無料ブログはココログ

« おは!twitter俳句(鯊の秋) | トップページ | 共謀罪は廃止できる!9・15大集会 »

おは!twitter俳句(秋の蝉)と「沖縄と核」

9月9日は啄木が日記にこの歌を書いた日でした。

地図の上 朝鮮国に 黒々と 墨をぬりつつ 秋風を聴く

北朝鮮の建国記念日でもあり、何も無ければいいがと案じていましたが無事過ぎました。


9月10日夜の「NHKスペシャル『沖縄と核』」を見ました。

これは歴史的な番組だったと思います。施政権返還前の沖縄に核が持ち込まれていた証拠が当事者によって明らかにされた訳ですから。非核三原則というのは空文だったことあきらかになりました。

こういう事故がよく70年も起こらないものだと思っていましたが、やはり事故は起こっていたんですね。たまたま爆発しなかったけど、爆発していたら那覇を含む沖縄の何分の一かは廃墟になっていたでしょう。

朝鮮半島に緊張の走るこの情勢を踏まえたものと思います。
NHKの今年最大の成果ではないでしょうか?

見逃した方は再放送があります。
9/20(水)午前0時10分~0時59分。

識者のtweet

小池晃‏@koike_akira
すごい番組です。
今日につながる沖縄の核基地化の実態と背景。衝撃的な事実の連続。沖縄の人々の生命を顧みない日米両政府に心からの怒りが!

志位和夫@shiikazuo
「NHKスペシャル『沖縄と核』」
衝撃的力作。核基地とされ、土地を奪われ、核模擬爆弾で殺され、キューバ危機で破滅の淵に追いやられた沖縄県民。それを容認する自民党政府。「唯一の被爆国の政府のすることか」。古堅実吉氏の怒りが胸に響いた。

Shoko Egawa@amneris84
Nスペ《沖縄と核》を見る。圧倒的な取材力。沖縄で核兵器を搭載したミサイルの事故など知らなかった事実が次々に。沖縄を米軍の核戦略の拠点として選んだのは日本、という米軍関係者らの証言や資料に、日本政府はどう応えるのか。58年前の軍部隊の日報が残され開示される米国。一方、日本は……。

小川一 ‪@pinpinkiri‬
NHKスペシャル「沖縄と核」。キューバ危機の時、沖縄の米軍は中国に核ミサイルの照準を合わせていた‥。いつでも発射できる表示の「HOT」。貴重すぎる歴史的写真に絶句します。そして核ミサイル発射基地の中に初めてカメラが入りました。圧倒的スクープの連続です。‬

山下芳生 ‪@jcpyamashita‬
Nスペ「 沖縄と核」。機密資料と新証言から「かつて沖縄には全世界を滅ぼす1300発の核兵器があった」「謝って核ミサイルが発射される事故もあった」「沖縄の住民は知らなかったはず」「日本政府が沖縄を選んだ」などが浮き彫りに。古堅さん怒! ‬
ーーーー
この一週間の俳句です
私の俳句:  @twryossy
私のコメント: ★

2017年09月11日(月)

落下蝉ひかれひかれて秋の蟻 公彦

★啼(な)きながら蟻(あり)にひかるる秋の蝉(せみ) 1895(明治28)年の子規の句を意識しました。落下蝉という言葉は造語かもしれません。

【今日の季語2814】秋の蟻(あきのあり):三秋の生類季語。単独では三夏の季語になる「蟻」に「秋」を冠して当季に転じた。活発な動きを見せていた蟻もこの時季には活動が鈍くなってあまり姿を見せなくなる。◆蟬の眼をはこんでゐたる秋の蟻(大木あまり)

【今日の季語2814:別記】この虫を対象とする季語は、三夏の「蟻」をはさんで仲春の「蟻穴を出づ」と仲秋の「蟻穴に入る」が観音開きの趣で対峙する。「穴」の《出入り》に纏わるこのような関係は、「虫」一般や「蛇」などにも見られる。

2017年09月10日(日)

@twryossy 母として吊りたる蚊帳の別れかな 公彦

★蚊帳というと叔母の家が思い出される。建て替える前の古い家で蚊帳は必需品だった。その家も母も今はない。

【今日の季語2813】蚊帳の別れ(かやのわかれ):三秋の生活季語「秋の蚊帳」の傍題。三夏の季語「蚊帳」を吊らずに済む時季を迎えて、手間の省ける安らかさとその裏に潜む名残惜しさを綯い交ぜにした心情が籠もる。◆吊ればすぐ風来る蚊帳のわかれかな(鈴木真砂女)

【今日の季語2813:別記①】上掲例句もまた後者の心情を一句の眼目とした吟であることは明か。「吊ればすぐ風来る」という平易な詞で蚊帳の本義を見定めた措辞にも心地よさが感じられる


【今日の季語2813:別記②】例句の構造は、①「吊ればすぐ風来る蚊帳」を「の」が承けて「別れ」に掛かる、②「吊ればすぐ風来る」が「蚊帳の別れ」に掛かる、の両様に解し得るが、《夏の間涼しさを運んでくれたその蚊帳との別れ》に句眼を置く①を良しとすべきか。


2017年09月09日(土)


@twryossy 芒野の仙石原に夢溢れ 公彦

★子どもたちと行った仙石原の懐かしい思い出がある。


【今日の季語2812】芒野(すすきの):三秋の植物季語「薄・芒」の傍題の一つで「薄原」とも。ススキはイネ科の多年草で毎年夏から秋にかけて人の背丈を越すほどの茎を伸ばし、先端に白い花穂を付ける。◆芒野の鳶より低し賤ヶ岳(水原秋櫻子)

【今日の季語2812:別記】『日本書紀』<720>仁徳六二年五月の条に、「氷室(ひむろ)」に敷く「茅萩」にススキの和訓を施した例があり、古くは特定の草名ではなく、カヤ・ハギ。アシ・オギなどの丈の高い草の総称であったことを示している。

2017年09月08日(金)

@twryossy 爽涼や銀座丸の内一歩き 公彦

★今の職場のある銀座から昔職場のあった丸の内迄まで歩いて地下鉄に乗る事がある。
昔とは様変わりした丸の内仲通りである。


【今日の季語2811】爽涼(そうりょう):三秋の時候季語「爽やか」の漢語傍題で「爽気」「秋爽」などとも。「涼し」をはじめ「涼気」「涼雨」「涼味」などは三夏になるが、「爽」字と熟合すると秋涼をいう季語に転ずる。◆爽涼や日々の仕入れの味噌醤油(鈴木真砂女)

【今日の季語2811:別記①】本題「爽やか」の歴史的仮名遣は、平安期の表記例に基づいて「さはやか」とされているが、すでにハ行の表記に混乱が生じていた時代のものであることになお疑問の余地が残されており、「さわやか」をよしとする立場もある。

【今日の季語2811:別記②】本語が「●●ヤカ」の形に分析されることには明白で、その後部要素ヤカは、ニギヤカ・シメヤカなどに見るように、擬音語・擬態語に付いて《~らしいさま》の意を添える働きがあることから、本語の前部要素もこれにあたると見るのが妥当である

【今日の季語2811:別記③】この観点に立てば、サハ・サワはいずれもその要件を備えているが、前者のサハには、《はっきりしたさま》を表す語根として、サハサハ、サバサバ、サッパリなどの副詞を派生した例が他方に存在する

【今日の季語2811:別記④】このことを考え合わせれば、サハヤカもその一類と見なすのが妥当であり、これに基づいて、本語の歴史的仮名遣いは通説の「さはやか」に従うのがよいと判断される

2017年09月07日(木)

@twryossy 日比谷公園心字の池にも白露かな 公彦

★此の所朝の日比谷公園のファンである。
白露についてのこんな動画があった。
https://www.youtube.com/watch?v=IV3vrcKqyiM&sns=tw… @youtubeより

2017年09月06日(水)

@twryossy 死を思えちちろ虫から言われけり 公彦

★先頃終わったNHKのドラマ「定年女子」の最終回に使われた「メメント・モリ」(瞑れば死を憶へよ)と言う言葉が頭に残っている。


【今日の季語2809】ちちろ虫(むし):三秋の虫類季語「蟋蟀(こおろぎ)」の異名傍題。「虫」を省いた形でも。その「ちちろ」は、コオロギの声を「ちろちろ」と聞きなした擬声語の短縮形であろう。◆死はそこに深井の上のちちろ虫(林 翔)


【今日の季語2809:別記①】この虫の漢字表記は漢語「蟋蟀(しっしゅつ)」を借用したもの。上字「蟋」は意符「虫」にこの虫の羽音を表す声符「悉(しつ)」を合わせて作られた形声文字。和語の「こほろぎ」も虫の声をコホロと聞いたことから生まれたとされる。

【今日の季語2809:別記②】古形コホロギは、本来キリギリスやマツムシまでも含めた秋に鳴く虫の総称であったのが、後代に細分化されて固定したもの。平安期には上記漢語「蟋蟀」にキリギリスの和訓を与えていた例もあり、混乱があったことを示している。

【今日の季語2809:別記③】本季語には「つづれさせ」の傍題もある。これは、冬が来る前に「綴(つづれ =衣の破れ)」を刺し繕うように促す《綴れ刺せ》と鳴く意から生まれた呼称とされるが、上記チチロにはチヂロの濁音形もあり、それがツヅレに転じたものか。

2017年09月05日(火)

@twryossy 秋の宿歌集と句集を一つづつ 公彦

★そんな旅をしたいなあという句です。

【今日の季語2808】秋の宿(あきのやど):三秋の生活季語で「秋の家」などの傍題も。「宿」は旅宿に主眼を置くものであろうが、唱歌「埴生の宿」に例を見るように、《我が家》の意に用いても何ら不都合はあるまい。◆贋大観ものともせざる秋の宿(亀田虎童子)

【今日の季語2808:別記】さは言え、例句の「宿」を自宅と受けとめたのでは、気の抜けた麦酒のごとき趣を呈するのは必至。これを旅宿と解さなければ、「ものともせざる」の大胆な措辞から生まれる俳味がどこぞへ消えてしまう。

以上です。

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人

・・・・・・・・・・・→人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« おは!twitter俳句(鯊の秋) | トップページ | 共謀罪は廃止できる!9・15大集会 »

コメント

瀬長亀次郎は偉大です。

最近新聞やラジオで瀬長亀次郎という人の名前をたびたび耳にします
圧力に屈しない不屈の精神を持ったすごい人だったと
見習うべきところは多いですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/65775684

この記事へのトラックバック一覧です: おは!twitter俳句(秋の蝉)と「沖縄と核」:

« おは!twitter俳句(鯊の秋) | トップページ | 共謀罪は廃止できる!9・15大集会 »

カテゴリー