トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 体験的歌人覚書1(佐々木妙二さんに叱られたこと) | トップページ | 「いのち」 佐々木妙二歌集を読んで »

佐々木妙二歌集「限りなく」を読んで八首

2018年2月15日
佐々木妙二歌集「限りなく」を読んで八首
大津留公彦

昼休みに妙二の「限りなく」を読み終わる癌患者となる医者の悲しみ

水野昌雄あとがきに書く妙二なる言葉とくらしの葛藤の様

妻との諍い離婚となりぬ愛憎の長く続きし日々を経てのち

まさに我が出会いし頃の短歌なり癌との闘い激しきを知る

政治詠ほとんどあらずここにあるは病と愛憎そして友なり

赤木健介を詠いし歌の穏やかなり三十年の付き合い遥けし

佐々木妙二その歌ぶりの変わらぬこと泰山のごと大海のごと

ーー
佐々木妙二歌集「限りなく」八首選
大津留公彦

どの患者のカルテの終末も みなひとつ、
わが身の癌に 例外はなし。

肛門をふさぎ 下腹部に孔をあける、
医学的合理性を
いまわが生身の写身に。

人間のそらぞらしさを
押しつぶし
岩は 巨大に そこにある。

ともかくも離婚はするな と
母に言う 息子らのことば
重く のしかかる。

家も土地も 些かの財も 妻にわたし、
老残のひとり
新しく生きる。

形あれば いつか崩れる
この湯のみの、
それゆえにこそ いま掌のなかに。

飲み残しの私のコーヒーを飲んでいる、
愛情は かく 単純にある。

つきあい下手が
多くの友を失った、
失って惜しいいくたりかある 。

ーー
それぞれから一首選んで頂けると有り難いです。

以上です。

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 体験的歌人覚書1(佐々木妙二さんに叱られたこと) | トップページ | 「いのち」 佐々木妙二歌集を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木妙二歌集「限りなく」を読んで八首:

« 体験的歌人覚書1(佐々木妙二さんに叱られたこと) | トップページ | 「いのち」 佐々木妙二歌集を読んで »