トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 自由律歌集「診療室」 佐々木妙二著(昭和25年発行)より十首 | トップページ | 仕事着 佐々木妙二歌集昭和29年)から9首 »

雨水のアベロ

2018年2月21日
雨水のアベロ
大津留公彦

水仙の咲く道アベロは走り行く日々本数の多くなるなか

雪融けて広くなりたる散歩道愛犬アベロは真っ直ぐ走る

真っ直ぐに走ってはいるがその体少し曲がったアベロの疾走

裏庭の椿の前を何度も行く側溝に落ちぬように走りて

階段の前でうろうろした後でまた散歩へと走って行く犬

階段に来ると私の顔を見て抱えて欲しいと意思表示する

十一歳のアベロよ暮らせるはあと何年か我六十六となりたる雨水

朝食のあと声をかければ喜んでジョギングに行く雨水のアベロ

一首選んで頂けると有難いです。

2月24日(土)にここで講演しなければならないので佐々木妙二さんの歌集を読んでいます。https://www.shinnihonkajin.com/gyoji/順三・妙二忌の集い/

以上です。

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 自由律歌集「診療室」 佐々木妙二著(昭和25年発行)より十首 | トップページ | 仕事着 佐々木妙二歌集昭和29年)から9首 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨水のアベロ:

« 自由律歌集「診療室」 佐々木妙二著(昭和25年発行)より十首 | トップページ | 仕事着 佐々木妙二歌集昭和29年)から9首 »