無料ブログはココログ

« 9月19日朝も晩もスタンディング | トップページ | 石川啄木の小説「我等の一団と彼」を読んだ »

山頭火行く

2018年9月20日
山頭火行く
大津留公彦

花はその花のようにと利休言い命を生かし徳尊ぶ山頭火

山野ではどしどし歩き人家では飄々と行く禅坊主山頭火

歩くこと兎にも角にも歩くこと山頭火なりの一切の解決

町を出て山路にかかれば句が出来る山中に捨て山頭火行く

山頭火の一代歌集「早木塔」締め括りの献辞母に捧げる

母の位牌抱えて各地を行乞する種田山頭火なる哀しき人生

山頭火考え悩む僧である 五百の句碑に悩みが残る

山頭火病めば梅干のあかさと詠み水と飯の次に来る味と

一首選んで頂けると有り難いです。

私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。