最近のトラックバック

アクセスカウンター

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 青春の歌16(市原3) | トップページ | おは!twitter俳句(竹の春) »

2018年9月10日 (月)

白露

2018年9月10日
白露
大津留公彦

白露なるゆったりとした日授かりぬ日比谷公園雲形池に

庭弄りままにならざる白露なり倒れたる木は紐で戻せり

人身事故白露の雨の強き朝コンクリートを踏みしめて行く

この白露四十年振りの電話あり先月会ったように語りぬ

三味線を白露の庭に聴き居りぬ草取りせんと出てみたれども

「神様のカルテ」を観たる白露の日微かな頭痛我にありたり

タオルケット腹に巻きつつ扇風機回しつつ寝る白露となれど

白露の朝鴉の鳴きて起こされりまだ明けきらぬ曇りの空に

一首選んで頂けると有り難いです。

私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。