無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 佐々木妙二歌集 「生」より十二首選と感想 | トップページ | 体験的歌人覚書1(佐々木妙二さんに叱られたこと) »

「いのち」 佐々木妙二歌集(昭和62年発行)より十首

「いのち」
佐々木妙二歌集(昭和62年発行)より十首
大津留公彦選

八十年私を支えてきた背骨
老い枯れるとも曲がることなし

どこへでも麻痺の片腕が従いてきて
いつも何かを訴えている

当然のことを言うても通らない
通さなければいつまでも通らない

声あげて泣いてもどうにもならないから
まことにひとは 声あげて泣く

八十をいつまで生きるか生きていて
いつも明日のすることがある

陽だまりに麻痺の片足なげだして
てんとう虫とぬくもっている

あるがままの自分を正直に生きてゆく
それだけでよい それが出来ない

多数決に葬られるとも言い通す
孤立はつねに さわやかにある

人は人、私にかかわりないことだ
そうは思うが なかなか寝付けぬ

屈託なく車椅子押す妻の眸(め)に
耀うものか 欅若葉の

以上です。

以上です。

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 佐々木妙二歌集 「生」より十二首選と感想 | トップページ | 体験的歌人覚書1(佐々木妙二さんに叱られたこと) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/66393108

この記事へのトラックバック一覧です: 「いのち」 佐々木妙二歌集(昭和62年発行)より十首:

« 佐々木妙二歌集 「生」より十二首選と感想 | トップページ | 体験的歌人覚書1(佐々木妙二さんに叱られたこと) »

カテゴリー