最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 石川啄木の小説「我等の一団と彼」を読んだ | トップページ | 青春の歌22(日光6)(足尾銅山見学) »

2018年9月21日 (金)

青春の歌21(日光5)

2018年9月21日
青春の歌21(日光5)
大津留公彦

労働の実感とは正にこれなるか働かぬとき落ち着かぬなり

騒音が騒音として聞こえぬほど我は工場と近くなりたり

雨の降る工場の天井見上げれば緑十字の旗薄汚れたり

黄ヘルをしっかり被りエプロンを固く結びてさて仕事せん

爽快な和楽踊りの楽しき夜君と過ごさん日光の夏

別れ居る我等が生命の闘いはいつ果てるともなく続くともなく

紫の藤の一房手を遣れば雫に濡るる別れ来し後

藤の花影落つ池に一人居て憩うを覚えし五月の労働

一首選んで頂けると有り難いです。

--
この本で私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。