トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« おは!Twitter俳句(浮かれ猫) | トップページ | 御茶の水から銀座まで »

佐々木妙二歌集「診療室」と「仕事着」を読んで2

2018年2月27日
佐々木妙二歌集「診療室」と「仕事着」を読んで2
大津留公彦

「診療室」と「仕事着」を読み終えぬ
昭和の初期の匂いする本

「福田穂さんへ 妙二」と書かれし歌集読む○や✔︎の付きたる歌集を
(仕事着)

定価には百円と又百五十円とあり
戦後のすぐに出されし歌集

ひらがなのやさしい歌が並ぶなか愛憎の歌に少し驚く

産婦人科医佐々木妙二の物語助けられたる命を思う

徳田球一も患者だったと歌にあり聴き分けのいい患者だったと
(診療室)

スターリンの死の日も患者に向かいしとも父のような存在ともあり
(仕事着)

一首選んで頂けると有難いです。

以上です。
順三・妙二忌のつどい2018

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« おは!Twitter俳句(浮かれ猫) | トップページ | 御茶の水から銀座まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木妙二歌集「診療室」と「仕事着」を読んで2:

« おは!Twitter俳句(浮かれ猫) | トップページ | 御茶の水から銀座まで »