最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 青春の歌9(初スキー) | トップページ | 六日九日 »

2018年8月 6日 (月)

おは!Twitter俳句(原爆忌)

今日は広島の原爆記念日です。
季語としては以下があります。
広島忌
原爆記念日
原爆の日
原爆忌

9日が長崎原爆記念日なので六日九日という季節もあります。
その間に秋分の日(今年は7日)がありますので広島忌は夏の季語,長崎忌は秋の季語ということになります。
今日はそれを句にしました。
ーー
この一週間の俳句です。
私の俳句:   @twryossy
私のコメント: ★
twryossyさんのツイート:おは! RT @twryossy

ーー
2018年08月06日(月)

@twryossy 六日九日季節を一つ挟むかな 公彦 前の関連の句です。
2017年8月9日魔の六日九日襟を正すべし 公彦
2015年08月06日(木) 戦争と闘い今日は広島忌 公彦
2014年08月06日(水)原爆の日心静かに過ごさんと 公彦
2011年08月07日(日)黙祷の 鐘の余韻や 原爆忌
2010年08月06日(金)若者にこころざしして原爆忌

【今日の季語3143<221】原爆忌(げんばくき):晩夏の行事季語で「原爆の日」とも。1945年8月6日広島、9日長崎に米軍機から原爆が投下され、非戦闘員の無辜の命が奪われた。核廃絶を願う人々が忘れてはならない日。◆原爆忌乾けば棘をもつタオル(横山房子)

2018年08月05日(日)

@twryossy 打水や銀座五丁目風起こる 公彦
前の句です。
2010年08月05日(木) 水打てば庭より風の起こりけり

【今日の季語3142<220】打水(うちみず):三夏の生活季語で「水打つ」の動詞形傍題も。夏の暑さや埃を押さえ涼を呼ぶために水を撒く。熱した大地から涼気が立ち上り、ひとときの安らぎが得られる。◆水打ちてひと日を閉ざす魚市場(栗山妙子)

2018年08月04日(土)

@twryossy 雄の蚊や人は刺さねど潰さるる 公彦
前の句です。
2010年10月03日(日)溢蚊に 誘われ 一葉旧居跡
2010年08月04日(水)血を吸えば卵の増すと雌の蚊や 公彦
2016年08月16日(火)連れ入りし秋の蚊ひそと身を隠す 公彦
2015年07月30日(木)昼の蚊と妻と竹林歩みけり 公彦
2014年07月04日(金)蚊の声を纏わり付かせ庭仕事
2013年09月29日(日)哀れ蚊に沢山刺され種植える 公彦

【今日の季語3141:別記】関西地域では他の一拍語と同様に、カの母音を長く引いて発音する。これは平安期の訓点資料にも、「蚊」に「加安」「加阿」などの万葉仮名による和訓の例があり、古くからカアの二拍語形が用いられていたことを示している。

【今日の季語3141<219】蚊(か):三夏の生類季語で「藪蚊」「蚊柱」などの傍題でも。血を吸うのは雌で、産む卵の数がそれによって飛躍的に増大する。蝿とともに憎まれながらも夏の句材とされてきた。◆血を分けし身とは思はず蚊の憎さ(丈草)

2018年08月03日(金)

@twryossy 頂きし梅干一個で締めとする 公彦
前の句です。
2010年8月3日梅干とお粥に託す下す腹 公彦

【今日の季語3140<218】梅干(うめぼし):晩夏の生活季語。「青梅」を塩漬けにして赤紫蘇を加え強い天日に数日干したものを貯蔵する日本独自の食物。傍題「梅(を)干す」の名詞形から転じて食物自体を指す呼称となった。◆満天の星に託して梅を干す(三石みち子)

【今日の季語3140:別記】干した梅を取り込まずに夜露に当てる方法もあり、これを「三日三晩の土用干し」と称する。上掲例句にもこの「夜干し」の場景が描かれ、頭上に拡がる真夏の星空が配されている。

2018年08月02日(木)

@twryossy 子規の如夏菊ひそと愛すなり 公彦
子規の26歳のこの句に触発されました。
人知らずわれ夏菊を愛す也 子規
前の句です。

2010年08月02日(月)夏菊や虫の日陰にやや小し 公彦

【今日の季語3139<217】夏菊(なつぎく):晩夏の植物季語。秋の「菊」に先んじて夏に咲く菊の総称。秋菊のような華やかさはなくて畑の片隅などにひっそりと咲いているものが多い。◆夏菊の黄はかたくなに美しき(富安風生)

2018年08月01日(水)

@twryossy 砂日傘動かず我の動きおり 公彦
前の句です。
2010年08月01日(日)砂日傘由比ヶ浜にて色競う 公彦

【今日の季語3138<216】砂日傘(すなひがさ):晩夏の生活季語で「浜日傘」などとも。海水浴で日陰を作るのに砂浜に立てて用いる大きな日傘。古風な表現ながら洋語傍題「ビーチパラソル」よりもかえって味深さを感じさせる。◆脱ぎ捨ての羽衣ばかり砂日傘(日野草城)

2018年07月31日(火)

@twryossy 風死にて救急車動かぬ公園に 公彦

2012年08月07日(火)
立秋の風死ぬ公園横切りぬ 公彦

2010年07月31日(土)
夫婦のみの土曜の午前風死せり 公彦

【今日の季語3137<215】風死(かぜし)す:晩夏の天文季語。夏の盛り、風がぴたりと止んで耐え難い暑さが襲いかかって来る状況を「死」の比喩によって的確に言い定めた。同季別題「朝凪」「夕凪」よりも適用範囲が広い。◆もろ腕のベンチに垂れて風死せり(永井絹子)

http://kaikenno.com

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 青春の歌9(初スキー) | トップページ | 六日九日 »

メルマガ「おは!twitter俳句」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おは!Twitter俳句(原爆忌):

« 青春の歌9(初スキー) | トップページ | 六日九日 »

無料ブログはココログ

twitter

  • kimihikoootsuru
  • 短歌と俳句に関するつぶやき
    TwitterPowered by SEO対策119
  • ">twitter
  • twitter trackbackpeople
  • twitter(@kimihikoootsuru)(評論)
  • twitter(@ootsuru)(文学)

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

よくおじゃまするサイト