トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« おは!Twitter俳句(大暑)と青春の歌 | トップページ | 41.1度 »

青春の歌6(播州平野)

2018年7月24日
青春の歌6(播州平野)
大津留公彦

北へ行く我等の旅は始まりぬ車窓雪融け冬陽差し入る

右窓に左の山水映り見ゆ暗き山際 遅き急行

藁葺きに鉄の覆いを被せたる昔の民家よ播州平野

車窓から家のなくなる時のなし自然の子どもは肯うべくもなし

急行が日に数本となりてより我等の国鉄遠くなりたり

薄れたる詩情の行方捜しつつ新しき年ただ来るを待つ

行く年と来る年の雪重ならんわが足跡も今埋もれ行く

一首選んで頂けると有り難いです。

http://kaikenno.com

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« おは!Twitter俳句(大暑)と青春の歌 | トップページ | 41.1度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春の歌6(播州平野):

« おは!Twitter俳句(大暑)と青春の歌 | トップページ | 41.1度 »