トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 憲法九条を守れ12(署名6) | トップページ | 別れの言葉 »

現代のプロレタリア文学(民主文学3月号掲載10首)

2018年4月27日
現代のプロレタリア文学(民主文学3月号掲載10首)
大津留公彦

年末に「争議生活者」読み終えて八年前の日比谷公園思う

洋介の闘い続ける根っこには「助けてくれる人が居るから」

人間っていいものだという夏美の述懐娘に残る亡くなりてのちも

届くはずのない妻のアドレスに「最高裁では必ず勝つからね」

「派遣切り」許してならじ若者の人生行路を照らせ灯台

「現代のプロレタリア文学」か「争議生活者」「蟹工船」あり「党生活者」あり

同時進行の争議小説嘗てありや「短歌ドキュメント」我も目指さん

最高裁は決して最高の判断場所ならず最低裁判所と揶揄はされども

いすゞ自動車黒字予想なれど派遣切る車メーカーに矜持はなきか

映画「ハケン」に期待をしよう我も又権利少なき派遣労働者

一首選んで頂けると有難いです。

以上です。

愛知・三郷・東京・関西啄木祭
http://www.shinnihonkajin.com/gyoji/2018年%E3%80%80啄木祭/

http://kaikenno.com

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 憲法九条を守れ12(署名6) | トップページ | 別れの言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代のプロレタリア文学(民主文学3月号掲載10首):

« 憲法九条を守れ12(署名6) | トップページ | 別れの言葉 »