トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 沖縄から見える日本のすがた | トップページ | 青春の歌5(ほくろがほほに消ゆ) »

土用の丑の日と鯉

2018年7月22日
土用の丑の日と鯉
大津留公彦

土用の鰻申し訳程度に薄くあり 夜のスーパーの安売り弁当

高浜を洗うがごとき土用波目を奪うべき白き砂浜

親子孫五島うどん食う土用あり椿油の滑りの高きを

鯉泳ぐ土用の丑の朝である尾を立てる君挑発するか

風の来て公園の熱ややしずめ蝉の鳴き声に又熱される

ベンチにて過ごす時間の朝にあり鯉の癖など知りてしまいぬ

白き鯉白妙の君と名を付けて目で追いかけぬ尻降る君を

白き鯉黒き鯉に追われては深く潜りて遠くに浮き出る

一首選んで頂けると有り難いです。

東京啄木祭YouTubeへの反応

http://kaikenno.com

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 沖縄から見える日本のすがた | トップページ | 青春の歌5(ほくろがほほに消ゆ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土用の丑の日と鯉:

« 沖縄から見える日本のすがた | トップページ | 青春の歌5(ほくろがほほに消ゆ) »