最近のトラックバック

アクセスカウンター

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 「石川啄木と杉村楚人冠―閉塞の時代とその親愛」(碓田のぼる著)(光陽出版社)を読んだ | トップページ | 青春の歌13(就職) »

2018年9月 4日 (火)

君には来ない六十七歳

2018年9月4日
君には来ない六十七歳
大津留公彦

また一人同期の仲間が永眠す「逝去されました。」のみの通知を今受く

銅製品の会社の社長であった君の死因は何か痛みは無きか

もう君は逝ってしまったこの僕に何の挨拶もしないままなり

遠い遠い所に君は行ったのかまだ秋の日はこれからというに

君も我も六十六歳少なくとも君には来ない六十七歳

同期入社三人目となる逝去なりそんなに早く逝くな友垣

高齢者と呼ばれる年代となる我らそういう自覚の持てぬ世代か

逝く人の黄泉の旅路を見送るなり合掌をして息深く吸う

一首選んで頂けると有り難いです。


---
http://p.booklog.jp/books?sc=&w=ootsuru
http://kaikenno.com

短歌は新日本歌人
・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「石川啄木と杉村楚人冠―閉塞の時代とその親愛」(碓田のぼる著)(光陽出版社)を読んだ | トップページ | 青春の歌13(就職) »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君には来ない六十七歳:

« 「石川啄木と杉村楚人冠―閉塞の時代とその親愛」(碓田のぼる著)(光陽出版社)を読んだ | トップページ | 青春の歌13(就職) »

無料ブログはココログ

カテゴリー