« 紅林進著『民主制の下での社会主義的変革』出版記念討論会 | トップページ | 父の歌6(由布) »

啄木とゴータ綱領批判

2018年3月27日
啄木とゴータ綱領批判
大津留公彦

久しぶりの社会主義理論の討論会私の肩書きは歌人でありぬ

与えられし三十分は意外と長い「ゴータ綱領批判」の読み方のみには

啄木のベストスリーから話し始める「はたらけど」の歌は現在の歌

「新しき明日の来る」の歌読みあげ社会主義への想いを語る

自らを社会主義者と呼んだ君没後百六年の討論会に

友人の出版記念の会なれど設定されしは社会主義討論会なり

啄木が読んだかどうかは分からない「ゴータ綱領批判」啄木と読む

マルクスが重きを置いたは生産関係論 分配論はレーニンの定式

一首選んでいただけると有難いです。

以上です。

愛知・三郷・東京・関西啄木祭
http://www.shinnihonkajin.com/gyoji/2018年%E3%80%80啄木祭/

http://kaikenno.com

俳句は新俳句人連盟

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 紅林進著『民主制の下での社会主義的変革』出版記念討論会 | トップページ | 父の歌6(由布) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 啄木とゴータ綱領批判:

« 紅林進著『民主制の下での社会主義的変革』出版記念討論会 | トップページ | 父の歌6(由布) »