無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 石川啄木の小説「雲は天才である」を読んだ。 | トップページ | 青春の歌24(香椎の思い出) »

青春の歌23(日光7)

2018年9月23日
青春の歌23(日光7)
大津留公彦

蟻潰し手紙を書けばもう一匹彷徨いて居り憐れみてつまむ

初夏となり一つ季節が過ぎにけり広き布団にかも寝ん

抵抗の壁を日毎に崩さるるごときなれこそ静かに焦らず

あまりにも淡き躑躅に雨落ちて消えはせぬかと思い尽くせり

落葉松の林の緑目に痛く立ち尽くし居り裏男体山道

静かなる疲れを五体に感じつつ手紙認む投票前夜

実朝の恨みを知るか大銀杏夏影落とす我等が間に

荘重な人間の死に黙したる歌人のあり よしと思えり

一首選んで頂けると有り難いです。

ーー
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。