トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 雨水のアベロ | トップページ | 追悼!金子兜太さん »

仕事着 佐々木妙二歌集昭和29年)から9首

仕事着
佐々木妙二歌集昭和29年)から9首
大津留公彦

手術台から抱えておろす
体重の、
ついに守りえた 一人の生命

こゝろよく金を貸してくれた順三の
店の灯に
送られて帰る。

技術と誠実が開業術だ と
答えつゝ、
そればかりでもない と、言葉にはいわぬ。

ゆたかだということは
こんなにもいゝ、
うごくと 浴槽から
湯があふれ こぼれる。

日本の
ある町隅の治療院にいて、
父のごとくに スターリンをおもう。

これはひどい 性病
米兵相手の
まだ肢体の伸びきらぬ 日本の小娘。

ま夜中の戸をたゝかれては
誰よりも先に眼をさます
町医者の俺の習性

冷えきってもぐり込むふとんの中に
ふれた妻の足も
まだ温もれないでいる

呼び売りの「ハタ」がまだあまり売れてないと思いながら
改札口の列に押されてゆく。
以上

以上です。

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 雨水のアベロ | トップページ | 追悼!金子兜太さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事着 佐々木妙二歌集昭和29年)から9首:

« 雨水のアベロ | トップページ | 追悼!金子兜太さん »