無料ブログはココログ

« 3月14日の森友学園に関する13のつぶやき | トップページ | 3月15日の森友学園に関する52のつぶやき »

三月十一日の朝の江戸川土手をジョギングしながら作った歌です。

三月十一日の朝の江戸川 埼玉 大津留公彦

被災地は柔らかく吹け雪解風 この江戸川の堤のごとく

からし菜の黄色一色に染まりたる江戸川長堤今日震災日

あの時は五島に避難の孫たちよこの四月には小一、小三

住宅の期限が切れる春からはホームレスと 子を抱く母は

春風の江戸川土手を駆けて行く このこみ上げるものを押さえて

江戸川の河川敷にゴルフするウエアは鮮やか震災記念日

水仙やホトケノザ咲く田圃道三月十一日今はまだ朝

さだまさしの「セロ弾きのゴーシュ」聞きて哭く空の上にはたくさんの人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 3月14日の森友学園に関する13のつぶやき | トップページ | 3月15日の森友学園に関する52のつぶやき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/65017855

この記事へのトラックバック一覧です: 三月十一日の朝の江戸川:

« 3月14日の森友学園に関する13のつぶやき | トップページ | 3月15日の森友学園に関する52のつぶやき »

カテゴリー