トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 土用の丑の日と鯉 | トップページ | おは!Twitter俳句(大暑)と青春の歌 »

青春の歌5(ほくろがほほに消ゆ)

2018年7月23日
青春の歌5(ほくろがほほに消ゆ)
大津留公彦

裸なる君の面を眺む朝雪かみぞれかいとしく思う

右なれば小さきほくろがほほに消ゆ 左に寝れば君目醒ますや

夜を通し君の寝顔を観続けり こんな静けさ 寒き朝燃ゆ

パリ・コンミューンわが冷めたる心にもその血の下水涙と流る

春となる前の嵐に誰かれと狭き日本に散らばりて行く

春分を過ぎれば福岡後にせむ四年の思い出今は静かに

大学の受験に埋めれし一冊のノートたどればにおいあり青春

人生の節を超え出で高らかにいのちの歌を再び謳え

一首選んで頂けると有り難いです。

http://kaikenno.com

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 土用の丑の日と鯉 | トップページ | おは!Twitter俳句(大暑)と青春の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春の歌5(ほくろがほほに消ゆ):

« 土用の丑の日と鯉 | トップページ | おは!Twitter俳句(大暑)と青春の歌 »