無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 青春の歌21(日光5) | トップページ | 石川啄木の小説「雲は天才である」を読んだ。 »

青春の歌22(日光6)(足尾銅山見学)

2018年9月22日
青春の歌22(日光6)(足尾銅山見学)
大津留公彦

唐突に緑なき山開けたりこのままでいいと言う人もあり

卑猥なる岩膚見せる銅山の麓に残る旧社宅跡

仕事終えし抗夫の疲れ癒せしや繁栄を説く立て札残れり

閉ざされし鉱山に残りし坑道に涼しき風の吹き抜くるなり

銅鉱の今は出で来ぬ坑口に冬入る風が今出づるなり

採鉱を止めし銅山静かなり映画のロケで騒がしきとか

鉱毒にわが社はかくも気を使う飲料水になるまでも とか

補償金鼻歌交じりで払えると言いし所長は不真面目ならず

裸なる山は火事で焼けしという焼け跡もなき臭き銅山

硫酸の臭い苦しき工場抜け五月の足尾の空澄むを知る

一首選んで頂けると有り難いです。

ーー
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。