まって咲いている所があり大きな菊のように見えた。

おは!@twryossy: 【今日の季語2507】小菊(こぎく):晩秋の季語「菊」の数多い傍題の一つ。一枝に一輪だけ残して直径20㎝前後に仕上げた「大菊」に対して小花のまま育てた菊の汎称で、個別種名ではない。◆母が活けし菊に小菊を挿しそへぬ(三橋鷹女)

おは!@twryossy: 【今日の季語2507:別記①】キクは古くから日本にも自生しカハラヨモギ(河原蓬)などの名で食用にされていた。花が鑑賞の対象となったのは中国から重陽の節句の風習が伝わってからのこと。キクの呼称も漢語「菊」の字音から出たもので和名ではない。

おは!@twryossy: 【今日の季語2507:別記②】キクを詠んだ歌は奈良時代の『万葉集』には一首も見られずこの花が歌材となるのは平安期の『古今和歌集』以後のこと。又菊花が天皇家の家紋とされたの鎌倉初期、後鳥羽上皇がこの花の意匠を好んだことによる。

おは!@twryossy: 【今日の季語2507:別記③】『古今和歌集』に収める「わが宿の菊の垣根に置く霜の消えかへりてぞ恋しかりける」(紀友則)はキクを詠んだ比較的早い例にあたるが、本歌は部立(ぶたて)の上では「恋歌」に分類されており「秋歌」ではないことにも注目したい。
以上です。
ーーーーーーー

« おは!Twitter俳句(立冬)とTPP | トップページ | TPP交渉差止・違憲訴訟 第6回口頭弁論の傍聴に参加した »

「メルマガ「おは!twitter俳句」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/64491993

この記事へのトラックバック一覧です: おは!Twitter俳句(冬の月)と丸木美術館訪問:

« おは!Twitter俳句(立冬)とTPP | トップページ | TPP交渉差止・違憲訴訟 第6回口頭弁論の傍聴に参加した »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ