« 青春の歌2(福岡映画鑑賞協議会事務所で) | トップページ | 青春の歌4(婚約) »

青春の歌3(大分で)

2018年7月18日
青春の歌3(大分で)
大津留公彦

シュロの木が今も三本残りたり赤ランドセル過ぎるを見ている

Beatlesの古き響きに聞きつかれ霊山の山登れと迫る

三十路なる働く従兄弟の目は光る軽き音楽を我は恥じたり

死が近き伯母の心ぞあわれなり夜半の寝覚めに霊を告げ来る

誕生と死亡を共に聞かさるる母の姿は永久に変わらず

妊娠を告げ来る君の金指輪光沢自然に変わらず輝く

パリ・コンミューンわが冷めたる心にもその血の下水涙と流る

浮薄なる高等教育今終わる相対進歩だに認むるか己よ

一首選んで頂けると有り難いです。

東京啄木祭YouTubeへの反応

http://kaikenno.com

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 青春の歌2(福岡映画鑑賞協議会事務所で) | トップページ | 青春の歌4(婚約) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春の歌3(大分で):

« 青春の歌2(福岡映画鑑賞協議会事務所で) | トップページ | 青春の歌4(婚約) »