最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 種田山頭火の句集「草木塔」を読みました。 | トップページ | 青春の歌18(日光2) »

2018年9月11日 (火)

青春の歌17(日光1)

2018年9月11日
青春の歌17(日光1)
大津留公彦

散り初めし桜小道を踏み分けぬ日光御苑の春は七色

輪蔵に向かいて一つ大あくび陽明門の装飾の美よ

小石踏む音のみ響く大猷院不意の静けさ落ち着かぬなり

家康の威信伝える東照宮人入り来るメーデーの午後

あまりにも静かなる寺抜け入りて寂しさ不意に吹きあぐるなり

日光の夏は暑さを知らぬらし鐘楼並ぶ寺の広さよ

寺にある静けさのみに入りしが祈祷守りを手にし出にけり

もみじ葉は我に踏まれて又一つ自然となりて土に近づく

一首選んで頂けると有り難いです。

私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。